インドビザの申請・取得方法、徹底解説パーフェクトガイド【2017最新版】

【2017最新版】インドビザの申請・取得方法、徹底解説パーフェクトガイド

インドビザ申請

日本人がインドに入国するにはビザが必要です。

観光で訪れるにはインドビザの取得方法は現在3つあり、それぞれの特徴は下記表の通りです。
この記事では一番左の「観光ビザ」の取得について、解説します。

この観光ビザが、費用がもっとも安く済む反面、オンラインでの申請が全て英語であることと、少しのアルファベットの綴り間違いなどでも拒否されるので、少しハードルが高く感じる方もいるかも知れませんが、決してそんなことはありません。

ひとつひとつ丁寧にクリアしていけば大丈夫です。

この記事では何度もビザを取得している私が、初めての方でも1回で確実に取得できるように丁寧に詳しく解説 していきます。

せっかくのインド旅、出発前に余計なお金はかけずに、インドを存分に楽しみましょう。

観光ビザ eツーリストビザ ビザ・オンアライバル
取得方法 オンライン申請→
書類を大使館に提出*
(郵送、業者委託可能)
オンライン申請 到着空港のイミグレで申請
取得時期 いつでも随時 入国30日前~4日前まで 当日
必要日数 書類提出から2営業日
有効期間 発給日より180日 入国日から30日 入国日から60日
入国可能回数 Multipleでは制限なし 1回のみ 2回
入国可能空港 制限なし Ahmedabad (AMD)
Amritsar (ATQ)
Bengaluru (BLR)
Chennai (MAA)
Cochin (COK)
Delhi (DEL)
Gaya (GAY)
Goa (GOI)
Hyderabad (HYD)
Jaipur (JAI)
Kolkata (CCU)
Lucknow (LKO)
Mumbai (BOM)
Tiruchirapalli (TRZ)
Trivandrum (TRV)
Varanasi (VNS)
の16空港
デリー (DEL)
ムンバイ (BOM)
チェンナイ (MAA)
コルカタ (CCU)
ベンガルール (BLR)
ハイデラバード (HYD)
の6空港
取得費用 1,550円** 25USD
(約2,700円)
2,000ルピー
(約3,300円)
メリット 費用が最安
・どの空港からでも入国可能
・約半年間、何度でも入国可能
・オンラインのみで完結 ・事前申請不要
デメリット ・手間が一番かかる ・最低4日前までに申請の必要
・入国は1回のみ可能
費用が一番高い
・入国は2回のみ可能
・対象が6空港のみ
利用は年2回まで
・現地空港での手続きに時間がかかる(1時間ほど必要な場合も)
・日本以外からのフライトで入国の場合、知られていないことが多く、チケットカウンターor搭乗ゲートでの説明・確認に時間を要すことが多い。

*2017/3/21よりビザ取得センターでの取り扱いは終了し、大使館への提出に変更されました。
**2017/9/1より大使館手数料が200円から350円に値上げされ、1200円+350円で1,550円となりました。

インド観光ビザ取得への道 目次

ビザの要件は日印間の国交状況などに応じて随時変更されることが多く、最新の情報は大使館のWEBサイトなどで確認するように願います。

この1年だけでも通常観光ビザの申請先・料金、オンアライバルの有効期間・入国回数など多数変更されています。
参考 インド大使館:日本人向け到着時ビザプログラム 
参考 インド大使館:ビザについて
参考 インド渡航ビザ申請に関する重要なお知らせ

2018/2/28-3/1、オリッサ州プリーにてロックフェス「PURI ROCK FEST2018」というカオスなイベントが開催されるようですよ。でもって翌3/2がインド最大のお祭りHappy Holiなのでインドが相当に濃縮された3日間になりますね。こりゃ。

