中国でネットするには:プリペイドSIM、レンタルWiFi、キャリアパケット定額、徹底比較。アナタにぴったりなのは ??

Shanghai

 

中国を訪れる日本人の数は、2007年の397万人をピークに減少傾向。
とはいうものの、まだまだビジネス需要は旺盛、LCCの就航もあり低価格で観光に行けるようになりました。

 

中国でネットを使用する方法は、大きく分けて3つ。

  • SIMフリースマホでプリペイドSIM
  • 国内キャリア(ドコモ、au、SB)の海外パケット定額プラン
  • レンタルWIFI

中国でのネット利用で忘れてはいけないのが、中国ではネット規制が敷かれており、通常のままでは対象のWEBサービスであるGoogle、Facebook、Twitterなどを見ることが出来ません。そこで通称「壁超え」と呼ばれている規制回避が必要となります。

 

今回は中国でのネット利用方法を、毎年何回も中国に飛んでいる(なんなら駐在もしていた)私が、ガチンコ徹底比較。それぞれメリット・デメリットがあるので、自身の状況に応じて一番合うものを選択したいですね。

 

みんな大好き深セン – 香港間のルートについてはこちら。
参考 香港空港 → 深圳編:スカイリモ、ことリムジンにて移動
参考 深圳 → 香港空港編:アルファードのリムジンにて移動

 

中国でネットするには

 

中国で使えるオトクなプリペイドSIMを徹底比較

私は普段日本では「SIMフリースマホ」+「格安SIM(MVNO)」を利用していることもあり、基本は海外ではプリペイドSIM派です。

しかしながら中国で利用できるプリペイドSIMカードは、ここ数年ありとあらゆるものが出て群雄割拠。種類が沢山ありすぎて、もぅ何がなんだか。とりあえず日本で購入可能なものを比較。

 

利用シーンに応じて確認しておきたい点が下記。

  • 利用日数:日数限定 or 繰り返し利用
  • データ容量:無制限 or ◯GB
  • スピード:4G or 3G
  • 通話/SMS:可能 or データ専用
  • 対象国:中国のみ or 香港他アジア各国も利用可能
  • 壁超え:Google、Twitter、Facebookが使えるか

プリペイドSIMは大きく分けると『日数限定の1回使い切りタイプ』と、『繰返し利用のデータプラン購入タイプ』の2タイプ。ここでは分けて比較。

 

中国プリペイドSIM:日数限定、1回使い切りタイプ

訪中の予定がとりあえず1回のみの旅行者や出張者などには、こちらの日数限定タイプが使いやすいでしょうか。大きく分けると下記3タイプ。

  • 中国キャリア大手である中国联通、中国移動
  • 上の回線を利用する中国のMVNO
  • 海外キャリアのアジア周遊タイプ
中国キャリアであるチャイナユニコム、チャイナモバイルが提供しているものは日数、種類が分かれており、通話/SMSが必要かどうかで選択肢が別れてくるでしょう。

また海外キャリアでは、特にタイのAIS社が提供している「SIM 2 Fly」は新たに対象国として中国がカバーされ、日数こそ8日間に限定されますが、アジア周遊旅行などを予定している場合は使い勝手が良さそうです。

ただAmazonのレビューを見ていると、ちょっと電波のキャッチ状況が不安定な地域もあるようで、対応バンドが下記表の通りであればやや厳しいかも知れません。

ブランド
通信会社
中国联通香港
China Unicom HK
中国移動香港
China Mobile HK
博元訊息
MB
KK Three タイ AIS
SIM2Fly
タイ True
Travel SIM
ローミング先 中国移動 中国移動 中国联通 中国联通
中国移動
中国移動
Amazon
価格*
51At8c7tp4L
71-o0KU-FpL._SL1182_
61a0ZODHEsL__SL1000_B
71ZOUeb1-jL._SL1485_
91PIJ0rwvPL__SL1500_ 91WzlMMCaDL._SY355_ 81jqrYrNppL__SL1290_ 51GpBP4hoaL 71OlnMgk2sL._SL1442_ 813Ko90sxmL__SL1272_ sim_399 71HkNtANX+L._SY355_
1,180円 2,180円 1,880円 2,890円 1,650円 1,190円 1,330円 1,590円 1,280円 6,300円 1,450円 1,420円
利用可能
日数
7日 15日 30日 30日 10日 3日 10日 10日 30日 365日 8日 8日
データ容量 2GB 2GB 1GB 3GB 2GB 1GB 1.5GB 3GB 2GB 8GB 4GB 4GB
スピード 4G 4G 3G 4G 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G
利用バンド 【4G LTE】
Band 3 (1800)
Band 7 (2600)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 8 (900)
【4G LTE】
Band 38 (2500)
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G TD-SCDMA】
Band 34 (2000)
【4G LTE】
Band 38 (2500)
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G TD-SCDMA】
Band 34 (2000)
【4G LTE】
Band 3 (1800)
Band 7 (2600)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 8 (900)
【4G LTE】
Band 1
(2100)

