深圳 皇崗口岸 → 香港空港:アルファードのリムジンにて移動

IMG_9914

 

 

 

深センから香港空港へ移動するにはいくつか方法がありますが、それぞれ一長一短。

ワタシ的にはリムジン(スカイリモ)が時間、費用的にも程よく許せる範囲で、使い勝手が良いかなと思っています。初めての方にとっても楽ちんでわかりやすいですし。

移動手段 フェリー リムジン(本記事) バス+電車
費用 HKD340(約4,900円) HKD100(約1,400円) HKD55(約800円)
クレカ利用
(香港内オクトパスカード可)
時間 約30分 約60分
(道路の混み具合で多少前後)
約90〜120分
便の多さ 概ね1時間に1本
*蛇口(市内寄り)と福永(深セン空港)の2ルートあり
7人揃い次第都度出発
概ね最低15分置きには出発
概ね20分おき
営業時間 07:15〜21:00 06:30〜00:15 07:00〜24:00(バス)
メリット ・フェリー乗場でフライトチェックイン可
・香港で直接フライトへ乗継ぎ可
・香港側のイミグレ不要
・空港で荷物ピックアップ不要
・チケット事前購入可能
・簡単
・時間を気にする必要なし
・香港入国イミグレは運転手にパスポートを渡すだけ*
・安い
デメリット ・価格が高め
・便数が少ない
・アルファード(orベンツワゴン)なので、3人シートの真ん中だとやや窮屈 ・イミグレが激混みの場合あり
・荷物を持っての移動が必要
*イミグレの運用は変更される場合あり

 

まずはこの記事では香港からの復路として「深セン→香港空港」編をご紹介。ちなみに費用、支払い方法等の諸条件は往路(香港空港→深セン)と復路で異なる点が多数あるので注意。

特に復路はフェリーがかなりのお高めプライス。チェックイン、乗り継ぎなどのメリットはあるのですが。逆に今回利用したリムジンでは復路の方がお安め設定。なおさらリムジン(スカイリモ)をオススメします。

 

往路の香港空港→深セン編はこちら。
参考 香港空港 → 深圳 皇崗口岸編:スカイリモ、ことリムジンにて移動

 

 

深セン→香港:スカイリモで移動

事前に用意しておいた方がよいもの

パスポート 中国出国イミグレ、香港入国イミグレにて提出、顔参照あり
中国出国カード 中国出国イミグレにて提出
現金 リムジン(スカイリモ)、バス共にクレカ不可なので現金HKDが必要です。
*香港入国カードは不要

中国の入国・出国カード(黄色)は機会があれば先に空港などで入手して記入しておいた方が楽です。
参考 中国出入国カードの書き方

 

中国 – 香港間のイミグレは8ヶ所

8ヶ所の内2ヶ所は港湾なのでフェリー利用時。よって陸路では6ヶ所。

それぞれ営業時間が異なっているので、深センでの滞在場所、利用時間などによって使い分けるのが良いかと。メインとなるのは上の4つぐらいでしょうか。今回利用した皇崗口岸は24時間営業しているのがメリット。

名称 営業時間
皇崗口岸(Huanggang:ホワンガン ) 24時間
羅湖口岸(Lowu:ローホゥー) 6:30 – 24:00
福田口岸(Futian:フーティエン) 6:30 – 22:30
湾口岸(Shenzhen Bay:シェンジェンワン) 6:30 – 24:00
沙頭角口岸(Shatoujiao:シャートウジャオ) 7:00 – 20:00
文錦渡口岸(Wenjindu:ウェンジンドゥ) 7:00 – 20:00
蛇口(Shekou:シューコウ)*港湾 7:45 – 21:30
福永(Fuyong:フゥーヨン ):港湾 7:30 – 19:30
*口岸(コウガン):イミグレの意

 

 

深圳 皇崗口岸 – 香港空港の実際のルート

皇崗口岸は24時間営業である点と、もう一点他のイミグレとは異なっている点があり、それは中国側の出境点(皇崗口岸)と香港側の入境点(落馬洲管制站)とが物理的に離れている、という点です。

 

流れとしては下記のような感じに。

  •  深セン現地発(ホテルなど) → 皇崗口岸着 → 中国出国イミグレ → 皇崗口岸発 → 落馬洲管制站で一旦停車(パスポート参照)→ 再出発 → 香港空港発

 

往路と同じく皇崗口岸を利用。

まずはホテルからタクシーにて皇崗口岸着。タクシーの降車場所は決まっているので、運ちゃんに言えばすぐわかります。入国の際に出てきた建物とは異なります。

IMG_9900

 

 

「香港はあちらへ」という表示があるので、それに沿って歩きますと。

IMG_9901

 