スポンサーリンク

これで完璧、インド観光ビザの取得方法

取得の流れ

大まかな流れはこのようになります。

1. WEBサイトから必要項目の入力。完了後、PDFをダウンロードして印刷。
2. インド大使館(領事館)に必要書類を揃えて提出(郵送も可能)
3. 2営業日以後にインド大使館に取りに行く(郵送も可能)

申請方法は3つ

選択肢としてはこの3つになります。

1. 大使館(領事館)に直接持参し、受取りに行く(受取りのみ郵送も可能)
2. 申請、受取り共に郵送
3. 代行業者に依頼する

大使館まで直接行ける方は1.となるでしょう。受取りのみ郵送を希望することも可能です。時間がない方、あるいは遠方の方は2.となるでしょう。

めんどくさい、全て丸投げしたいと言う場合は、3.の代行業者に依頼することになります。HISなどでも受け付けているようですが、9,800円(下記の申請実費含む)となかなか高額となっています。

参考 HISインドビザ取得代行

住所で分かれる申請先:東京大使館、大阪領事館

ビザ申請者の現住所により申請先が分かれます。

東京インド大使館

住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11
電話:03-3262-2391~97
【申請】月曜日~金曜日 09:00~12:00
【受領】月曜日~金曜日 16:00~17:00

対象者住所
北海道
東北:青森、岩手、山形、宮城、秋田、福島
関東:茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川
中部:新潟、富山、石川、福井、長野、岐阜、山梨、静岡、愛知
沖縄

在大阪インド総領事館

住所:〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル10階
電話:06-6261-7299
【申請】月~金曜日 09:30~11:30
【受領】月~金曜日 15:30~16:30

対象者住所
近畿:滋賀、京都、兵庫、奈良、大阪、和歌山
東海:三重
中国:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国:徳島、愛媛、香川、高知
九州:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

申請料金

大使館へ持参+引取り 大使館へ持参+返送 郵送+返送
基本料金 1,200円 1,200円 1,200円
大使館手数料 350円 350円 350円
返送料+手数料 600円 1,000円
合計 1,550円 2,150円 2,550円
備考 要返信用封筒 現金書留にて郵送
要返信用封筒

支払いは現金のみとなり、郵送する場合は現金書留での送付が必要です。また宛名を記載した返信用封筒(切手不要)も忘れないようにしましょう。

大使館(領事館)へ直接持参する場合は、窓口に「釣り銭が無いように願います」との表示がありますが、ぴったりでなくてもお釣りは払ってくれます。ただなるべくジャストの金額を用意しておいた方が良いでしょう。

申請に必要なもの

  1. オンラインで作成した申請書
  2. パスポート(残存有効期間6ヶ月以上、2ページ以上の空白があるもの)
  3. 申請料 1,550円〜
  4. 申請書に貼り付ける写真
  5. インドの入出国日が確認できる航空券(Eチケット)
  6. 過去にインドビザを取得している場合はそのコピー

大使館HPには必要書類にホテル予約のコピーとありますが、現在まで求められたことはありません。以下、注意点などを解説します。

書類のバーコード欠けに注意

オンラインでの必要事項の入力が完成すると、書類(2ページ)をPDFでダウンロードできるようになります。1ページ目の左下隅に細くバーコードと名前が入っているのですが、プリントアウトする際に欠けないように注意が必要です。

例えば、私はセブンイレブンのネットプリントでPDF印刷をすることが多いのですが、登録時に「ちょっと小さめ」設定をしなければ欠けてしまいます。

バーコード

写真の規定が厳しい

サイズがイレギュラーで5cm x 5cmと他の一般的な証明写真のサイズと異なっています。顔の大きさ等にも指定がありますが、実際はここまで厳密でなく、顔が概ねこのサイズに収まって入れば受け付けてもらえます。

しかしここまで規定が厳しいのに、パスポートに実際に貼付けされるビザの写真はサイズも小さく、解像度もかなり荒いと言うインド神仕様なのです(ビザ受取時に楽しみにしておいて下さい)。

写真の規定(クリックで開きます)

参考 PHOTO REQUIREMENTS

私は自宅でデジカメで撮った写真を元にPhotoshopで作成し、キタムラで現像していますので費用は30円かかっていません。今ではスマホで撮った写真でも高解像度であれば十分に可能でしょう。

ビザ用のインドの航空券(Eチケット)はこうして用意する

すでに旅程が決まっていて、ツアーあるいは航空券を予約済の方は問題ありません。旅程(入出国日)と航空券番号(Eチケット番号)が確認できる書類のコピーを提出することになります。

