アメックス・スカイトラベラープレミアとノーマルの違いを比較、どちらか迷ったら

アメックス・スカイトラベラープレミアとノーマルの違いを比較、どちらか迷ったら

Amex-sky-traveler-diffrence

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・カードは「ノーマル」と「プレミア」の2種がラインナップ。

違いは、航空券購入時のポイントがそれぞれ3倍、5倍

まぁ年会費が25,000円も違うので。

その他にも付帯サービスが所々異なっておりまして。比べてみました。カード入会を検討中ながら、「ノーマル」「プレミア」どちらが自分に合っているのか迷っている方へ。

ついでに同じくアメックスのプロパーカードである「ゴールド」「グリーン」とも比較を。

それぞれのカードについての詳細な紹介はこちら。
参考 アメックス・スカイトラベラー:入会キャンペーンで8,000マイル
参考 アメックス・スカイトラベラー・プレミア:入会キャンペーンで15,000マイル

american express logo アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
sky_traveler_classic
年会費  本会員:10,000円 (税別)   家族会員:5,000円 (税別)
ポイント積算率 通常のお買い物 100円 = 1ポイント (1.0%)
航空券購入 100円 = 3ポイント (3.0%)
付帯保険 海外旅行 3,000万円 国内旅行 2,000万 買い物 200万円
マイル移行 移行手数料: 無料 (ANAのみ 5,000円/年)
換算率 : 1,000ポイント=1,000マイル (15社)
会員特典 航空券ポイント3倍 / 国内空港ラウンジ同伴者1名無料 / 空港宅配1個無料 / ホテル優待 / グローバル・ホットライン / ショッピングプロテクション /  他

公式サイトで詳しく見る

american express logo アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
sky_traveler_premier
年会費  本会員:35,000円 (税別)   家族会員:17,500円 (税別)
ポイント積算率 通常のお買い物 100円 = 1ポイント (1.0%)
航空券購入 100円 = 5ポイント (5.0%)
付帯保険 海外旅行 5,000万円 国内旅行 5,000万 買い物 500万円
マイル移行 移行手数料: 無料 (ANAのみ 5,000円/年)
換算率 : 1,000ポイント=1,000マイル (15社)
会員特典 航空券ポイント5倍 / 国内空港ラウンジ同伴者1名無料 / 空港宅配1個無料 / ホテル優待 / オーバーシーズ・アシスト / ショッピングプロテクション / リターンプロテクション / 他

公式サイトで詳しく見る

スポンサーリンク

アメックス・スカイトラベラーのサービス比較

American Express Sky Traveler を比べてみる

それぞれのカードの会員規約については、ありがたいことにPDFにてWEBで掲載されています。保険内容などは特に細かいルールがあるので、都度規約を参照するのが良し。

参考 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード会員規約・特約
参考 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード会員規約・特約

サービスに違いがある点をピックアップして表で比べてみると、このような感じに。

項 目 スカイトラベラープレミア スカイトラベラー
券面
年会費 本会員 35,000円 10,000円
家族会員 17,500円 5,000円
ポイント積算率
(マイル)
航空券 100円 = 5ポイント 100円 = 3ポイント
その他 100円 = 1ポイント
ボーナスポイント年間上限 100,000ポイントまで 60,000ポイントまで
旅行保険 海外傷害 最高5,000万円 最高3,000万円
国内傷害 最高5,000万円 最高2,000万円
家族特約 最高1,000万円
海外アシスト オーバーシーズアシスト グローバル・ホットライン
ショッピング・プロテクション 500万円(年間) 200万円(年間)
リターン・プロテクション あり なし
キャンセル・プロテクション あり なし
空港宅配便:無料
(帰国時のみ)
成田 あり あり
羽田(国際) あり なし
中部 あり あり
関空 あり あり
*年会費は全て税別

以下つらつらと。

アメックス・スカイトラベラーの違い:マイル編

マイル積算率:利用予定額から考える、どっちがいいの

一番悩んでしまうのが、年会費とマイル積算率を天秤にかけて、どっちが自分にとってオトクなのか という点。

項 目 スカイトラベラープレミア スカイトラベラー
年会費 本会員 35,000円 10,000円
家族会員 17,500円 5,000円
ポイント積算率
(マイル)
航空券 100円 = 5ポイント 100円 = 3ポイント
その他 100円 = 1ポイント

