ロサンゼルス空港 LAX:乗り継ぎ方法、ターミナル移動方法パーフェクトガイド

ロサンゼルス空港 LAX:乗り継ぎ方法、ターミナル移動方法パーフェクトガイド

*分かりにくい点、不明点あればコメント欄等で是非聞かせて下さい。分かりやすくなるよう改善します。
分かりにくい点を報告

ロサンゼルス空港:LAX は、上記の図の通りターミナルが9つに分かれている巨大空港です。

乗継ぎのシチュエーションや利用するエアラインによってターミナルが異なり、また荷物のピックアップの要不要も異なりますので、状況別に整理をしてみます。

ロサンゼルス空港での乗り継ぎで抑えておきたいポイントは、

  • エアサイドでの移動が可能な場合はエアサイドで移動し、再保安検査を出来るだけ避ける

という点です。

必要がなかったのにランドサイドに出てしまうと、下記のような長蛇のセキュリティの列に再度並ぶことになり、大きなタイムロスとなります(この写真でもかなり短い方)。

IMG_0836

2017/11月現在、ロサンゼルス空港は大幅な改修・拡張工事が進行中のため、エアラインにより利用ターミナルの変更も行われています。2028年ロス五輪に向けて今後ますますリニューアルが進むでしょう。

ロサンゼルス空港での乗継予定の方は、事前に動線を確認しておくことをMUSTでオススメします。

本記事は2017/9時点の情報に基づいており、今後も随時変更がなされる場合がありますのでエアライン、空港のWEBサイト等で最新情報を確認するように願います。

参考 ロサンゼルス空港オフィシャルWEBサイト
参考 LAX IS HAPPENING
参考 United ロサンゼルス国際空港改装プロジェクト

ラウンジ情報は各ターミナルMAPの項目に記載しています。

スポンサーリンク

ロサンゼルス空 状況別乗り継ぎ方法まとめ

この記事内の用語定義を以下とします。

  • 通し航空券: 1つの予約番号、E-Ticket番号で発券された複数フライトを含む航空券
  • 別切り航空券: 区間ごとに予約番号、E-Ticket番号がある別々に発券された航空券
  • T1〜8: ターミナル1〜8(Tの後ろの数字がターミナル番号)
  • TBIT: トムブラッドレー国際ターミナル
  • ランドサイド: 保安検査前エリア(一般区域、誰でも往来可能)
  • エアサイド: 保安検査後エリア
  • APC: Automated Passport Control(入国審査自動キオスクマシーン)
  • MCT: Minimum Connection Times(最低必要乗継ぎ時間)

リアルタイムのLAX発着情報、利用ターミナル情報はこちらのオフィシャルサイトで確認が便利です。
参考 LAX : Flight Information

国際線 → 米国内線の乗り継ぎ

基本的な流れ(通しチケット)
:到着→APC→入国審査→荷物引取→税関検査→荷物再預け入れ→ターミナル移動
国際線 米国内線 航空券 荷物Pickup &
再預け入れ
再チェックイン 再保安検査 ターミナル移動
日本 – LAX LAX – 米国内 通し 必要 不要 必要 エアラインによる
別切り 必要 必要 必要 エアラインによる

日本(あるいは他国)からロサンゼルス空港に到着し、そこから米国内空港へ更に乗り継ぐというパターンです。

大事なポイントは、例え日本でのチェックイン時に荷物タグがスルー*であっても、入国審査後に必ずLAXで一度荷物のピックアップをする必要がある、ということです。

*バゲージタグに最終目的地まで表示されていること。例:シカゴが最終目的地であった場合NRT-LAX-ORD

エアライン別利用ターミナル

国際線 (日本 – LAX) 到着ターミナル 米国内線 出発ターミナル ターミナル移動 移動ルート 徒歩移動時間 MCT*2
NH (全日空) TBIT UA T 7,8 必要 ランドサイド

or

エアサイド

25分 120分
UA (ユナイテッド航空) T 7 T8の場合のみ必要 0〜5分 120分
SQ (シンガポール航空) TBIT 必要 25分 120分
JL (日本航空) TBIT AA T 4,5 必要 5〜10分 120分
AA (アメリカン航空)* T 4 T5の場合のみ必要 0〜5分 120分
DL (デルタ航空) T 2 DL T 2,3 T3の場合のみ必要 ランドサイド 5〜15分 120分
*AA1018マイアミ便のみTBIT利用
*2 日本-LAX便でのMCTを記載:NH7018便は70分、UA33便は90分、AA26(JL7018)は135分

