ANAアメリカン・エキスプレス・ カード 入会キャンペーンで最大30,000マイル

ANAアメリカン・エキスプレス・ カード 入会キャンペーンで最大30,000マイル

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAの提携クレジットカードはたくさんの種類がありますが、アメックスはノーマル、ゴールド、プレミアムの3種類。

一番ベーシックなのがこの『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』。

  • ANAグループでは100円=1.5マイル
  • ANAから航空券購入時は100円=2.5マイル
  • 海外旅行傷害保険:最高3,000万円
  • 国内空港ラウンジ同伴者1名無料
  • 家族カードを1枚発行すれば、国内空港ラウンジは4名で利用可能
  • 空港手荷物宅配:帰国時1個無料

でもって入会キャンペーンが「最大30,000マイル獲得」とけっこう大きめ。

アメックスの一番ベーシックな『グリーン」の年会費は12,000円
対してこの『ANAアメックス』は7,000円。あれ? こっちの方が安い。

ノーマルのANAカードとしては、VISA、マスター、JCB勢が2,000円なので、5,000円もの差額。

んーーこれはどのように考えればよいのか。なぜ Why ?? なにの差 ??

ANAグループ100円=2マイルのゴールドはこちら。
参考 ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド 入会キャンペーンで最大50,000マイル

マイル還元率最大4.5%のANAアメックス・プレミアムはこちら。
参考 ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANA American Express Cardの特典

american express logo

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ana amex
年会費  本会員:7,000円 (税別)   家族会員:2,500円 (税別)
ポイント積算率 通常のお買い物 100円 = 1ポイント (1.0%)
 ANAグループでの利用 100円 = 1.5ポイント (1.5%)
入会・継続ボーナスマイル 1,000マイル
フライトボーナスマイル カード種類別積算率:10%
付帯保険 海外旅行 3,000万円 国内旅行 2,000万 買い物 200万円
マイル移行 移行手数料: 6,000円/年
換算率 : 1,000ポイント=1,000マイル
会員特典 ANAマイル移行上限・手数料ナシ / 国内空港ラウンジ同伴者1名無料 / 空港宅配1個無料 / ホテル優待 /グローバルホットライン / ショッピングプロテクション / 他

公式サイトで詳しく見る

ANAグループの利用で1.5倍:マイル編

アメックス普段のお買い物などでは100円=1ポイント(マイル)。まぁ普通です。

このカードの大きな特徴はこれ。

ANAグループの利用: 通常の1.5倍

これはANAグループでの利用の場合、通常の100円=1ポイントに加えて、200円=1ポイントを加算。つまり300円=2ポイント(100円=1.5ポイント)ですね。ポイントはそのままマイルに移行できるのでマイル還元率1.5%

ポイント移行コース:6,000円(税別)/年

カードの年会費自体は抑えられているものの、ひとつ気を付けたいのがこちら。

ANAマイルに移行する場合(というかANAアメックスを使う人はもれなくANAマイルに移行すると思いますが)、カード年会費に加えて「ポイント移行コース」への参加費6,000円が必要です。

となると、ANAマイルへの移行を前提とすると必要な費用は下記。

カード年会費:7,000円 + ポイント移行コース:6,000円 = 13,000円(税別)

ただし、このポイント移行コースは最初から加入する必要もなく、毎年入る必要もありません。貯めたポイントをマイルに移行したい年度だけ加入すればOKです。詳しくは後ほど。

ポイント有効期限が無期限に

通常のアメックスポイントのままでは有効期限が3年ですが、この「ポイント移行コース」に登録している限り無期限になります。ANAマイルに移行すると3年という有効期限があるので、移行タイミングを考えてここはウマく利用したいところです。

ポイント移行コース参加費 6,000円(税別)/年
コース有効期間 登録完了日から1年間
更新 自動更新
ポイント有効期限 なし

参考 ANAアメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード・プログラム会員規約(PDF)

ANAマイル移行は慌てる必要なし、移行コースは手数料は移行年度だけ参加

slumdunk

そう、慌てる必要はありません。

上でも述べている通り、貯めたポイントをANAマイルへ移行する場合、ポイント移行コース手数料6,000円/年が必要ですが、これはなにも毎年払う必要はありませんマイルへ移行する年だけ払えばよいのです。