このような場合は「航空券で使いそうな額(決済予定額)」「マイル単価」から考えてみるのが吉かと。

ただこの場合、マイル単価をいくらで試算するかでちょっと変わってくるので、クレカマイラーの方は、あーだこーだ喧々諤々・・。

ズバリ、1マイル = 2円

もうこれでドンブリ勘定です。

そもそもマイル単価など特典航空券によって実際は全然違ってきます。正規料金(フルフェア)で試算して「マイルでウン百万のチケット発券や〜」というケースがありますが、フルフェアで航空券を購入するようなケースは実際極稀です。

行きたかった旅先、乗りたかった飛行機のチケットをマイルで発券できた。これだけで充分なのです。

さて長い前置きは置いておき、試算には下記を踏まえまして。

  • 初年度で考えると、航空券購入分のマイル + 入会ボーナス ファーストトラベル が獲得マイルの合計。なのでプレミアは+15,000マイル、ノーマルは+8,000マイル
  • ANAマイルに移行する派は手数料が5,400円(税込)/年

Excelにてポチポチ・・・ポチーー

プレミアとノーマルで年会費の差額は税込み27,000円。獲得マイルを1マイル=2円換算すると27,000円のボーダーは・・・

利用額「325,000円」

飛行機のチケットなどで初年度に325,000円以上使いそうな場合はプレミア。それ以下ではノーマル。という感じでしょうか。

まぁ前提としているマイル単価を2円以上にすると、もっと少ない金額がボーダーラインに。

 プレミア(100円=5マイル)

 スカイトラベラー(100円=3マイル)

差額
初年度年会費
+移行手数料
(全て税込)
それ以外に移行する派 ¥37,800 それ以外に移行する派 ¥10,800 ¥27,000
ANAマイルに移行する派 ¥43,200   ANAマイルに移行する派 ¥16,200 ¥27,000
利用額 ボーナス
マイル
+入会ボーナス
+First Travel
(+15,000マイル)
相当額
(1マイル=2円)
ボーナス
マイル
+入会ボーナス
+First Travel
(+8,000マイル)
相当額
(1マイル=2円)
差額
¥25,000 1,250 16,250 ¥32,500 750 8,750  ¥17,500 ¥15,000
¥50,000 2,500 17,500 ¥35,000 1,500 9,500 ¥19,000 ¥16,000
¥80,000 4,000 19,000 ¥38,000 2,400 10,400 ¥20,800 ¥17,200
¥100,000 5,000 20,000 ¥40,000 3,000 11,000 ¥22,000 ¥18,000
¥125,000 6,250 21,250 ¥42,500 3,750 11,750 ¥23,500 ¥19,000
¥150,000 7,500 22,500 ¥45,000 4,500 12,500 ¥25,000 ¥20,000
¥200,000 10,000 25,000 ¥50,000 6,000 14,000 ¥28,000 ¥22,000
¥300,000 15,000 30,000 ¥60,000 9,000 17,000 ¥34,000 ¥26,000
¥325,000 16,250 31,250 ¥62,500 9,750 17,750 ¥35,500 ¥27,000
¥350,000 17,500 32,500 ¥65,000 10,500 18,500 ¥37,000 ¥28,000
¥400,000 20,000 35,000 ¥70,000 12,000 20,000 ¥40,000 ¥30,000
¥500,000 25,000 40,000 ¥80,000 15,000 23,000 ¥46,000 ¥34,000
¥600,000 30,000 45,000 ¥90,000 18,000 26,000 ¥52,000 ¥38,000
¥700,000 35,000 50,000 ¥100,000 21,000 29,000 ¥58,000 ¥38,000
¥800,000 40,000 55,000 ¥110,000 24,000 32,000 ¥64,000 ¥46,000
¥900,000 45,000 60,000 ¥120,000 27,000 35,000 ¥70,000 ¥50,000
¥100,000 50,000 65,000 ¥130,000 30,000 38,000 ¥76,000 ¥54,000
¥125,000 62,500 77,500 ¥155,000 37,500 45,500 ¥91,000 ¥64,000
¥150,000 75,000 90,000 ¥180,000 45,000 53,000 ¥106,000 ¥74,000
¥175,000 87,500 102,500 ¥205,000 52,500 60,500 ¥121,000 ¥84,000
¥200,000 100,000 115,000 ¥230,000 60,000 68,000 ¥136,000 ¥94,000
*ここでの決済額は5倍、3倍の対象となる航空券などの決済額ですので、それ以外の普段のお買い物等は含みません。