コードシェア便の場合は運航会社の利用ターミナルとなります。 例:NH7018便はUA33便なのでユナイテッドのターミナル7となります。

ここで少し奇妙なのは同じUA33便でもコードシェアが設定されているNH7018便扱いになると、NH側はMCTが70分設定、一方UAは90分となっている点です。ターミナル移動なしでも流石に70分は現実的には無理でしょうか。

ターミナル間移動ルート

移動ルートは全てのケースでランドサイドとなります。

TBIT着の場合に限り、荷物受取り後、税関検査を抜けてすぐ右手に乗継用のバゲージドロップがあるので、こちらで荷物の再預入れが可能です。

また次の乗継便がワンワールド(JAL、アメリカン航空etc)、スターアライアンス(ANA、ユナイテッドetc)の場合は利用ターミナルが上記表の通り4〜8となっており、隣接する「 乗り継ぎ専用保安検査場」を利用することで、通過後はエアサイドでも移動が可能です。

このトランジット専用保安検査場を利用することのメリットは、乗り継ぎ客しかいないため、各ターミナルにランドサイドで移動してから保安検査を受けるより、遥かに少ない時間で済むことです。

時間がある方、外の空気を吸って一休憩したい場合はランドサイドでの移動ももちろん可能です。

jal lax

参考 JAL:ロサンゼルス空港乗り継ぎ
参考 アメリカン航空:ロサンゼルス空港ガイド(PDF)
参考 ANA:ロサンゼルス空港
参考 NOE:ロサンゼルス空港案内(PDF)

エアサイドでの移動ルートはこのような感じです(SVGファイルなので拡大しても崩れません)。実際のルートは後述。

lax terminal

参考 CTA South Tunnel Map

尚、スカイチーム(デルタetc)などが利用するターミナル1〜3は、TBITから物理的に接続されていないので、移動はランドサイドのみとなります。

米国内線 → 国際線の乗り継ぎ

基本的な流れ(通しチケット):到着→ターミナル移動
米国内線 国際線 航空券 荷物Pickup &
再預け入れ
再チェックイン 再保安検査 ターミナル移動
米国内 – LAX LAX – 日本 通し 不要 不要 不要 エアサイド
別切り 必要 必要 必要 ランドサイド

アメリカ国内線でロサンゼルス空港に到着し、乗継便で日本に帰国、あるいは他国へ移動の場合です。ラスベガスからロス経由で帰国というルートの方も多いでしょう。

ここでのポイントは、日本までの航空券が通しで、米国内の最初の出発空港でのチェックイン時に荷物タグがスルーの場合は、LAXで荷物をピックアップする必要はありません

またターミナル1以外は、エアサイドでの移動(徒歩、バス)が可能です。

現状、T1がサウスウェスト航空のみの利用であることを考えると、通しチケットの場合は、全てランドサイドに出る必要は無いと考えてよいでしょう。ただしバゲージタグがスルーであることが必須です。

また別切りチケットでも、以下の条件

  • 到着がT1以外(サウスウェスト以外)
  • 預け入れ荷物無し
  • WEBチェックイン済み(モバイル搭乗券orプリント搭乗券を所持)

を満たす場合もエアサイドでの移動が可能で、再保安検査を受ける必要は無くなります。到着がT4〜8の場合は、搭乗券が手元に無くても搭乗口にて発券が可能です。

*WEBチェックインの場合、搭乗口でパスポート参照が原則必要になりますので普通は搭乗前に呼び出されます。

T2、3に到着で次便がTBITの場合、エアサイドでの移動がバスになるのですが、バスの搭乗口で係員に次便のチケット表示が求められるので、手元にチケットが無い場合に予約記録などでバスに乗れるかどうかですが、交渉次第かと思われます・・・。