ただし、ポイント移行コースへ登録しない場合は獲得ポイントの有効期限が3年。

ということは、最低でもカード入会から3年に一度はANAマイルに移行しないとポイントが消えてしまう。

留意点を整理すると以下。

  • ポイント移行コース手数料6,000円はマイルに移行したい年度のみでOK
  • ポイント移行コースに参加すればポイント有効期限ナシ
  • ポイント移行コースに非参加の場合はポイント有効期限が3年
  • 自動更新なので、退会の場合は自身で申し出が必要

でもってANAマイルの有効期限が3年。トータルで見れば3年+3年=6年と考えてもよいかもですね。マイルの貯め方・使い方はウマく作戦を練りたいところです。

ANAグループでの利用とはどこまでが対象となるのか

この『ANAグループでの利用』というのは、どういったものが含まれるのか。

76750650

航空券のご利用
・ANAウェブサイト
・ANA予約・案内センター
・ANAカウンターで航空券購入
522767299

機内販売
・ANA国内線国際線
・エアージャパン便
820564522

旅行商品
・ANA スカイホリデー
・ANA ハローツアー
・ANA ワンダーアース
675645602

通信販売
・オンラインショップ「A-style」

これらで「ANAアメックス」を使うと、100円=1.5マイルの対象になりますと。私は機内販売では買ったことが一度も無いのですが、けっこう買います派の方はフライトの際も忘れずにカードを持って行く必要がありますね。

対象外・注意事項

ANAグループといいながらも対象外があるので注意。まずホテルがダメですね。高めのホテルはマイルを稼ぐにはもってこいなのですが、残念ながら対象外。

あと『ANAグループでの購入分のみ』ということは、ANAの航空券と言えどもExpediaJTBなどの旅行代理店での購入、ツアー商品も対象外ということなので、そこは注意ですね。あくまでANAで直接購入する必要があります。

フライトボーナスマイル:10%

ANA787
ANAカードも持っていると『フライトボーナスマイル』が貯まりますね。

これは、ANAグループ便搭乗の度にフライトマイルとは別に、区間毎の割り増しボーナスマイルがプレゼントされるもの。このボーナスは、購入時にカードの利用の有無関係なくANAカードユーザーであればOKなのが大きいです。おトク度高し。

で、ボーナスのパーセンテージはカードの種類によって変わってきますと。このANAアメックスなら10% 。マイル数はこのような計算に。

「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」×「10%」

ANAの航空券を買う場合、例えば。

ANAアメックス会員
+
ANAから購入
ANAアメックス会員
+
旅行代理店で購入
ANAアメックス無し
+
別のカードで購入
フライト区間基本マイレージ数
(NRT-KUL往復)
6,676 6,676 6,676
予約クラス:S 50% 50% 50%
フライトマイル小計 3,338 3,338 3,338
フライトボーナスマイル
10%
334 334 0
チケット購入 68,000円
(100円=1.5マイル)
1,020 0
ANAカードマイルプラス
(100円=1マイル)
680
獲得マイル合計 5,372 3,672 3,338

てな感じで、マイルの貯まり方が変わってきますね。

ANAアメックス会員であれば、航空券購入時にカードを使わずともボーナスマイル(10%)こそ貯まりますが、購入時の100円=1.5マイルを逃すことになるので、どうせなら決済にもカードを使うほうがオトク度高しですね。

ANAカードマイルプラス:100円=1マイル追加で、航空券は100円=2.5マイル

ANAカードマイルプラス

ANAカードの定番の特典「ANAカードマイルプラス」ですね。

これは「ANAカードマイルプラス」加盟店で利用、または対象商品をカードで購入すると、通常のクレジットカード側のポイントとは別に、100円=1マイル追加*で貯まるというシステム。*お店により200円

このANAカードマイルプラスの対象になんと「ANAでの航空券購入」も含まれます。これがけっこうインパクト大。

ANAアメックスでANAから航空券を購入すると、

ANAグループ1.5マイル + ANAカードマイルプラス1.0 = 2.5マイル

なんと100円=2.5マイル。マイル還元率2.5%、ひょえー

あと、ANAアメックス会員だけの限定特典として下記の海外加盟店も対象になる模様。ちょっと限定されすぎですかね。まぁ機会があればラッキーぐらいの気持ちで。

パリ:アレクサンドラ・ソジュフェル
ロンドン:ハロッズ、リバティ、セルフリッジ
ソウル:ロッテ百貨店
シンガポール:シンガポール高島屋(200円=1マイル)