【3G】
Band 1
(2100)
Band 8
(900)
(他も利用可能?)
【4G LTE】
Band 38 (2500)
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G】
Band 34 (2000)
通話 / SMS 可能 可能 可能
通話残高 100分
+
SMS
100通
50分
+
SMS
50通
対象国 中国
香港
中国
香港
マカオ
台湾
中国
香港
マカオ
中国
香港
中国
香港
マカオ
中国
香港
マカオ
中国
日本
韓国
香港
台湾
他アジア
13ヶ国
中国
韓国
香港
台湾
他アジア
8ヶ国
リチャージ 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能
テザリング 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能
Google
LINE
Twitter
Facebook
可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能 可能
APN設定 3gnet cmhk mb mb mobile.lte.three.com.hk internet internet
[User] true
[Pass] true
*価格は2018/07執筆時点

 

 

 

 

 

 

中国プリペイドSIM:繰り返し利用、データプラン購入タイプ

  • この先、中国に複数回行くかも知れない旅行者・出張族の方
  • 中国に限らず年に1回以上は世界各国を旅行する方
  • 海外に行く度に現地のSIMカードを調べて購入するのに疲れた方

 

このような方には、世界各国で繰り返し利用可能なタイプのSIMカードの購入をオススメします。今は世界中の様々な通信会社が競争をしており、オトクなプランも結構あります。

 

下記表右端の跨境王のみ対象国が限られていますが、他の3社については甲乙付け難いプラン設定、使い勝手の良さとなっています。また3社とも、実質的にはSIMカードの利用期限は無いに等しいと考えてよいでしょう。

 

「MTX SIM」に関しては、ローミング先がChina Telecomとなっており、公式サイトでもカバレッジMAPを見るとChinaがBand 3、41のみとなっており、本当にこの2バンドのみであればカバー地域が相当厳しいことが予想されます。

「AIR SIM」はプランが沢山あるのがメリット。ただし無制限プランは500MB/日を超過するとかなりの帯域制限があること、電話番号はなく通話はアプリに限られることには注意が必要です。

個人的には「airBaltic Mobile SIM」が気に入っています。プランも1MB刻みの使った分だけ、完全従量制プランもあり、無駄にあまったりすることもありません。また電話番号が付与されるので、SMSも通話もOKでいざという時に安心です。

つい最近「4G対応SIM」へとバージョンアップし、中国の都市部では実際に4Gをすぐキャッチ。十分なスピード15Mbpsで使えました。他国でもかなり幅広く使えるので、とりあえず1枚持っておいて損はないでしょう。

 

ブランド
通信会社
airBaltic Mobile AIR SIM mtx SIM 跨境王
China Unicom
ローミング先 中国联通
China Unicom
中国移動
China Mobile
中国電信
China Telecom
中国联通
China Unicom
SIM価格* Airbalticcard_international_sim-card 41Mpm3sY4CL MTX-connect---White-and-blue 8134RM8s5eL__SL1500_
1,200円 500円 299円 1,570円
(1,130円残高込)
SIM有効期限 最終チャージ日
から2年
最終チャージ日
から1年
無期限?
(チャージ残は
追加日から18ヶ月)
90日
無制限
データプラン
1日 /425円
2日 /850円
3日 /1,250円
5日 /1,800円
7日 /2,500円
1日 /1,300円
従量制
データプラン**
1MB /365日 /1.9円

1GB /30日 /1,950円
3GB /30日 /3,400円

2GB /15日 /2,400円
5GB /15日 /5,600円
2GB /30日 /2,700円
5GB /30日 /6,100円
2GB /60日 /2,950円
5GB /60日 /6,350円
2GB /90日 /3,200円
5GB /90日 /6,650円
1MB /30日 /1.9円

200MB /1日 /450円
1GB /15日 /1,950円
2GB /15日 /3,250円

90円/月

+

300MB /7日 /680円
500MB /30日 /960円
1GB /30日 /1,650円

通話 / SMS 可能
(アプリ利用で可能)
可能
スピード 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G
利用バンド
【4G LTE】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 8 (900)

【4G LTE】
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)
【4G LTE】
Band 3 (1800)
Band 41 (2500)
【4G LTE】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 8 (900)

帯域制限 無制限プラン:
500MB /日超過で
128kbpsに制限
? ?
対象国 中国、韓国、アメリカ他
世界150ヶ国以上
中国他
世界100ヶ国以上
中国他
世界80ヶ国以上
中国・香港・マカオ
テザリング 可能 可能
(ルーター使用不可)
可能 可能
Google
LINE
Twitter
Facebook
可能 可能 可能 可能
APN設定 send.ee cmhk internet 3gnet
特色・注意点 ・通話含めてかなり多機能
・コマンドでプラン適用化
・国ごとにプランが異なる
・北欧、ロシアプラン激安
・国ごとにプランが異なる ・チャージの度に90日間
Line、
WhatsApp、
Wechat、
Viber
30日フリー
・アプリ利用可
**香港ドル、ユーロを日本円換算