んーー 何をもって元が取れたと考えるかは人によって基準は様々。

年会費分の元を取れればそれで良し派の人にとっては、プレミアは青字のあたりの金額。ノーマルはファーストトラベルさえクリアすれば充分OKですね。

参考 プレミア:初年度の利用額を考える編
参考 スカイトラベラー:ファーストトラベルボーナスをJR在来線の切符で乗り切る

スカイトラベラーを2年目移行継続する場合の比較

2年目以降はファーストトラベルボーナスはないですが、継続ボーナスポイント(マイル)が更新の度にプレミア5,000マイル、ノーマル1,000マイル付与。

先と同様に年会費の差額27,000円を埋めるボーダーラインを試算すると・・・
利用額「500,000円」が分岐点。

んーーデカイ。

どちらにしようか迷っている人にとっては、年間50万円ぐらい使うかどうかが一つの境目になりそうな感じですかね。

 プレミア(100円=5マイル)

 スカイトラベラー(100円=3マイル)

差額
年会費
+移行手数料
(全て税込)
それ以外に移行する派 ¥37,800 それ以外に移行する派 ¥10,800 ¥27,000
ANAマイルに移行する派 ¥43,200   ANAマイルに移行する派 ¥16,200 ¥27,000
利用額 獲得マイル
+継続ボーナス 5,000マイル
相当額
(1マイル=2円)
獲得マイル
+継続ボーナス 1,000マイル
相当額
(1マイル=2円)
差額
¥25,000 6,250 ¥12,500 1,750  ¥3,500 ¥9,000
¥50,000 7,500 ¥15,000 2,500 ¥5,000 ¥10,000
¥100,000 10,000 ¥20,000 4,000 ¥8,000 ¥12,000
¥150,000 12,500 ¥25,000 5,500 ¥11,000 ¥14,000
¥200,000 15,000 ¥30,000 7,000 ¥14,000 ¥16,000
¥250,000 17,500 ¥35,000 8,500 ¥17,000 ¥18,000
¥275,000 18,750 ¥37,500 9,250 ¥18,500 ¥18,000
¥300,000 20,000 ¥40,000 10,000 ¥20,000 ¥20,000
¥350,000 22,500 ¥45,000 11,500 ¥23,000 ¥22,000
¥400,000 25,000 ¥50,000 13,000 ¥26,000 ¥24,000
¥500,000 30,000 ¥60,000 16,000 ¥32,000 ¥28,000
¥600,000 35,000 ¥70,000 19,000 ¥38,000 ¥32,000
¥700,000 40,000 ¥80,000 22,000 ¥44,000 ¥36,000
¥800,000 45,000 ¥90,000 25,000 ¥50,000 ¥40,000
¥900,000 50,000 ¥100,000 28,000 ¥56,000 ¥44,000
¥100,000 55,000 ¥110,000 31,000 ¥62,000 ¥48,000
¥125,000 67,500 ¥135,000 38,500 ¥77,000 ¥58,000
¥150,000 80,000 ¥160,000 46,000 ¥92,000 ¥68,000
¥175,000 92,500 ¥185,000 53,500 ¥107,000 ¥78,000
¥200,000 105,000 ¥210,000 61,000 ¥122,000 ¥88,000

年会費分の元を取れればそれで良し派の人にとっては、青字あたりの利用額が目安ですね。

参考 プレミア:2年目移行どのぐらい使う予定があれば継続してもオトクか
参考 ノーマル:2年目移行どのぐらい使う予定があれば継続してもオトクか

その他の付帯サービスも相違点をつらつらと。アメックスさんの公式WEBサイトを隅々まで目を通すと誤植がけっこう見つかるんですよね。

アメックス・スカイトラベラーの違い:トラベル編

旅行傷害保険:カバー額が異なる

これはそのままで、プレミアの方がカバーする金額が大きですよと。

家族特約に関してはどちらも同額、海外・国内ともに傷害死亡・後遺障害が1,000万円まで。その他も同額、よく見ておきたい「傷害治療費」「疾病治療費」もそれぞれ 100万円ですね。

参考 プレミア:旅行傷害保険補償規定(PDF)
参考 ノーマル:旅行傷害保険補償規定(PDF)