ANAマイルへの移行上限:ナシ

ポイントをANAマイルに移行する場合、年間の移行上限数がありません。これはなかなか大きいですね。

他の年会費高めクレカや、マイル積算率が高めクレカでも、ANAマイルへの移行には上限が設けられていることが多々あるので。

ANAアメックス ANAアメックス
ゴールド
スカイトラベラー
プレミア
ダイナース
プレミアム
ANA VISA
プラチナ
 券 種 ana amex ANAアメックスGold sky_traveler_premier ダイナースプレミアム ANA VISAプラチナ
カード年会費 7,000円 31,000円 35,000円 130,000円 80,000円
ANAマイル移行
年間上限
上限ナシ 上限ナシ 80,000マイル 80,000マイル 上限ナシ
*全て税別

スカイトラベラーについてはこのあたりにて検討。
参考 アメックス・スカイトラベラー:どのぐらい使う人にとってオトクなのか
参考 アメックス・スカイトラベラープレミア:航空券は100円=5マイル
参考 アメックス・スカイトラベラープレミアとノーマルの違いを比較、どちらか迷ったら

ANAアメックス:入会キャンペーンで30,000マイル

2018年10月2日まで、条件達成で最大30,000マイル獲得という大きめの入会キャンペーンを実施中。

入会特典

入会ボーナスマイル

1,000
マイル

カード利用ボーナス

入会後1カ月以内にカードを3回利用

1,000
ボーナスポイント

利用達成ボーナス1

入会後3ヶ月以内にカード利用額合計15万円達成

3,000
ボーナスポイント

利用達成ボーナス2

入会後3ヶ月以内にカード利用額合計50万円達成

20,000
ボーナスポイント

上記4本立てキャンペーンに50万円利用分で積算される5,000ポイントを足して、合計30,000ポイント
ポイントはそのままマイルに移行できるのでマイルに読み替えてOKですね。

詳しく見ていきます。

カード入会で1,000マイル

まず、カード入会でもれなく1,000マイル。このボーナスのみ「マイル」で付与、つまりANAからマイレージ会員番号に対して直接付与されます。

またカードを毎年更新する度にも継続ボーナスとして1,000マイルプレゼントされます。

対象

  • 『ANA・アメリカン・エキスプレス・カード』新規入会者

ポイント付与時期

  • 年会費支払月の翌月末頃までに積算

カード利用ボーナス:1,000ポイント

入会後1カ月以内にカードを3回使えばOKです。金額の条件はないので、コンビニでおにぎりでも何であろうと3回使えばOKです。

この「1ヶ月」というのは “基本カード会員のカード承認日から起算” とあるので、つまりは入会日から数えてということになります。

対象

  • 入会後1カ月以内にカードを3回利用

ポイント付与時期

  • カード利用回数が3回に達した時点で加算

利用達成ボーナス1:3ヶ月15万円利用で3,000ポイント

こちらは3ヶ月で15万円の利用。月平均にすると5万円/月。まぁ決済を集中させればどうにかクリアできそうな額です。

家族カードを発行した場合、家族カードの利用分も含まれるのでチャンスがありそうならいきたいですね。

対象

  • 入会後3カ月以内に15万円以上利用(家族カード利用分も含む)

ポイント付与時期

  • カード利用金額が条件に達成した時点で加算

利用達成ボーナス2:3ヶ月50万円利用で20,000ポイント

ボーナスがドカンと20,000ポイント(マイル)へ跳ね上がります。その代わり3ヶ月で50万円の利用。月平均にすると16.7万円/月。

んーーボーナスマイルも凄いが、条件の額もそこそこ。

それなりにまとまった額の利用の予定がある方であればイケるのでしょうか。カード入会日と利用予定日のタイミングをウマく合わせてクリアしたいところです。

上と同じく家族カードを発行した場合、家族カードの利用分も含まれるのでチャンスがありそうならいきたいですね。

対象

  • 入会後3カ月以内に50万円以上利用(家族カード利用分も含む)

ポイント付与時期

  • カード利用金額が条件に達成した時点で加算

全部ANAグループで使えば37,500マイルもイケるか!?