 

 

 

 

 

ドコモ、au、ソフトバンクの海外定額プラン

お使いのスマホがSIMフリー機、あるいはSIMロック解除済であれば上記の海外用SIMカードも利用可能ですが、そうでない場合。

そのような方の多くが国内3大キャリアを利用している方が多いかと思いますが、選択肢としてはまず、国内キャリアDocomo、au、SoftBankがそれぞれ提供している「海外定額プラン」があります。

まずドコモ、au「980円/24時間」で同料金で並び、使用するデータ量は日本で契約しているデータプランから消費する形式となっています。海外渡航期間が短期間で簡単に済ませたい場合は、選択肢としてはかなりアリですね。

一方、ソフトバンクは海外でのデータ通信においては2社に一歩遅れていると言わざるを得ない「2,980円/日」の設定。事前申し込み不要で、データ量も無制限としていますが、それでもかなりの割高感があります。また実際にスピードも無制限なのか、帯域制限があるのかやや不透明ではあります・・・。

 

キャリア ドコモ
au
ソフトバンク
プラン名 パケットパック
海外オプション
世界データ定額 世界パケットし放題
ローミング先 中国联通
China Unicom
中国联通
China Unicom
中国移動
China Mobile
中国联通
China Unicom
料金 980円 / 24時間 980円 / 24時間 2,980円 / 日
(日本時間基準)
データ量 日本で契約している
プランから消費
日本で契約している
プランから消費
無制限
(*帯域制限不明)
対象者 ・World Wing契約
+
・spモード契約
+
・パケットプラン契約
データ定額サービス契約 誰でも可能
対象国・地域 中国他
世界205ヶ国地域
中国他
世界150ヶ国地域
事前申込み 必要
・WEB、151、店頭
必要
・WEB、151、店頭
(データチャージ加入)
不要
(アプリで確認)
対象国・地域 中国
他世界205ヶ国・地域
中国
他世界150ヶ国・地域
中国
他世界136ヶ国・地域
スピード 4G / 3G 4G / 3G 4G / 3G
利用バンド
【4G LTE】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 8 (900)

【4G LTE】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 8 (900)

【4G TD-LTE】
Band 38 (2600)
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G TD-SCDMA】
Band 34 (2000)

【4G LTE】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 8 (900)

Google
LINE
Twitter
Facebook
可能 可能 可能
専用アプリ利用可能 ・専用アプリ利用可能
・ルーターでも利用可能

 

 

 

中国でも使えるWiFiルーターをレンタル

もう一つの選択肢としてはWifiルーターをレンタルするという方法もあります。

日本で3キャリアを使っている方、SIMフリー機でMVNOを利用している方の両方のケースで利用可能ですね。

難点はルーター本体はだいぶ小さくなっているとは言えども、常にWIFIルーターを持ち歩くを必要があり、バッテリーも気にする必要がある点です。

何回か利用したことがありますが、正直ワタシはけっこう邪魔くさく感じました(涙)。

各社価格競争のおかげで数年前より価格はかなりこなれてきていますが、SIMカードなどに比べるとちょっと割高でしょうか・・・。

 

中国向けのプランでは、各社「通常プラン」と、GoogleやSNSが可能な「VPNプラン」を用意しており、通常プランは確かに安いのですが、Google MapもTwitterなどのSNSが使えないようでは本末転倒・・。ということで比較表では「VPNプラン」で比べてみました。

 

会社名 グローバルWiFi
(株式会社ビジョン)
Wi-Ho
(テレコムスクエア)
イモトのWiFi
(エスコムグローバル)
ローミング先 中国電信(China Telecom)
中国联通(China Unicom)
中国移動
(China Mobile)
詳細不明
スピード 3G 4G 4G 3G 4G
料金 300MB /日 /735円
500MB /日 /805円
300MB /日 /685円
500MB /日 /850円
1GB /日 /1,770円
300MB /日 /390円
600MB /日 /700円
1GB /日 /1,050円
無制限 /日 /1,546円
500MB /日 /844円
1GB /日 /1,164円
500MB /日 /1,000円
1GB /日 /1,420円
帯域制限制限 あり
(1日250MB 以上利用)
あり
(詳細不明)
申し込み方法 ・WEBサイトから事前申込み
・空港在庫があれば当日可
 WEBサイトから
事前申込みのみ
・WEBサイトから事前申込み
・空港在庫があれば当日可
受取り・返却方法 ・郵送 or 当日空港 ・郵送 or 当日空港 ・郵送 or 当日空港
利用バンド 【3G】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 8 (900)
【4G LTE】
Band 1 (2100)
Band 3 (1800)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)
【4G TD-LTE】
Band 38 (2600)
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G TD-SCDMA】
Band 34 (2000)