エアライン別利用ターミナル

米国内線のチケットと、LAXからの国際線のチケットが別切り(別々に購入)の場合の組み合わせは無数になるので、ここでは通しチケットで日本への帰国の場合を整理します。

米国内線 到着ターミナル 国際線 (日本 – LAX) 出発ターミナル ターミナル移動 移動ルート 必要移動時間 MCT*
UA T 7,8 NH (全日空)** TBIT 必要 エアサイド 25分 90分
UA (ユナイテッド航空) T 7 T8到着の場合のみ必要 0〜5分 90分
SQ (シンガポール航空)** TBIT 必要 25分 90分
AA T 4,5 JL (日本航空) TBIT 必要 10分 90分
AA (アメリカン航空) T 4 T5到着の場合のみ必要 0〜5分 90分
DL T 2,3 DL (デルタ航空) T 2 T3到着の場合のみ有り 10分(バス) 90分
*NH7019便で前便UAがWボディ機には35分、JL7017(AA27)は一部45分

通しの日本までの航空券の場合は、上記表のケースに限られているはずです。

つまり通しチケットでは、全てのケースでランドサイドに出る必要はなく、エアサイドの通路で移動し、保安検査を再度受ける必要はありません。

T4〜8着の場合は前項のターミナル図の通り。T2、3の場合のみTBITへはバスでの移動となります。

**2017/10/25追記

ユナイテッド航空が、アプリでの他社乗継便のチェックインとチケット発行への対応を発表しました。条件は下記を全て満たす場合。

  1. 通しチケット
  2. 最初の便がユナイテッド
  3. 次便が他社

LAXではUA便からANA、SQへの乗継ぎ+通し発券の場合、ゲート(orカウンター)へ行かずに、アプリで完結するはずです。
参考 United Becomes First U.S. Carrier to Offer Boarding Passes for Partner Airlines Via its Mobile App

国際線 → 国際線の乗り継ぎ

基本的な流れ(通しチケット)
:到着→APC→入国審査→荷物引取→税関検査→荷物再預け入れ or ターミナル移動
国際線 国際線 航空券 荷物Pickup &
再預け入れ
再チェックイン 再保安検査 ターミナル移動
他国 – LAX LAX – 日本,他国 通し 必要 必要 必要 エアラインによる
別切り 必要 必要 必要 エアラインによる

到着便、乗継ぎ便ともに国際線の場合です。ケースとしてはメキシコなどからLAXに到着、そこから日本へ帰国などでしょうか。

この場合のポイントは、国際線でLAXに到着なので、例え乗継ぎだけであっても一旦「入国扱い」となり、入国審査+荷物のピックアップが必ず必要になります。

エアライン別利用ターミナル

国際線→国際線の場合は、利用ターミナルの組み合わせに全てのケースが想定されますので、利用エアラインのターミナルから判断する必要があります。

MCTは国際線→国内線と同じで基本的には120分が設定されています。

注意点

通しチケットでMCT(ミニマムコネクティングタイム)をクリアしていても、入国審査に要する時間が読めない点、荷物のピックアップがマスト、ターミナル移動が伴う場合があるという点、

更には米国内線への乗継便の場合は、登場予定の便を逃しても当日中の次便へ振替えやすい一方、国際線の場合は振替便が翌日になることもあるので、一番シビアになるケースと言えます。

また通しチケットであっても1便目と2便目が別会社で、1便目が時間通りのフライトながら入国審査が激混みで乗継便に間に合わなかった、というようなケースは保証をどちらがするかでまず揉めますので、カウンターでの交渉も苦労します。

別切りチケットの場合はいかなる理由であっても、ミスコネクションは補償なしの自己責任になりますので悪しからず。

タイトコネクションをクリアするためのLAX必勝法

ここまでこの記事を読んで、アレ?私の接続スケジュールは相当キツそうだ(:タイトコネクション)だと思った方。まだ出来ることはあります。特に国際線からの乗り継ぎでの対策を述べます。