冒頭で述べた通り、このカードはANAグループで使うと100円=1.5マイル

まぁ仮にですが、全てANAグループ(航空券)で使った場合を踏まえて皮算用してみますと。

ANAで
50万円利用達成
ANA以外で
50万円利用達成
ANA以外で
15万円利用達成
入会ボーナス 1,000 1,000 1,000
カード利用ボーナス 1,000 1,000 1,000
利用達成ボーナス1 3,000 3,000 3,000
利用達成ボーナス2 20,000 20,000
キャンペーンマイル小計 25,000 25,000 5,000
ANA航空券で50万円利用
(100円=1.5マイル)
7,500
ANAカードマイルプラス
(100円=1マイル)
5,000
ANA以外で50万円利用 5,000
ANA以外で15万円利用 1,500
獲得マイル合計 37,500 30,000 6,500
*ポイントは全てANAマイルに換算

キャンペーンとして謳っているのは、条件達成のための3ヶ月50万円を普通の買い物などで利用(100円=1マイル)した場合。なので5,000マイル。

これを全てANA航空券で使えば、ANAカードマイルプラスも踏まえると最大37,500マイルまでアップ。ビジネスクラスの航空券などをドカンと買う方はワンちゃんあるかもですね。

ANAアメックス:トラベル編

ANAグループでポイント1.5倍・フライトボーナス10%以外にも、ANAカードとしての特典や、アメリカン・エキスプレスとしてのサービスももちろん付帯。

ANAスキップサービスも利用可能

ANAアメックスゴールド・skipサービス
「ANAスキップサービス」とは、ANA国内線を利用の際、事前にスキップ予約(予約・購入・座席指定)を済ませておけば、空港での搭乗手続きが不要となるサービスです。

出発当日は、搭乗手続きカウンターに立ち寄ることなく、出発保安検査場と搭乗口でANAアメックス・ゴールドカードをタッチさえすればOKです。

けっこう便利なのですが、ANAカードで使っている人を見かけることはほとんどありません。もっと認識が広がればと思うのですが・・・。

国内空港ラウンジが同伴者1名無料で利用可能

国内空港ラウンジ
アメリカン・エキスプレスのカードと当日の搭乗券の提示で、国内28空港・海外2空港のラウンジを、カード会員だけでなく同伴者も1名無料で利用できます。

多くのゴールドカードやダイナースカードなどでは、同伴者は有料の場合が多いのですが、アメックスは同伴者1名無料に設定。意外とこれが役に立つんですよね。

家族カードでも同じく同伴者1名無料になるので、例えば家族カードを発行して夫婦でカードを持っていると、それぞれ同伴者が1名無料に。つまり合計4名でラウンジが利用可能になります。

子供連れの場合や、あるいは両親との旅行や帰省の際などに使いやすいんですよ。

国内空港
成田国際・羽田・関西国際・伊丹・新千歳・函館・青森・秋田・仙台・新潟・中部国際・富山・小松・神戸・岡山・広島・米子・山口宇部・高松・徳島・松山・福岡・北九州・長崎・大分・熊本・鹿児島・那覇
海外空港
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)・韓国 仁川国際空港

手荷物宅配サービス:帰国時1個無料

JAL ABC
海外旅行の帰国時に空港から自宅まで、カード会員一人につきスーツケース1個を無料で配送が可能です。お土産が詰まった重たいスーツケースも家まで持って帰る必要はありません。

対象空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港

残念ながら羽田では対象外

またアメックス・ゴールドやグリーンの場合は帰国時だけでなく出国時にも利用可能で往復1個づつが無料になりますが、ANAアメックスでは帰国時のみ利用可能であることにも注意です。同じアメックスでも少しづつサービスに差がありますね。

成田国際空港:JALエービーシーカウンター
中部国際空港:宅配手荷物カウンター
関西国際空港:JALエービーシーカウンター

空港パーキング優待:最大40%オフ

airport parking
私は専ら空港へは電車・バスでの移動なのですが、家族旅行などでは車で空港に向かい、帰国までそのまま空港駐車場を利用する方にはオトクなサービスです。

対象パーキングへ出発2日前までに、ウェブサイトまたは電話で予約ください。電話での予約の際に「アメリカン・エキスプレスのパーキング優待」利用の旨を伝えて予約します。