プレミア ノーマル
海外傷害 最高5,000万円 最高3,000万円
国内傷害 最高5,000万円 最高2,000万円
国内・海外家族 最高1,000万円
海外 傷害治療費用 最高100万円
海外 疾病治療費用 最高100万円
海外 賠償責任 最高3,000万円
海外 携帯品損害 1事故 最高30万円(年間100万円)
救援者費用 最高200万円

ちなみにアメリカン・エキスプレスの保険は「損保保険ジャパン日本興亜」が引受先となっています。

なにかあったらまず電話、50、60、喜んで。いーないーな。

国内での連絡先
・アメリカン・エキスプレス・保険ホットライン0120 – 234 – 586
(受付時間:9:00〜17:00/土日祝休)引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社

ちょっと紛らわしいのが、アメックスの保険案内ページにある文章が

“ご旅行の際、航空券やパッケージ・ツアーなどをカードでお支払いいただくと、旅行傷害保険(海外旅行・国内旅行)が自動的に付帯されます。”

と一瞬「へぇっ?自動付帯なのか?」と勘違いしてしまいますが、あくまで “カードでお支払いいただくと” ということなので、利用付帯ですね。もうちょっと表現をなんとかした方が良いかと。

空港手荷物宅配サービス:羽田空港はプレミアのみ利用可

JAL ABC
海外旅行の帰国時に空港から自宅まで、カード会員一名につきスーツケース1個を無料で配送してくれるサービスですが、よく見なければ気付けない差がありまして。

最初は、記載ミスかなと思いきやそうではありませんでした。羽田空港はプレミアムカードのみ利用が可能。つまりノーマルカードは対象外。ちーーん

ちなみに羽田も国際線ターミナルのみなので、国内線は使えないことにも注意です。

サービス プレミア ノーマル
空港宅配便:無料
(帰国時のみ)
成田 あり あり
羽田(国際) あり なし
中部 あり あり
関空 あり あり

グローバル・ホットラインとオーバーシーズ・アシストは何が違うか

アメックスには海外渡航先での電話での日本語サポートが付帯しています。

ただしカードによって付帯しているサービス名称が異なっており、「オーバーシーズアシスト」「グローバル・ホットライン」

違いは、緊急支援サービスが付いているかどうか。いざという時のお助けテレホンというわけですね。表にすると下記のような感じに。結構手厚いんですよね。

参考 プレミア:オーバーシーズ・アシスト規定(PDF)
参考 ノーマル:グローバル・ホットライン規定(PDF)

プレミア

sky_traveler_premier

ノーマル

sky_traveler_classic

名 称 オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン
海外情報
サービス
  • 旅行関連サービス (航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更)
  • ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
  • レンタカー/リムジンサービスの案内、予約、取消
  • ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
  • 天気予報
  • パスポート、査証、予防接種等についての案内
  • 最寄りの日本大使館、領事館の案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • フラワー・デリバリー・サービスの手配
  • その他のカードに関する問い合わせ
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
  • 通訳派遣のアレンジメント
  • 緊急メッセージの伝言サービス
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い
緊急支援
サービス
Ⅰ.メディカル・サービス

  • 電話医療相談サービス
  • 病院紹介サービス
  • 病院の予約および入院の手配サービス
  • テレフォン・アシスト・サービス
  • 医療機関への信用保証サービスおよび資金援助サービス
  • 緊急移送サービス
  • 医療関連の派遣サービス
  • 治療経過・管理サービス
  • ご家族への緊急事態連絡サービス
  • 帰国手配サービス
  • 遺体送還

Ⅱ . リーガルアシストサービス

  • 緊急時の弁護士を紹介
  • 拘束時の保釈金立て替え
  • 弁護士費用立て替え
  • 日本語通訳派遣(有料)

Ⅲ.その他のサービス

  • その他カード会員が希望されるサービスを提供できるように努力いたします。
なし

またご丁寧なことに問い合わせ先電話番号も異なってまして。共に24時間、日本語対応なのはありがたいですね。

オーバーシーズ・アシスト 問合わせ先電話番号:国・地域別一覧
グローバル・ホットライン 問合わせ先電話番号:国・地域別一覧

アメックス・スカイトラベラーの比較:お買い物の補償編

 サービス プレミア ノーマル
ショッピング・プロテクション 500万円(年間) 200万円(年間)
リターン・プロテクション あり なし
キャンセル・プロテクション あり なし