出発前

  • この記事を読んで動線を完全に頭に入れておく(or メモ)
  • 座席指定が可能な場合は出来るだけ前方にする
  • 可能であれば接続便にプロテクションを入れておく(次便振替の確保)
  • Flight Awareなどで最近のフライト状況の把握(遅延状況など)
  • 別切りチケットの場合は次便のオンラインチェックインを済ませて手元にチケットを用意しておく(スマホ or 紙)

当日機内+到着

  • 機内で米国税関申告書類は記入しておく
  • 荷物がある場合は到着前の機内アナウンスでバゲージレーンを把握しておく
  • 到着前に小走り出来る用意+パスポートをすぐ出せるように
  • 飛行機を降りたら早足or小走りで入国審査先頭を目指す
  • 入るレーンは「ESTA」、わからない場合はすぐSTAFFに聞く
  • APC(キオスク)まで来たら日本語を選択してバシバシ進む
  • APCの指紋認証が1回でクリア出来ない場合は画面・指共にハンカチ、ティッシュなどでよく拭いてキレイにする(汚れていると反応が激落ち)
  • 既に入国審査列が混んでいたら野生の感で一番早そうな列に並ぶ*
  • メキシコ人、アラブ系は審査に長時間かかることが多く、そのような人が多い列は避ける

運命の分かれ道はとにかく入国審査です。何がなんでも先頭を目指して下さい。仮にB777として約270人、頭とケツじゃどれだけ時間差があるか分かるかと思います。ましてや到着するのは自分の便だけではありません。同時間帯に5便着くとあっという間に1,000人超えです。

*列の捌きのスタッフ(パート?)は超適当なので平等という概念は無しです。

ターミナル別利用エアライン一覧

冒頭でも触れた通り、ロサンゼルス空港はリニューアル&拡張工事が進行中のため、一部チェックイン後にバス移動など変則的な運用がされる場合があります。

参考 Airline Location as of August 30, 2017
参考 How to enter LAX & Parking Info

*2017/9時点の情報となります。

T1T2T3TBITT4T5T6T7T8
ターミナル1

  • Southwest Airlines
ターミナル2

  • Aer Lingus
  • Aeromexico
  • Delta(3も利用)
  • Virgin Atlantic
  • WestJet
ターミナル3

  • Delta(2も利用)
ターミナルB (Tom Bradley International)
  • Aeroflot
  • Air Berlin
  • Air China
  • Air France
  • Air New Zealand
  • Air Tahiti Nui
  • Alitalia
  • All Nippon Airways
  • Asiana
  • British Airways
  • Cathay Pacific
  • China Airlines
  • China Eastern
  • China Southern
  • El Al Israel
  • Emirates Airlines
  • Etihad
  • EVA Air
  • Fiji Airways
  • Hainan Airlines
  • Iberia
  • Japan Airlines
  • KLM
  • Korean Air
  • LATAM Airlines
  • LEVEL Airlines
  • LOT
  • Lufthansa
  • Norwegian Air
  • Philippines Airlines
  • QANTAS
  • Qatar Airways
  • SAUDIA
  • Scandinavian Airlines
  • Sichuan Airlines
  • Singapore
  • SWISS
  • Turkish Airlines
  • Virgin Australia
  • WOW Air
ターミナル4

  • American Airlines(5も利用)
ターミナル5

  • American Airlines(4も利用)
  • Allegiant
  • American Eagle
  • American Airlines
  • Frontier
  • Hawaiian
  • JetBlue
  • Spirit
  • Sun Country
ターミナル6

  • Air Canada
  • Alaska
  • Boutique Air
  • Great Lakes
  • Mokulele Airlines
  • Thomas Cook
  • Virgin America
  • XL Airways France
ターミナル7