対象空港 特典
成田国際空港:サンパーキング成田店 ・通常駐車料金より40%オフ
・機械水洗い洗車が無料
羽田空港:サンパーキング羽田 浮島店 ・通常駐車料金より特別割引
関西国際空港:安い関空駐車場、VIPカーデリバリーサービス ・通常駐車料金より20%オフ
福岡空港:福岡空港サイドパーキング ・国際線200円オフ、国内線100円オフ

空港クロークサービス:荷物2個預かり無料

Airport desk
乗継便の待ち時間などに、対象空港内の手荷物預かり所にてカード会員1名につき荷物を2個まで無料で預かってくれるサービスです。

利用当日に下記カウンターにてカードを呈示のうえ、「空港クロークサービス」利用の旨をお申し出て利用します。

対象空港:中部国際空港、関西国際空港
中部国際空港:
関西国際空港:

海外旅行先でも日本語サポート:グローバル・ホットライン

レストランの予約から、いざという時の医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料または、コレクトコールで連絡が可能です。

日本からは利用することは出来ないのですが、海外旅行でいざという時に強み味方になってくれるでしょう。

注意点は、あくまで現地の電話番号(携帯・固定)からの通話が無料になるのであって、渡航国に持参した日本の携帯からの通話の場合は、普通に国際通話料金が発生します。

ホテルの電話から、あるいはwifi等でネットに繋がる場合はskyceもアリですね。

アメックス海外サポート
グローバル・ホットライン 海外からの問合わせ先国別一覧/24時間日本語で対応)
サービス内容 例:
  • 旅行関連サービス (航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更)
  • ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
  • レンタカー/リムジンサービスの案内、予約、取消
  • ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
  • 天気予報
  • パスポート、査証、予防接種等についての案内
  • 最寄りの日本大使館、領事館の案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • フラワー・デリバリー・サービスの手配
  • その他のカードに関する問い合わせ
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
  • 通訳派遣のアレンジメント
  • 緊急メッセージの伝言サービス
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

ANAアメックス:ホテルも限定クーポンでお得に予約

Expediaで国内・海外ホテルがいつでも8%OFF

expedia

国内外の人気ホテルや海外ツアーの予約を扱う『エクスペディア』で、いつでも8%オフクーポンが利用可能です。

Expediaのクーポンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
参考 Expedia最新クーポンまとめ(毎月更新)

国内・海外ホテル宿泊料金 8%オフ
海外ツアー料金(15万円以上の場合) 3,750円オフ

一休.comで毎月先着100名に3,000円オフクーポンを配布

ホテル予約・旅館予約_一休_com_

国内約1,400の厳選されたホテルや旅館を扱う一休.com。アメリカン・エキスプレスのカードなら限定特典付プランをご用意。

以外と見逃せないのが、3,000円オフのクーポンです。価格比較サイトなどで一休.comはあまり出てこないのですが、カード限定プラン以外でも適用できるので、3,000円オフはかなり大きいです。上手に使いたいところです。

個人的にはあまり知られると正直困る面もあるのです・・。

特 典
毎月先着100名様3,000円オフのクーポンコード
カード会員様限定特典付プラン(特設ページ経由の予約のみ)

日本旅行:特選の宿が5%オフ

航空券購入の項目で紹介した日本旅行さんですが、高級旅館・ホテルを集めた「特選の宿」が5%オフで利用できます。予約が電話のみ、というのが少々時代錯誤なのですが、利用機会があればラッキーですね。

割引コード:<AX005>

参考 日本旅行:特選の宿

アップルワールド:いつでも5%オフ

こちらもポイント5倍の項目で紹介した旅行代理店「アップルワールド」ですが、カード会員限定ページでは既に通常価格から5%割引のプライスを表示。

国内外のホテルを扱っているので、こちらも価格比較サイトなどと価格を比べて上手に利用したいですね。

参考 アップルワールド:American Express会員専用サイト

ANAアメリカン・エキスプレス:旅行傷害保険編

ANAアメックス・ゴールド付帯保険
クレジットカードに付帯する旅行傷害保険には、カード決済が必要な「利用付帯」と、カード利用が問われない「自動付帯」があります。

『ANAアメックス』では利用付帯となっています。

つまり、保険が適用(ワーク)されるにはカードの利用が必要となりますので、その点は理解しておきましょう。

また、アメックスの旅行傷害保険の特徴として家族特約もがあります。カード会員よりカバー金額が低くなるものの家族での海外旅行の際も安心が大きいですね。

参考 ANAアメックス:旅行傷害保険補償規定(PDF)