ここは大きく異なりますので、確認しておきたいところ。

ショッピング・プロテクション:プレミア年間500万円、ノーマル200万円

これは、国内、海外を問わず『アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・プレミア』で購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害を購入日から90日間補償してくれるというもの。

カバー額に差があり、プレミアが最高500万円/年、ノーマルが最高200万円/年まで。

電子機器でもカバーされるので、デジカメやAV機器など高額商品を不注意で破損してしまった場合などは必ず利用したい保険です。

また修理可能な損害については、商品購入代金を限度として修理代金実費が補償額となります。修理ありきですね。90日以内なので減価償却ということでもなさそうです。

また、このカードで購入した商品を他の方にギフトとして贈られた場合も、この保険契約に基づく補償の対象となります。 ただし、請求することができるのはカード会員のみ。

ということはプレゼントでもらっても買ってもらった送り主に「壊れちゃった、テヘヘ」と申告する必要があります。。。言いづら。。。

なお、免責(自己負担)が1万円あるので、1万円以内の商品の場合は使えないですね。

対象期間 購入日から90日間
限度額 最高500万円(年間)
免責 1事故につき1万円

参考 プレミアカード:ショッピング・プロテクション補償規定(PDF)

問い合わせ先
・アメリカン・エキスプレス・保険ホットライン0120 – 234 – 586
(受付時間:9:00〜17:00/土日祝休)引受保険会社:損害保険ジャパン日本興亜株式会社

リータンプロテクション:プレミアのみ

こちらはプレミアカードのみの付帯サービス。

国内外問わず、プレミアカードで購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内の商品の購入金額払い戻しに対応してくれるというもの。

あくまで “購入店が受け付けない場合” ということで、まずは購入ショップでの返品を依頼することが前提です。

でもって返品をするのは “未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品” であることに限ります。まぁそうですわね。

限度額としては、1商品につき最高3万円まで、1会員口座につき年間最高15万円までとなっています。“会員口座” となっているので、家族会員含めてということになります。

また申請時に、利用代金の支払い遅延があった場合も対象外となっているので、ニコニコきっちり引落しを心がけましょう。

対象期間 購入日から90日間
限度額 1商品最高3万円、年間最高15万円

参考 プレミアカード:リターンプロテクション補償規定(PDF)

問い合わせ先
・アメリカン・エキスプレス・リターン・プロテクション係0120 – 090 – 151
(受付時間:9:00〜17:00/土日祝休)

キャンセルプロテクション:プレミアのみ

こちらもプレミアカードにのみ付帯のサービスです。

  • 急な出張で海外旅行に行けなくなった場合、
  • 突然の病気、怪我による入院などで、予約していた旅行をキャンセル、
  • チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、

というようなケースに、キャンセル費用などの損害を補償してくれるサービスです。ありがたいことに、同行予定のあった “配偶者の分” も併せて補償してくれます。あくまで配偶者のみが対象なので友達などはダメですね。

対象となるのは、以下のサービスをプレミア・カードで購入(決済)した場合。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

※社命出張によるキャンセルは、海外旅行契約に基づくサービスに限ります。

補償金の限度額は以下の通り。

カード会員本人、配偶者、またはカード会員本人の1親等以内の親族の死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合 10万円
カード会員本人、配偶者、またはカード会員本人の子供の傷害による通院に基づくキャンセルの場合 3万円
カード会員本人の社命出張に基づくキャンセルの場合 10万円
自己負担額(免責額) 1,000円または、キャンセル費用の10%に相当する額のいずれか高い額
*いずれも年間最高額。
*社命出張によるキャンセルは、カード会員本人あたり年間1回の支払いが限度。

参考 プレミアカード:キャンセルプロテクション補償規定(PDF)

問い合わせ先
・アメリカン・エキスプレス・キャンセル・プロテクション係0120 – 860 – 420
ベルシステム24内 (受付時間:9:00〜17:00/土日祝休)

特に急な出張で旅行やコンサートが飛んだ日には泣きたくなりますね。

そんな状態で仕事に行っても正直、心ここにあらずなのですが。私も新卒の頃、急な上海出張で楽しみにしていた、竹内まりやのトリビュートミュージカルに行けなくなり涙を飲んだ記憶があります・・・。