  • United / United Express
ターミナル8

  • United / United Express

実際のターミナル移動ルート

ターミナル2・3〜国際ターミナル移動ルート

delta bused2

T3からTBITは物理的には接続されていませんが、エアサイドではシャトルバスを利用して移動することが可能です。

参考 デルタ航空:ロサンゼルス空港案内
参考 Delta :Our Progress at LAX

運航ルート:
「ターミナル2 Gate22」〜「ターミナル3 Gate35」〜「国際ターミナル 146」

デルタのサイトでは下記のような案内となっていますが、ここでの所要時間は経験で言うとミニマム過ぎるかなという感じがします。

Directions For Traveling Between Terminals

私はこのルートは実際にはバスで移動した経験はないのですが、下記の映像で概ねイメージが掴めるかと思います。こちらはT2〜3の移動のようです。

ターミナル8〜国際ターミナル 移動ルート

国際線→国内線乗り継ぎでも少し触れましたが、T8〜TBIT間の移動ルートはこの図のようになります。

参考 CTA South Tunnel Map

lax terminal

各ターミナル間は約5〜8分ほど。ターミナル8からターミナルB(国際ターミナル)までは早足でも20分程、普通の人で25分程かかるのですが、それでも外のランドサイドに一旦出て、国際ターミナルで再度セキュリティの長蛇の列に並ぶよりかは、遥かに時間短縮になります

写真で追っていきます。スタートはターミナル7から。

ゲート71付近にお隣のターミナル6 ゲート60 – 69への案内板があるので、そのまま進んでいきます。

IMG_0016

通路を渡り終えターミナル6にたどり着くと、案内板があるので更に進みます。

IMG_0017

ゲート64まで来ると、このようにトランスファーバスの案内があります(バスについては後述)。

IMG_0018

ゲート64の向かい側、65付近にこのような案内版が出ています。ターミナル5への移動は地下階になるので、

IMG_0019

エスカレーターで降ります。

IMG_0020

案内板の通り、ここから長い通路を歩きます。

IMG_0021

アメリカン航空、デルタ航空の案内板も出ています。*デルタは既にT2、3に移行済み。

IMG_0022

ひたすら歩きます。

IMG_0023

ターミナル5へたどり着くと、このような案内版があります。ターミナル5に行く場合はここで上階に上がります。ターミナル4、国際ターミナルへ行く場合は上階に上がらず、更に進行方向へ進みます。

IMG_0025

お次は通路の壁面が水色になり、航空史が描かれています。

IMG_0026IMG_0027

やっとターミナル4へたどり着きました。ここまででもかなり歩いています。エレベーターあるいはエスカレーターで上階へ上がります。

IMG_0028IMG_0029

上がったところに案内版がありますので、エスカレーターでもう1階上に上がります。

IMG_0031

ターミナル4の出発階に出てきたら、ゲート41方向を目指します。(こちらはゲート41の過ぎて振り返っての写真になります)

IMG_9208

ゲート41を過ぎると階段、エスカレーターがあるので1つ上の階へ上がると、移動用通路階に。案内版の通りに進んでいきます。

IMG_0032

通路からは、保安検査のための長蛇の列が見えます。ピーク時にはこれの倍以上は並ぶことはザラです。

IMG_0836

ついに国際ターミナルに辿り着きました!ターミナル7からここまで早足で20分ほど。結構歩きます。

IMG_0033

ラウンジへ行く方は中央付近のエレベーターあるいはエスカレーターで上階へ行きます。スターアライアンス、エミレーツ、エティハド、カンタス、ワンワールド、KAL(プライオリティパス)のラウンジがそれぞれあります。

IMG_0034

T4からTBITまでを19秒にまとめた動画がありました。

エアサイドもバス移動が可能です

エアサイドでは移動用シャトルバスも運航しており、数分おきに回っています。ただし、現在ロサンゼルス空港は改修・拡張工事に伴い、ターミナルの運用が変速的になっています。

元々のルートは「ターミナル4 Gate44」〜「ターミナル6 Gate64」まで運航していましたが、現在は下記の運航となっているようです。

*今後も工事の進行具合により変更することがあるかも知れません。
  • 「ターミナル4 Gate44」〜「ターミナル5 Gate54A」〜「リージョナル ターミナル」