国内での連絡先
・アメリカン・エキスプレス・保険ホットライン0120 – 234 – 586
(受付時間:9:00〜17:00/土日祝休)引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社

家族特約の対象範囲

カード会員(家族カード会員含む)の配偶者、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族。親族とは6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。

海外旅行傷害保険:最高3,000万円、治療費最高100万円

 保険種類 海外旅行傷害保険(利用付帯)
 対象者/ 保証内容 傷害死亡・ 後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携帯品損害 救援者費用
本会員/家族会員 最高3,000万円 最高100万円 最高100万円 最高3,000万円 最高30万円 最高200万円
家族特約 最高1,000万円

カバーされるのが「傷害死亡保険」のみというカードがあるのですが、そこまでの大事になるケースはそもそも少ないもの。というか死んだら天国からお金下さいと言っても遅いですが・・・。

つまり、実際に遭遇する可能性が高いのは海外現地でのまさかのアクシデント「傷害治療費」「疾病治療費」です。それぞれ 100万円(1事故での限度額)となっています。

携帯品損害:1旅行30万円まで、年間限度100万円

また以外と役に立つのがこちらの携帯品損害保険。カメラやスマホ、カバン、衣類などが盗難・破損・火災などの偶然な事故にあって損害を受けた場合に補償を受けることが可能です。

免責3千円(自己負担)こそ掛かりますが、30万円であれば一眼レフなどの高額品のトラブルでもカバーされる可能性が高いのではないでしょうか。

実際に私の経験では、ある海外の空港を訪れた際にiPhoneが手から落下・・。

案の定、液晶がこっぱみじん(涙)。修理代を覚悟した時に思い出したのがこの保険です。帰国後すぐさま電話。無事にAppleストアでの修理代2万円以上が全額カバーされました。*対象外の物もあるので詳しくは規約を参照して下さい。

補償適用期間は旅行開始から最長90日間

保険の適用期間は下記の通り記載があります。最長90日というのは他のカードの付帯保険と同様です。

海外旅行前に日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機または、国際船舶のチケットや、パッケージ・ツアーの料金をカードにてお支払いになられた場合、海外旅行を目的に住居(日本国内)を出発されたときから、住居にお戻りになるまで(日本国出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。

国内旅行保険:傷害最高2,000万円、家族特約1,000万円

保険種類 国内旅行保険(利用付帯)
対象者/保証内容 傷害死亡・ 後遺障害
本会員/家族会員 最高2,000万円
家族特約 最高1,000万円

国内旅行の場合、傷害や疾病治療費用こそありませんが、家族特約もついていることが特徴でしょう。

ANAアメックス:お買いもの保険編

ANAアメックスなら、日常の買い物に対する各種保険も色々と付帯しています。

オンライン・プロテクション

ANAアメックスゴールド-オンライン・プロテクション
万が一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明した場合、利用金額の負担を免責してくれるものです。

オンライン・ショッピングで「カード番号を入力するのは少し不安」という方も、アメリカン・エキスプレスのカードなら心配は無用です。

私も買い物はほぼオンライン派です。今のところ不正利用にあったことはありませんが、明日は我が身です。

問い合わせ:メンバーシップ・サービス・センター
0120-965877 (通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)

ショッピング・プロテクション:最高200万円

ANAアメックスゴールド・ショッピングプロテクション
国内、海外を問わず『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』で購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高200万円まで補償してくれます。

電子機器でもカバーされるので、高額商品を購入して不注意で破損してしまった場合などは必ず利用したい保険です。

また、このカードで購入した商品を他の方にギフトとして贈られた場合も、この保険契約に基づく補償の対象となります。 ただし、請求することができるのはカード会員のみ。ということはプレゼントでもらっても買ってもらった送り主に「壊れちゃった、テヘヘ」と申告する必要があります。。。言いづら。。。