ゴールド、グリーンとスカイトラベラーを比較

スカイトラベラー間での比較に加えて、もう一つ気になるのが同じくプロパーカードであるゴールドやグリーンと比べてどうなのか。

ざっくりと言うならば、マイルを貯めるならもちろんスカイトラベラーが良し。保険はアメックスゴールドが厚め。・・・それ以外を表で整理すると、一長一短あり。良い点、悪い点を表の最下部にてまとめ。

アドバンテージ(良い点)を赤ディスアドバンテージ(悪い点)を青としてみました。

項 目 スカイトラベラー
プレミア
スカイトラベラー アメリカン・エキスプレス
ゴールド
アメリカン・エキスプレス
(グリーン)
券面 sky_traveler_premier sky_traveler_classic アメックスゴールド アメックスクラシック
年会費 本会員 35,000円 10,000円 29,000円 12,000円
家族会員 17,500円 5,000円 1枚目:無料
2枚目以降:12,000円
6,000円
メンバーシップ
リワードプラス
3,000円
ポイント積算 航空券 100円 = 5ポイント 100円 = 3ポイント 100円 = 1ポイント
その他 100円 = 1ポイント
ボーナスポイント
年間上限
100,000ポイントまで 60,000ポイントまで
マイル移行比率 1ポイント = 1マイル ANA: 1ポイント = 1マイル
それ以外: 1ポイント = 0.8マイル
ANAマイル移行手数料 5,000円/年間
プライオリティ・パス なし あり
(年2回まで無料)
あり
(都度27USD)
国内空港ラウンジ 同伴者1名まで無料
旅行保険 海外傷害 最高5,000万円 最高3,000万円 最高 1億円 最高5,000万円
国内傷害 最高5,000万円 最高2,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円
家族特約 最高1,000万円
傷害治療
疾病治療
最高100万円 最高100万円 最高300万円 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円 最高4,000万円 最高3,000万円
携行品
損害
最高30万円 最高30万円 最高50万円 最高30万円
救援者
費用
最高200万円 最高200万円 最高400万円 最高200万円
海外アシスト オーバーシーズ
アシスト
グローバル
ホットライン
オーバーシーズ
アシスト
グローバル
ホットライン
ショッピング
プロテクション
500万円(年間) 200万円(年間) 500万円(年間) 500万円(年間)
リターン
プロテクション
あり なし あり あり
キャンセル
プロテクション
あり なし あり なし
空港宅配便:無料
(帰国時)
成田 あり あり あり あり
羽田 あり なし
中部 あり あり
関空 あり あり
空港宅配便:無料
(出発時)
成田 なし なし あり あり
羽田
中部
成田
Good ・マイル5倍
・マイル手数料ナシ
・マイル3倍
・マイル手数料ナシ
・保険手厚め
・家族カード1名無料
・プライオリティパス
・荷物宅配往復無料
・プライオリティパス**
・荷物宅配往復無料
Bad ・プライオリティパスなし
・出発時宅配無料なし
・プライオリティパスなし
・出発時宅配無料なし
・要マイル手数料
・ANA以外 1P=0.8マイル
・要マイル手数料
・ANA以外 1P=0.8マイル
*年会費等は全て税別 *羽田は国際のみ *マイル手数料=メンバーシップ・リワード **要都度利用料

んーーー『マイルをたくさん貯めたい』ということに特化したいのであれば、やはりスカイトラベラーのどちらかですかね。

特に「グリーン」「スカイトラベラー・クラシック」(ノーマル)で迷う場合、年会費が2,000円差。でもって、メンバーシップ・リワードプラス3,000円・・・。

マイル重視なら余程の理由が無い限りスカイトラベラーの方が良いかと。

ゴールドの保険が厚いのは分るのですが。あとはプライオリティ・パスにちょっとだけ後ろ髪引かれますかね。そんな場合には「楽天プレミアム」か「MUFGプラチナアメックス」などで補完するのが個人的にはオススメ。

参考 楽天プレミアムカードでプライオリティパスはお得に手を入れる
参考 MUFGプラチナ・アメックス:プライオリティパス無料、マイル還元率1.43%

スカイトラベラーとグリーン、ゴールドとの2枚持ちは可能なのか

結論としては原則、不可です。

「アメックス」と名の付くカードは沢山あるのですが、他社提携カードや、ライセンス提携(加盟店開放)ではなく、日本のアメリカン・エキスプレス自社発行のカード(いわゆるプロパーカード)というのは実は数少なく種類は限られており、個人向けでは下記6券種のみとなっています。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