しかし中にはまだ旅程は決まっておらず航空券も未取得の状態で、ビザだけ取得しておきたいという方もいるでしょう。

私のオススメは米系エアライン、あるいはANA、JALの北米サイトからの航空券の発券です。

これは、アメリカ運輸省に「購入から24時間以内のキャンセルは手数料無しで全額払戻しをしなければならない」という規制があるからです。

このルールを利用し、一旦インドまでの往復航空券を発券します。私の経験ではユナイテッド、ANA、JALでは予約からすぐにEチケットも発券されますので、提出用の旅程とEチケット番号が記載されたPDFが用意できれば、あとは24時間以内にキャンセルします。

クレジットカードの返金も今ままでの経験はすぐにされますので、一時負担もありませんでしたが、クレジットカードの締日には注意をしましょう。もしマイルがあれば、マイルでの予約+キャンセルがより安心できるでしょう。

また1週間以内に出発の旅程には適用されないので、仮発券するのは充分に先の日程にしておきましょう。

ana

参考 ANA:発券後一定期間内のキャンセルに伴う手数料免除について
参考 JAL:取り消しと払い戻し
参考 United:24時間フレキシブル予約ポリシー

次のページでは、難関のオンライン申請について項目ごとに説明します。

オンライン申請の手順

まずはインド政府のオンラインビザ申請ページから、右端の「Regular Visa」をクリックして進みます。

参考 Indian visa online

Indian_Visa_Application-03

入力画面へ進むので項目に沿って入力していきます。少なくとも全80項目と、相当な数がありますので、ゆっくりと確実に入力していきましょう。

  • 入力は全て英語(ローマ字)で行います。
  • 小文字で入力しても全て自動で大文字となります。
  • 2ページ目に進むと仮IDが発行され、途中保存が可能になります。

Indian_Visa_Application-16

項目 内容・意味 入力内容 備考
1. Country you are applying visa from 申込み国 JAPAN
2. Indian Mission 申込み先大使館・領事館 JAPAN – KOBE(大阪)
JAPAN – TOKYO
申請先に応じて選択。
3. Nationality 国籍 JAPAN
4. Date of Birth 生年月日 生年月日
5. Email ID メールアドレス 連絡先メールアドレス 自動で大文字になりますが問題ありません。
6. Re-enter Email ID 上記と同じ 上記と同じ
7. Expected Date of Arrival 到着予定日 到着予定日 提出する航空券と相違が
無いように。
8. Visa Type ビザの種類 TOURIST VISA
9. Purpose 目的 INDIVIDUAL TOURISM
あるいは
GROUP TOURISM
個人の方「INDIVIDUAL」
団体ツアーの方「GROUP 」
10. Please enter above text 認証用テキスト 表示されている文字

一番下の画像認証を入力して「Continue」で次のページへ進みます。

次のページの上部に「Temporary Application ID」が表示され、申込み仮番号が発行されます。これは、入力内容を保存して途中から再開する場合に必要なIDとなるので、必ずどこかにコピペして残しておきましょう。