また修理可能な損害については、商品購入代金を限度として修理代金実費が補償額となります。修理ありきですね。90日以内なので減価償却ということでもなさそうです。

なお、免責(自己負担)が1万円あるので、1万円以内の商品の場合は使えないですね。

対象期間 購入日から90日間
限度額 最高200万円(年間)
免責 1事故につき1万円

参考 ショッピング・プロテクション補償規定(PDF)

問い合わせ先
・アメリカン・エキスプレス・保険ホットライン0120 – 234586
(受付時間:9:00〜17:00/土日祝休)引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社

ANAアメックスはApple Payにも対応

ANAアメックス・Apple Pay

ANAアメックスに限らず、アメックスならアップルペイにも対応しています。対応機種でカードを登録さえすれば、カードレスでの支払いが可能です。

ポイントも普通にカードを使うのと同じように貯まります。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニや、イオン、イトーヨーカ堂などのスーパーをはじめとして使えるお店がかなり広がってきています。

支払い方法によって利用上限額が異なるのが少々ややこしいのですが、下記の通りです。

  • クレジット・カードで支払う:カードの利用可能額内であれば上限はナシ。
  • QUICPayマークのお店:1回あたり2万円まで利用可。
  • QUICPay+マークのお店:2万円を超える高額利用も可能(ただし店舗よる)。

Apple Pay対応機種

機種 店舗 アプリ WEB
iPhone X, 8, 8 Plus, 7, 7 Plus
iPhone 6s, 6s Plus, 6, 6 Plus, SE
Apple Watch Series3, 日本版2
Apple Watch Series1
iPad Pro, iPad5, iPad Air2, mini4, mini3
Mac Book(2012年モデル以降)

Apple Payが使えるお店

このマークがあるお店でアップルペイが使えます。特に欧米などでは、お店側がコンタクトレス決済に対応していることがなので、このアイコンを見かけることも多いはずです。

コンタクトレス

  • コンタクトレス決済対応の端末が設置されているお店(海外もOK)
クイックペイ

  • 日本国内の「QUICPay(クイックペイ)」および「QUICPay+(クイックペイプラス)」対応のお店

Apple Payの実際の使い方

Apple Payでは支払方法が2つあります。

(1) クレジット払い・・・カード利用代金明細書に利用した加盟店が表示されます。
(2) クイックペイ払い

applepay-01
1. 支払い時に「クレジットで」、もしくは「クイックペイで」と一言
applepay-02
2. スマホに指を載せて指紋認証
applepay-03
3. レジのリーダーにかざすだけ
*決済音が鳴ると支払い完了

モバイルSuicaチャージはポイント加算対象外

apple pay suica

少し注意したいのが、アメックスはモバイルSuicaへのチャージにも、もちろん対応しているのですが、ポイント加算は対象外になってしまいます。通常のSuicaチャージと同じ扱いですね。

関東圏の方なら便利なので定期券で利用している方も多いかと思いますが、その点は注意しましょう。

ANAアメックスと他の提携アメックスとは2枚持ち、複数枚持ちが可能

アメリカン・エキスプレス自社発行のプロパーカードは同時に複数枚持ちが出来ないのですが、提携カードであれば複数枚持ちが可能です。提携カードや、加盟店開放カードであれば同じアメックスと言えども様々な組み合わせが可能になりますね。

提携カードと他社発行アメックスだとこんな組み合わせや、

スカイトラベラー ANAアメックス デルタ・アメックス ペルソナSTACIA
アメックス
MUFGアメックス
ゴールド
複数持ち例: sky_traveler_classic ana amex アメックスデルタ persona_amex MUFG Amex

年会費お高めカードの組み合わせ例だと、維持費だけでいくらするんだということはさて置き、このような組み合わせで同時にアメックスを複数枚持ちすることも可能ですね。

スカイトラベラー
プレミア
ANAアメックス
ゴールド
デルタ・アメックス
ゴールド
SPGアメックス MUFGプラチナ
アメックス
プレミアカードの
複数持ち例:
sky_traveler_premier ana amex gold アメックスデルタゴールド Starwood MUFGアメックス