 

中国出国イミグレの入り口に。奥側は越境通学の児童用レーンの表示があります。この先のイミグレ内は撮影禁止なので写真がありません。

中は中国の空港のイミグレと同じような感じです。タイミングにもよると思いますが、この時は午前中で5分程の行列でした。事前に中国入国カード(黄色)を記入しておくと楽ですね。無くても中で書けます。

IMG_9903

 

 

出口です。建物を出てくれば、そこは香港。

IMG_9904

 

 

出口右側に折れれば既に行列、ギョギョギョ。並ぶしかありません。

IMG_9905

 

 

クレカは不可なので、現金でHKD100/人。通常HKD120のところ、期間限定なのか写真のフラッグの通りお買い得プライスHKD100にて。

往路はいくつか会社の選択肢があったのですが、復路は見る限りこちらの「環島旅遊(TIL TRAVEL)」のみ。WEBサイトにいくと「環島旅運」となっており、グループ会社で名称を分けているのか合併したのかちょと不明。ちなみにTILとは “Trans Island Limousine” とのこと。

毎日これだけの数をピストンで往復させていたら相当儲かっているのでは・・・。ただ今後は高速鉄道にどれだけパイを奪われるのかも未知数ですが。

参考 環島旅運 KCTIL: Kwoon Chung Trans-Island

IMG_9909

 

 

チケットにも優待20HKDが割引かれて100HKDになっていることが記載されています。

HKD

 

 

 

でもってここが運命の分かれ道なのですが、乗車列がリムジン(アルファード)とバスの区別がなく、タイミングが良ければリムジンに振り分けられる、というシステムになっています。(混雑時のみ??)

この時はタイミングよくリムジンになりましたが、バスとリムジンでは後述する香港イミグレでの手続きに雲泥の差があるので、どうにかうまくリムジンに乗ることをオススメします。

IMG_9908

 

 

タイミングよくリムジンへ。

IMG_9907

 

 

欧米人含めて大行列ですが、次から次へと発車するので乗車までは10分ほどの待ち時間でした。

IMG_9911

 

 

 

実際のGPSログにて。ホテルから皇崗口岸→落馬洲管制站→香港香港まで。毎度おなじみ、中国の測地系とGoogle Mapではズレがありますので、皇崗口岸あたりは全体的に東へずらしたものが実際のルートになります。

 

 

 

 

今回は真ん中3列シートの右端。タクシーで皇崗口岸に到着してアルファードで出発するまで30分弱でした。

IMG_9910

 

 

10分かからずに香港側の入国イミグレとなる落馬洲管制站に到着。もう前後右左、全部アルファード。

IMG_9912

 

 

イミグレと言っても料金所のような感じになっており、リムジンのドライバーさんが全員分のパスポートを集めて、イミグレスタッフに提出。顔参照をされて完了です。この時はイミグレ前の渋滞10分、パスポート参照2分ぐらいだったでしょうか。

IMG_9913

写真奥に見えるのがバスでのイミグレ通過。バスの場合、全員一旦下車、全員分のパスポート参照を行いますのでかなり時間がかかります。ですので基本的にはアルファードをオススメします。

 

 

 

落馬洲管制站通過後はアルファードがぶっ飛ばしますのでスイスイ、香港空港に到着。この日は皇崗口岸着から出発まで25分、皇崗口岸発から空港まで65分、トータル90分ほどでした。

IMG_9914

 

 

深センでのプリペイドSIM:Google、TwitterもOK

今回も深センではairBartic SIMカードを活用。4G入りますし、Google、TwitterももちろんOK。ビル街に入るとちょっと電波状況が弱い場所もありましたが、基本的には問題なく使えました。
参考 中国でネットするには:プリペイドSIM、レンタルWiFi、キャリアパケット定額、徹底比較

 

中国ではローミング先がチャイナ・ユニコムだけと思いきや、エリアによってはチャイナ・モバイル(バンド41)をキャッチすることも。10Mbps前後は出ていました。

Screenshot_20180930-111708 Screenshot_20180930-111846

 

 

中国必須のアプリ:百度地図とWeChat Pay

とは言え、ご存知の通り中国ではGoogle MAPが情報、精度とも今いち。「百度地図」「WeChatPay」は息を吐くように使いこなせるようになっておきましょう。

百度地图

百度地图

Beijing Baidu Netcom Science & Technology Co.,Ltdposted withアプリーチ

 

WeChat

WeChat

WeChatposted withアプリーチ

 

 

コメント

  1. […] 復路はこちら。 参考 深圳 皇崗口岸 → 香港空港:アルファードのリムジンにて移動 […]