ルートは下記図の通り。

ターミナル4から乗る場合、Gate46付近にトランスファーバスの案内版が出ており、階下へ降ります。

IMG_9209

下に降りると乗口があり、係のカウンターがあります。スタッフがいれば行き先を確認してみた方がよいでしょう。

IMG_9211IMG_9212

バスが到着すると案内されます。

IMG_0832IMG_9213

バスに乗りまして、

IMG_0003

飛行機も間近で見ながら、

IMG_0833

ターミナル6に到着です。*現在ターミナル6へのバスは運行停止のようです。

IMG_0827

ルートの把握にはユナイテッドのアプリがオススメ

ロサンゼルス空港での移動ルートの把握にオススメなのが、ユナイテッド航空のアプリです。

「Locus Labs」というIT企業がMAPデータを提供しており、空港フロア内の出発地と目的地を指定すれば、詳細に案内をしてくれます。ロサンゼルス空港以外にもアメリカの主要空港を中心として多数の高解像度MAPを提供しています。

United Airlines App
カテゴリ: 旅行
価格: 無料
デベロッパ名: United Airlines

参考 ユナイテッド航空アプリの高解像度空港マップとルーティング機能がよく出来ている。
参考 超便利な高詳細空港内MAPを提供するシリコンバレー軍団「Locus Labs」とは

 

追記:Locus LabsがついにWebブラウザ上での空港インタラクティブマップの提供を開始しました。今まではエアラインのアプリだけでしたので画期的です。

空港内移動ルートがよく分かるのですが、レンダリングがきついようでPCパワーがそれなりにないと固まるかも知れません。その場合は素直にアプリをオススメします。

参考 Find your way at LAX

ターミナル別フロアマップまとめ・地図

T1
T2
T3
T4
T5
T6
T7、8
TBIT

ロサンゼルス空港、入国審査に要する時間

LAX

ロサンゼルス空港の入国審査は、時間帯とターミナルにより審査官の人数もマチマチですが、

平均1時間ほど、と考えてよいと思います。

ただし、着陸後に実際に空港を出るまでの時間はもっとかかります。

着陸後に飛行機がゲートまで移動する時間、入国審査場所までの移動時間、審査行列、荷物ピックアップ待ち、出口までの移動・・・

予定着陸時間から空港を出るまで、スムーズにいった場合で75〜90分、並んだ場合は120分を見ておくのが良いと思います。

LAX AIRPORT<span class=

TBITでは「APC (Automated Passport Control) 」と呼ばれる自動キオスクマシーンが複数台導入され、ESTAの対象国である日本人は、以前に比べれば少しは時間が短縮されたように思います。

しかし、他国からアメリカへ到着、そこから国際線ターミナルへ乗り継ぐ場合は、検査官の人数も少なく、時間帯によっては1時間以上並ぶこともあります。

例えば私の経験では、メキシコからアメリカ入国でターミナル2に到着。機材は737でほぼ満員の150人以上が並びますが、審査官が2人。席を離れたり、うろちょろしたり。特に急ぐ様子もなし・・。

迫りくる乗継便の時間。イライラで怒鳴りだす白人女性、ブーイングの嵐。気に留めることもなくマイペースを守る審査官。アメリカの空港あるある、日常風景です。

エアラインが乗継旅程を発券する場合、空港ごとのMCT(ミニマム・コネクティング・タイム)をクリアしている旅程でしか発券しませんが、審査官としては知ったこっちゃありません。

審査に時間がかかり、乗継便のゲートまで全力疾走するも、すでにゲートクローズ。私はアメリカで何度となく、この目に合っています。普通はエアライン側で次便に振替えてくれますが、それでも大切な予定があった場合は取り返せません。

時間にはくれぐれも余裕を持って乗継ぎのフライトスケジュールを組みましょう。

ロサンゼルスの街

ロサンゼルスと言えば、一昔前ならプリティ・ウーマンの舞台となっロデオドライブのホテル、今なら映画「LA・LA・LAND」でダンスが印象的だったグリフィス天文台なんて良いですね。同映画はロスの情景が散りばめられた、まさにLA旅行経験者にはたまらない映画となってます。