Indian_Visa_Application-05

Applicant Details:申請者情報

Indian_Visa_Application-06

項目 内容・意味 入力内容 備考
11. Surname (as shown in your Passport) 必ずパスポートと同じに。
12. Given Name/s (Complete as in Passport) 必ずパスポートと同じに。
13. Have you ever changed your name? 氏名が変わったことがあるか(婚姻含む) ある場合はチェックを入れる
Previous Surname 旧姓 旧姓 婚姻で姓だけ変わった場合も名前も入力します。
Previous Name 旧名 旧名
14. Gender 性別 MALE(男)
FEMALE(女)
15. Town/City of birth 出身都市 出身都道府県 都道府県でOKです。
16. Country of birth 出身国 JAPAN 日本以外の場合は該当国
17. Citizenship/National Id No. 市民ナンバー NA 日本人は無し(NA)でOKです
18. Religion 宗教 自身の宗教 仏教:BUDDHISM、無宗教の方は「OTHERS」を選んで入力欄にNAとしましょう。
19. Visible identification marks 外見の特徴 何かあれば入力 なければNAでOKです。
20. Educational Qualification 最終学歴 自身に応じて BELOW MATRICULATION
:小学校卒、中学在学中
GRADUATE
:大卒
HIGH SECONDARY
:高校、短大、専門学校
ILLITERATE
:読書き困難
MATRICULATION
:中卒業
NA BEING MINOR
:小学校以下(乳幼児含む)
OTHERS
:その他
POST GRADUATE
:大学院卒
PROFESSIONAL
:博士号
21. Did you acquire Nationality by birth or by naturalization 国籍変更の有無 By Birth あるいは
Nationalization
日本から変更ない場合:by Birth
帰化している場合:Nationalization
Prev. Nationality 以前の国籍 以前の国籍

下段に進みます。

Passport Details:パスポート情報

Indian_Visa_Application-07

項目 内容・意味 入力内容 備考
22. Passport Number パスポート番号 パスポート番号
23. Place of Issue 発行場所 JAPAN 都道府県
例: JAPAN TOKYO
JAPANだけだとはねられる場合があるので注意。
24. Date of Issue 発行日 パスポートに記載の通り
25. Date of Expiry 有効期限 パスポートに記載の通り
26. Any other valid Passport/
Identity Certificate(IC) held,
他に他国の有効パスポートを所有しているか Yes or No なければNo
Country of Issue もう一つのパスポート発行国
Passport/IC No. パスポートナンバー
Date of Issue 発行日
Place of Issue 有効期限
Nationality mentioned therein パスポート記載の国籍

入力して進む場合は「Save and Continue」、一旦保存して終了する場合は「Save and Temporarily Exit」を選択します。一旦終了する場合はくれぐれもページ上部に表示されているIDをメモしておきましょう。

次のページへ進みます。

Applicant’s Address Details

Indian_Visa_Application-08

項目 内容・意味 入力内容 備考
Present Address 現住所 各行最大35文字
27. House No./Street 番地・通り 番地・通り
28. Village/Town/City 市区町村 市区町村
29. Country JAPAN 海外在住の方はその住所
30. State/Province/District 都道府県 都道府県
31. Postal/Zip Code 郵便番号 郵便番号 ハイフン不要
32. Phone No. 電話番号 電話番号
33. Mobile No. 携帯番号 携帯番号 日本の国番号は81
Permanent Address 本籍地 現住所と同じ場合はチェックを入れる
34. House No./Street 番地・通り
35. Village/Town/City 市区町村
State/Province/District 都道府県

*婚姻などで本籍地の変更をしたものの、パスポートに登録している本籍地を変更していない場合は、あくまでパスポートに登録している本籍地を入力して下さい。

Family Details

Indian_Visa_Application-09

項目 内容・意味 入力内容 備考
Father’s Details 父親の情報
36. Name 氏名 氏名(フルネーム) 他界の場合も要入力
37. Nationality 国籍 JAPAN
38. Previous Nationality 以前の国籍 JAPANから変更なければ不要
39. Place of birth 出身都道府県
40. Country of birth 出身国 JAPAN
Mother’s Details 母親の情報
41. Name 氏名 氏名(フルネーム) 他界の場合も要入力
42. Nationality 国籍 JAPAN
43. Previous Nationality 以前の国籍 なければ不要
44. Place of birth 出身都道府県
45. Country of birth 出身国 JAPAN

下へ進みます。

項目 内容・意味 入力内容 備考
46. Applicant’s Marital Status 婚姻状況 MARRIED or

SINGLE

Spouse’s Details 婚姻相手の情報
47. Name 氏名 氏名(フルネーム)
48. Nationality 国籍 JAPAN
49. Previous Nationality 以前の国籍 なければ不要
50. Place of birth 出身都道府県
51. Country of birth 出身国 JAPAN

インドにとってナイーブなパキスタン問題に絡む設問です。

項目 内容・意味 入力内容 備考
52. Were your Grandfather/ Grandmother (paternal/maternal)
Pakistan Nationals or Belong to Pakistan held area.
祖父あるいは、祖母がパキスタン国籍やパキスタン地域に住んでいますか? YES or No
If Yes, give details 該当の場合は詳細