アメックスグリーンとANAアメックスの違いを比較

アメックスのプロパー「グリーン」とANAマイル関連のサービスを比べてみますと。

ANAアメックス
ゴールド
ANAアメックス アメックスゴールド アメックスグリーン スカイトラベラー
プレミア
 券種 ANAアメックスGold ANAアメックス アメックスゴールド アメックスクラシック アメックススカイトラベラープレミア
カード年会費 31,000円 7,000円 29,000円 12,000円 35,000円
メンバーシップ・
リワードプラス手数料
ナシ ナシ 3,000円 3,000円 ナシ
ポイント移行コース
参加費
ナシ 6,000円 5,000円 5,000円 5,000円
合計 31,000円 13,000円 37,000円 20,000円 38,000円
ANAマイル移行上限 ナシ ナシ 80,000マイル 80,000マイル 80,000マイル
ANAマイル移行レート 1,000ポイント=1,000マイル *
ANA航空券購入時
のマイル積算率**
100円=3マイル 100円=2.5マイル 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=5マイル
*ゴールド、グリーンはメンバーシップ・リワード非加入時は2,000ポイント=1,000マイル
**ANAでの購入に限る。ANAアメックスはマイルプラス込み。

この比較の限りでは、ANAマイル貯めたい派の人がグリーンとゴールドを持つ理由はあまり無さそう。さらに沢山マイルを貯めたい人はゴールドもありか!?

この「グリーン」と「ANAアメックス」のコミコミ差額7,000円は何なのか。これは保険カバー額や、細々とした付帯サービスが少々違ってくる。詳しくは次記事にて。

他のノーマルANAカードとANAアメックスを比較すると

他のノーマルANAカードであるANA VISA、マスター、JCBと、ついでにANAアメックスゴールドとも比べてみますと。

ANA VISA ANAマスター ANA JCB ANAアメックス ANAアメックス
ゴールド
 券種 png img_card_ana ANA_Master ANA_JCB ANAアメックス ANAアメックスGold
カード年会費 2,000円 2,000円 2,000円 7,000円 31,000円
メンバーシップ・
リワードプラス手数料
なし なし なし なし なし
ポイント
移行手数料**
6,000 6,000円 5,000円 6,000円 なし
合計 8,000円 8,000円 7,000円 13,000円 31,000円
ANAグループでの利用 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=1.5マイル 100円=2マイル
ANA航空券
(ANAマイルプラス)
100円 = 1マイル
ANAフライト
ボーナスマイル
区間マイル10% 区間マイル25%
ANAマイル移行上限 なし
ANAマイル
移行レート
1,000ポイント=1,000マイル
海外旅行保険 1,000万円 1,000万円 1,000万円 3,000万円 1億円
国内旅行保険 なし なし なし 2,000万円 5,000万円
*費用は全て税別 **VISA、マスター、JCBは10マイルコース手数料

ポイント移行手数料は上でも触れた通り、どのカードでも移行年度のみでOK。
ANA JCBのみ10マイルコース手数料が少し安いので、トータルの差額は5,000〜6,000円

その分の価値は・・・

  • ANAグループでは100円=1.5マイル
  • 海外旅行傷害保険:最高3,000万円
  • 国内空港ラウンジ同伴者1名無料
  • 家族カードを1枚発行すれば、国内空港ラウンジは4名で利用可能
  • 空港手荷物宅配:帰国時1個無料

あと細々としたアメックスのサービスが付帯。これらを5〜6,000円で買うと考えるならアリか。
まぁちょうどよい差額あたりに設定されているといった感じでしょうか。ん〜ニクい。

あと実施中の入会キャンペーンが30,000マイル
ANAでの決済に集中させればドカンと37,500マイルもイケるっちゃイケる。

american express logo

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ana amex
年会費  本会員:7,000円 (税別)   家族会員:2,500円 (税別)
ポイント積算率 通常のお買い物 100円 = 1ポイント (1.0%)
 ANAグループでの利用 100円 = 1.5ポイント (1.5%)
入会・継続ボーナスマイル 1,000マイル
フライトボーナスマイル カード種類別積算率:10%
付帯保険 海外旅行 3,000万円 国内旅行 2,000万 買い物 200万円
マイル移行 移行手数料: 6,000円/年
換算率 : 1,000ポイント=1,000マイル
会員特典 ANAマイル移行上限・手数料ナシ / 国内空港ラウンジ同伴者1名無料 / 空港宅配1個無料 / ホテル優待 /グローバルホットライン / ショッピングプロテクション / 他

公式サイトで詳しく見る