ララランドで運命の出会いの場所となるバーの壁画「You are the Star」など、各地のスポットも紹介したロサンゼルス関連記事一覧はこちらから。

IMG_7090

TBITの今後の拡張イメージはこちらの動画で。溢れ出る未来感です。

最終的には全てのターミナルは接続される予定だそうです。ただTBITが広くなるということは乗り継ぎが更に大変になりそうですね。

コメント

  1. より:

    記事ありがとうございます、参考になります。質問なんですが、私は今月アメリカへ行きます。
    日本に帰国する際に、サンフランシスコ〜ロサンゼルスにヴァージンアメリカの国内線に乗って、ターミナル6に到着してからターミナルBに移動して、エアチャイナで日本に帰国します。
    チケットは同じ会社で買っています。
    ヴァージンアメリカで預けた荷物は日本で受け取れるのでしょうか?ピックアップが必要なら、かなり歩くので心配です。
    何か知っていましたら回答よろしくお願いします。

    • 5star より:

      コメントどうもです。
      チャイナエアラインではなく、エアチャイナですよね? だとすると通しのチケットではないと思うので、バゲージタグもチケットもLAXで切られる前提とします。その場合、ターミナル6で荷物をピッックアップし、再度預け直す必要があります。ただ記憶の限りでは、ターミナル6に別ターミナル発の乗継ぎ用Baggage DropOffは無かったように思います。ですので荷物のピックアップ後、ランドサイドでターミナルB(TBIT)に移動し、エアチャイナ便のチェックインをし直すという流れになるはずです。

      100%確かだという確証がないので、twitter @flyLAXairport などで質問すると答えてくれるかも知れません。ターミナル間の移動は徒歩でも十分可能ですが、時間があればバスを使っても良いでしょう。

      LAXの国内線到着は通常それほど時間がかかりませんが、ターミナル移動を伴う国際線への乗継ぎは十分な時間(できれば2時間半以上)あった方が個人的には望ましいと思います。時間帯によりますが、飛行機が着陸してからも誘導路が混んでいる場合、ゲートに到着するまで20分以上かかる場合もあります。

      • より:

        回答ありがとうございます。
        荷物は一度ピックアップしなきゃいけないんですね….それもターミナルBまで持っていくなんて。
        乗り継ぎ時間も2時間しかないので、今から恐ろしいです。
        バスは不安なので、歩いて行こうと思います!!

  2. nanna より:

    LAXでの乗り継ぎを検索しているうちに辿り着きました。
    とても参考になります。ありがとうございます。

    年始にロサンゼルスとラスベガスに行きます。
    復路はLAS→LAX(ユナイテッド航空)、LAX→NRT(シンガポール航空)で帰国します。
    チケットは別で購入したので、LAX到着後、一度荷物をピックアップし、チェックインし直しと思っていたのですが、ユナイテッド航空のアプリで通しチケットと同様の乗り継ぎが可能なのでしょうか。ご教授いただけますと幸いです。

    • 5star より:

      コメントどうもです。
      残念ながら別切りの場合はスルーチェックインはできません。一度T7 or T8でピックアップ、TBITで再度チェックインとなります。

      年始にロスとラスベガスとは最高の年明けですね。カジノで一発稼いできて下さい。

      • nanna より:

        ご返信ありがとうございます!
        スルーチェックインできないのですね。
        乗り継ぎ時間ですが、ユナイテッド航空 7時15分着(T7)、シンガポール航空9時0分発(TBIT)で1時間45分しかありません。
        厳しいでしょうか。。(汗)

        • 5star より:

          米国内線→国際線の乗り継ぎなので、到着が大きく遅れなければ1:45あれば大丈夫です。

          SQ11便かと思いますが、WEBチェックインを先に済ませておき、TBITのSQカウンターの列で「荷物預け入れのみ」と言えば、別で行列を飛ばさせてくれる時がありますので多少は時間短縮になるかもですね。朝のTBITも便が多いので、セキュリティが少し混む場合があります。
          SQであればシンガポール・スリングというカクテルが頼めるので是非頼んでみて下さい。

  3. nanna より:

    ご丁寧に回答いただきありがとうございます!!
    webチェックインしておき大急ぎで移動します。
    シンガポールスリング頼みますね^^