Profession / Occupation Details of Applicant

Indian_Visa_Application-10

項目 内容・意味 入力内容 備考
53. Present Occupation 職業 下記参照 一番近いものを選択
54. Employer Name/business 雇用先企業名 雇用先企業名
55. Designation 役職 下記参照 空欄不可
56. Address 雇用先住所 雇用先住所
57. Phone 電話番号 電話番号
58. Past Occupation, if any 以前の職業 なければ不要
59. Are/were you in a Military/Semi-Military/Police/
Security. Organization?
現在or過去に軍、警察に属していたか Yes or No
Organization 組織名
Designation 役職
Rank 地位
Place of Posting ポジション名

Present Occupation(職業)

一覧の中から一番近いものを選択して下さい。どうしても当てはまらない場合は、OTHERで追記して下さい。

迷った場合は大使館に事前に問い合わせましょう。持参でも郵送でも拒否されると余計に手間がかかり労力がもったいないです。

職業一覧(クリックで開きます)

Designation(役職)

この欄の不備での返却が一番多いようです。職業欄で何かしらの職種を選択した場合は、必ず入力が必要となります。

主婦、学生などで仕事をしていない方は、配偶者または両親の仕事を入力します(退職済みの場合は現役時の職業)。

記入例:

  • 個人事業主、フリーランスの方で迷う方:SALES(営業)
  • 一般職、事務職:CLERK

不可例STAFF、COMPANY EMPLOYEE

Details of Visa Sought

Indian_Visa_Application-11

項目 内容・意味 入力内容 備考
60. Places likely to be visited 訪問予定場所 訪問予定場所
例:Gate of INDIA Mumbai
観光地等でOK
61. Duration of Visa (In Month) ビザの期間 希望するビザの月数 最大の6(ヶ月)を推奨
62. No. of Entries 入国回数 希望入国回数 無制限のMULTIPLEを推奨
63. Expected Date of journey 旅行予定日 入国予定日 航空券と同じに
64. Port of Arrival in India 到着空港 到着予定の空港名 空港名は3レターでは無く正規名で
65. Expected Port of Exit from India 出国予定空港 出国予定の空港名 同上

空港名は3レター(BOM、DEL等)は不可です。ムンバイ空港ならMUMBAI、デリーならNEW DELHIとなります。

参考 インドの空港一覧

Previous Visa/Currently valid Visa Details

Indian_Visa_Application-14

Indian_Visa_Application-18

項目 内容・意味 入力内容 備考
66. Have you ever visited India before? インド渡航歴の有無 YES or NO
67. Address その際の住所 その際の住所 前回の訪印が旅行であれば滞在ホテルなど
68. Cities previously visited in India その際の訪問都市 その際の訪問都市
69. Last Indian Visa No/Currently valid Indian Visa No 前回のビザ番号 前回のビザを参照 アライバルビザの場合は、パスポートに押印されたスタンプ番号
70. Type of Visa その際のビザの種類 前回のビザの種類 観光であればTOURIST
71. Place of Issue その際のビザ発行場所 TOKYO JAPAN or
KOBE JAPAN
アライバルビザの場合は発行してもらったインドの空港名
72. Date of Issue その際の発行日 その際の発行日
73. Has permission to visit or to extend stay in India previously been refused? インド滞在あるいは滞在延長が拒否されたことがあるか なければ無し ある場合は拒否された年月日と誰にされたか追記
74. Countries Visited in Last 10 years 過去10年の訪問国 過去10年の訪問国 入力欄に限りがあるので、入力出来る範囲で

SAARC Country Visit Details

Indian_Visa_Application-15

項目 内容・意味 入力内容 備考
75. Have you visited SAARC countries (except your own country) during last 3 years? SAARCへの渡航経歴の有無  YES or NO あれば詳細入力
Name of SAARC country 国名 国名
Year 入国年 入国年
No. of visit 回数 回数