これらのプロパーカードは複数種を同時に所有することは出来ません。実際にスカイトラベラー申込みページには下記のような案内文の記載があります。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するカードをすでにお持ちの方はお申し込みいただけません なお、一部提携カード、ビジネス・カード、コーポレート・カードなどをお持ちの方はお申し込みいただけますが、 メンバーシップ・リワードのポイントは合算できかねますので、あらかじめご了承ください。

なのですが、実は私はゴールドとスカイトラベラーの2枚持ちが出来てしまいました。受付側のオペレーションで確認漏れがあったためなのか!?分かりませんが、稀に通ることもあるようです。

また電話でどうしても持ちたいことをお願いすれば可能だという情報もありますが、現在でも可能なのかは出たとこ勝負となりそうです。

スカイトラベラーと他の提携カードとは2枚持ちが可能

上で述べたように、アメリカン・エキスプレス自社発行のプロパーカードとの2枚持ちが出来ないということは、裏を返せば提携カードであれば複数枚持ちが可能ということです。

提携カードや、加盟店開放カードであれば同じアメックスと言えども様々な組み合わせが可能になりますね。

提携カードと他社発行アメックスだとこんな組み合わせや、

スカイトラベラー ANAアメックス デルタ・アメックス ペルソナSTACIA
アメックス
MUFGアメックス
ゴールド
プレミアカードの
複数持ち例:
sky_traveler_classic ana amex アメックスデルタ persona_amex MUFG Amex

年会費お高めカードの組み合わせ例だと、維持費だけでいくらするんだということはさて置き、このような組み合わせで同時にアメックスを複数枚持ちすることも可能ですね。

スカイトラベラー
プレミア
ANAアメックス
ゴールド
デルタ・アメックス
ゴールド
SPGアメックス MUFGプラチナ
アメックス
プレミアカードの
複数持ち例:
sky_traveler_premier ana amex gold アメックスデルタゴールド Starwood MUFGアメックス

ANAフライトで特典が多いANAアメックスゴールド。
参考 ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード 入会キャンペーンで最大50,000マイル

飛行機のチケットに毎年けっこうな額を使う人はスカイトラベラー

100円=5マイル、3マイル。

もうこれがなんと言ってもデカイ。他方、海外旅行保険はグリーン、ゴールドと比べるとやや低め。そこを気にする人もいるかも知れません。

ただ、トータルでプラマイを考えると個人的にはやっぱり、マイルがたくさん貯まることを優先したい、ですかね。

そんなに保険のカバー額ばかり気にしてもしょーがないのです。
海外ではケガしないように気を付ける。』これに尽きます。

でもって、プレミアとプロパーのどちらかが良いかは本記事で詳しく見た通りでして、使いそうな金額から戦略を練るべしですね。

マイルを貯めることに特化したいなら、一定期間だけでもスカイトラベラーをオススメします。

american express logo アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード
sky_traveler_classic
年会費  本会員:10,000円 (税別)   家族会員:5,000円 (税別)
ポイント積算率 通常のお買い物 100円 = 1ポイント (1.0%)
航空券購入 100円 = 3ポイント (3.0%)
付帯保険 海外旅行 3,000万円 国内旅行 2,000万 買い物 200万円
マイル移行 移行手数料: 無料 (ANAのみ 5,000円/年)
換算率 : 1,000ポイント=1,000マイル (15社)
会員特典 航空券ポイント3倍 / 国内空港ラウンジ同伴者1名無料 / 空港宅配1個無料 / ホテル優待 / グローバル・ホットライン / ショッピングプロテクション /  他

公式サイトで詳しく見る

american express logo アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
sky_traveler_premier
年会費  本会員:35,000円 (税別)   家族会員:17,500円 (税別)
ポイント積算率 通常のお買い物 100円 = 1ポイント (1.0%)
航空券購入 100円 = 5ポイント (5.0%)
付帯保険 海外旅行 5,000万円 国内旅行 5,000万 買い物 500万円
マイル移行 移行手数料: 無料 (ANAのみ 5,000円/年)
換算率 : 1,000ポイント=1,000マイル (15社)
会員特典 航空券ポイント5倍 / 国内空港ラウンジ同伴者1名無料 / 空港宅配1個無料 / ホテル優待 / オーバーシーズ・アシスト / ショッピングプロテクション / リターンプロテクション / 他

公式サイトで詳しく見る