SAARCサークとは「South Asian Association for Regional Cooperation」、南アジア地域協力連合のことを指し、

南西アジアの8か国(インド,パキスタン,バングラデシュ,スリランカ,ネパール,ブータン,モルディブ,アフガニスタン)が加盟しており、これらの国への渡航経歴の有無を問うています。有りの場合は、追加で現れる入力欄に訪問国、年度、回数を入力します。

虚偽があれば入国拒否もありえますので、くれぐれも正直に記入しましょう。また例え正直に記入しても入国審査時に厳しく詰問されることもあるので、明確に入国理由などを説明できるように準備しておきましょう。

Reference

Indian_Visa_Application-13

項目 内容・意味 入力内容 備考
75. Reference Name in India インドでの連絡先名 観光で行く場合はホテル名でOK
76. Address 住所 ホテルの住所 入り切らない場合は端折る
77. Phone 電話番号 ホテルの電話番号
78. Reference Name in JAPAN 日本での(緊急)連絡先 家族等の氏名
79. Address 住所
80. Phone 電話番号

これで必要事項の入力はやっと終わりました。その数、少なくとも80項目!次ページへ進みます。

写真のアップロードは不要

次の画面では写真データのアップロード画面となりますが、実際は必要ありません。

Indian_Visa_Application-17

「Save and Continue」で進みます。

申請後は修正不可、最終確認は慎重に

これが最終確認画面となります。

申請完了後は入力内容の修正は一切不可となりますので、くれぐれも慎重に再確認してください。

Indian_Visa_Application-21

私はここで毎回入力内容のミスを見つけます。アルファベットのミススペル、住所違い、本籍、両親の氏名、職業欄・・・くどいようですがしっかりと再確認してください。

郵送、持参共に再提出になると非常に労力も費用もかかることになります。

修正する場合は「Modify」で入力画面に戻れます。

Indian_Visa_Application-22

間違いがなければ「Verified and Continue」で申込みです。

申込みIDの発行、申請書の印刷

これでオンライン申請がようやく完了しました。お疲れ様でした。特にメールも何も来ませんので、申請IDは必ずメモしておきましょう。

「Print Form」をクリックでPDFのダウンロード(or表示)が可能となります。

Indian_Visa_Application-23

PDFは2ページとなります。提出前のポイントは下記です。

  • まずは記載内容の再確認
  • 1枚目右上に用意した写真を貼り付け
  • 1枚目写真下、2枚目右下にパスポートと同じサインを記入
  • 1枚目左下隅のバーコード、氏名が印刷時に欠けないように(前述の通り)
  • 両面印刷は不可

Indian_Visa_Application-25Indian_Visa_Application-26

万が一、申請後に間違いが見つかった場合は今回の申請IDは捨てて、別途一から申請し直しましょう。

申請書を後日ダウンロードしたい場合

申請IDがあれば、申請書(PDF)を後日に別途ダウンロードすることも可能です。トップページの「Print Registered Application」をクリック。

Indian_Visa_Application-29

フォームに必要情報を入力し「Reprint」をクリックするとPDFがダウンロードされます。

Indian_Visa_Application-31

項目 内容・意味 入力内容 備考
1. Select Visa Type ビザタイプ Regular Visa
2. Indian Mission 申請先 Japan – TOKYO or Kobe
3. Application Id 申請ID 申請ID
4. Date of Birth 誕生日 誕生日
5. Passport No パスポート番号 パスポート番号
6. Please enter above text 画像認証 表示された画像の英数字

途中でデータ入力を保存し、再開する場合

ビザ申請トップページから「Complete Partially Filled Form」をクリック。

Indian_Visa_Application-27

保存していた仮IDと画像認証を行うと、入力画面で最初から確認できます。

Indian_Visa_Application-28

次は実際に大使館へ申請に行きます!

インド大使館へ申請に行く

さて、冒頭で述べた申請に必要なものが揃えば、実際に申請です。

今回は東京九段下にあるインド大使館へ申請しに行きました。申請受付が午前中のみであることに注意して下さい。郵送の場合は現金書留となります。

東京インド大使館

住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11
電話:03-3262-2391~97
【申請】月曜日~金曜日 09:00~12:00
【受領】月曜日~金曜日 16:00~17:00

インドの祝日も休館となるので注意をして下さい。

混んでいる場合、申請に1時間以上かかる場合も多々あるので、11時前には到着しておくことをオススメします。

大使館の周りをインドの景色が取り囲んでいます。

IMG_6388

中は撮影禁止なので写真が無いのですが、このような流れになります。

  • 門に警備員がいるので、申請者はパスポートを見せてビザ申請であることを告げ中に入ります(日本人ではありませんが日本語は通じます)
  • 同行者は身分証がなくても入れますが、念のために持参することをオススメします。
  • 門の中でセキュリティチェック(金属探知機)を受けて、ビザ申請の看板に沿って進みます。
  • 受付窓口で番号札を引いて、呼ばれるのを待ちます(銀行方式)。
  • 呼ばれれば必要書類の提出+料金を払って、再度受付証の発行を待つ。
  • 書類チェックが終われば受付証(引換証)が渡される。

中には長椅子が10個ほどありますが、全て埋まるほど混んでいることもあるので、立って待つことは覚悟しましょう。トイレはありますが、敷地内に自動販売機などはありません。

受付が終わると、受取り方法に引取りを選択した場合は引換証が発行されます。レシートにもなっており1,550円と記載されています。

Indian_Visa_Application-32

ここで押されているスタンプの日付が最短受取り可能日となります。

大使館の案内ページでは3営業日と記載されていますが、最近は2営業日後から受取りが可能なことが多いです。この時は11日提出、13日から受取りが可能でした。

ただし、以下のような場合は通常より長く日数がかかり費用も別途必要となるので注意をしましょう。

  • 二重国籍保持者
  • 日本に帰化した元外国籍の方
  • 日本国籍で海外に在住の方
  • 日本国籍で海外駐在より帰国後1年未満の方。

参考 インド大使館:ビザとパスポート料金への追加料金

受け取りは平日の夕方のみ

申請が午前中のみだったのに対して、受取りは時間がかなり限られているので注意をしましょう。

  • 東京のインド大使館:平日 16:00〜17:00
  • 大阪の領事館:平日 15:30〜16:30

受取りは申請と違ってそこまで時間がかかりません。早めに行けば待っても10分ほどでしょう。

申請後のステータス確認

WEBサイトでは申請後にステータスを確認することが可能です。

ビザセンターで業務が行われていた以前はSMSで都度お知らせメールが来ていましたが、大使館に業務が移行してからは一切お知らせは無くなりました。

トップページの「Visa Status Enquiry」をクリック。

Indian_Visa_Application-30

申請ID、パスポート番号、画像認証をし「Check Status」をクリック。

Online_Indian_Visa_Form-01

申請翌日にはこのように表示されていました。この表示がされれば、ビザ発行完了ということになります。

Online_Indian_Visa_Form-02

Visa processed. If not collected earlier,Please contact the respective office on next working day where you have submitted your Application

大使館(あるいは領事館)への引取を選択している場合は、あとは受取りに行くだけです。返送を希望している場合は数日内に書留で届きます。

晴れてインドビザが発行されました

パスポートの空きページに貼られます。インドビザ番号、有効期限、入国可能回数(ここではMultiple)などが表記されています。

IMG_4801b

SAARC諸国などへの渡航歴がなく、両親共に日本人であれば一般的には問題ありませんが、ビザ(査証)はあくまで入国許可申請証明であり、入国を保証するものではありません。

最終的な入国許可は入国審査官の裁量で決定されるため、ビザを持っていても入国を拒否されることがあります。

かく言う私もアライバルビザをインドの空港で取得する際に、審査官にガチギレされて大いにもめた経験があります。日本人の普通の感覚が通じないことも多々ありますが、それも含めてインドだと言うことで・・・。

少し前にビザ発給業務のアウトソースも募集があったので、どこかが手を上げればまた外部委託されるかも知れませんね。パソナやアデコなどの人材会社が丸受けすれば、業務の質も上がってALL OKなんじゃないかと思わなくもないのですが・・。