不明
Google
LINE
Twitter
Facebook
可能 可能 可能
*各社VPNを利用するには別途設定が必要です。

 

1日外に出歩くことを考えると、モバイルバッテリーが必要になることにも注意です。

 

中国現地の空港でWiFiルーターをレンタル

番外編として、WiFiルーターを中国現地の空港でレンタルするプランもあります。日本の企業に比べてオトクな価格設定になっているのですが、致命的なのが、

Google、Twitter等SNSがそのままでは利用できません

地図サービスについては、百度(バイドゥー)を利用することは可能です。他はVPNサービスを利用するか、あるいはSNSや、Googleを利用しない場合などには選択肢のひとつになるかも知れません。

 

会社名 KLOOK 4G WiFi
Klook.com
ローミング先 中国移動
China Mobile
スピード 4G / 3G
料金 2GB /4日 /458円
(500MB /日)
帯域制限制限 あり
申し込み方法 ・WEBサイトから事前申込み(前日まで)
対応空港 上海浦東(PVG)
北京(PEK)
広州(CAN)
成都(CTU)
杭州(HGH)
西安(XIY)
深セン(SZX)
利用バンド
【4G TD-LTE】
Band 38 (2600)
Band 39 (1900)
Band 40 (2300)
Band 41 (2500)

【3G TD-SCDMA】
Band 34 (2000)

Google
LINE
Twitter
Facebook
不可
*CNYを日本に換算。

 

 

中国の3大キャリアとは:カバレッジMAPで比較

プリペイドSIM、日本国内キャリアの海外パケット定額、WIFIレンタル、そのいづれを選択したとしても回線事態は中国国内キャリアの通信網を利用することになります。

中国も日本と同様に3大キャリアがあり、中国移動(チャイナ・モバイル)、中国聯通(チャイナ・ユニコム)、中国電信(チャイナ・テレコム)の3社が、電信の“三大運営商”と言われています。

それぞれの電波カバレッジマップと共に紹介です。実際のMapはリンク先にて自由に移動拡大して確認が可能です。

 

中国移動(チャイナ・モバイル):世界最大手

中国最大手であると共に、世界最大手のキャリアでもあります。中国でのシェアは60%以上。元々は中国郵電電信総局(旧のチャイナ・テレコム)からモバイル部門を分社化した経緯があります。

日本で言えば電電公社から完全分社化されたドコモと考えてよいでしょうか。2020年までに本格的な展開が予想される第5世代通信(5G)に向けても設備の建設が着々と進んでいます。

LTEも都市部ではまず問題ないでしょう。

China_Mobile_覆盖_-_OpenSignal

参考 OpenSignal:China Mobile カバレッジマップ

 

 

中国聯合通信(チャイナ・ユニコム):中国2位

中国聯合通信有限公司は、シェア約20%で国内2位。また中国移動、ボーダフォンに次いで世界第3位の通信会社でもあります。ただし4G-LTEでのシェアでは、3位の中国電信(チャイナ・テレコム)にも遅れを取っており、基礎設備の充実が課題です。

カバレッジマップを見る限りは上海、北京、深センなどの都市部はまず問題ないでしょう。

China_Unicom_覆盖_-_OpenSignal

参考 OpenSignal:China Unicom カバレッジマップ

 

 

中国電信(チャイナ・テレコム)

中国電信股份有限公司はモバイル分野こそシェア3位ですが、ブロードバンド分野では確固たる地位を誇っています。4G-LTEではシェア22%を握っていますが、電波エリアが狭く、実質的には上記2社がメインとなります。

プリペイドSIMやレンタルWifiのローミング先がこちらのチャイナ・テレコムの場合、都市部以外は少々電波状況が苦しいことが予想されます。

MAPを見ると2G/3Gを合わせても都市部中心に限られ、少々苦しいでしょうか。

China_Telecom_覆盖_-_OpenSignal

参考 OpenSignal:China Telecom カバレッジマップ

 

 

より細かい電波状況はCellMapperで確認

上記ではカバレッジマップの参考情報として「OpenSingal」を用いていますが、より詳しく電波塔単位で参照するには、こちらの「Cell Mapper」がよいでしょうか。

キャリア別、Band別にマップを表示可能なので中国のマイナーな奥地(?)などに観光あるいは左遷予定の方はこちらも参考にするのが良いかも知れません。

China_Mobile__China__-_Cellular_Coverage_and_Tower_Map

参考 Cell Mapper:上海付近 中国移動4G-LTEカバレッジ

 

 

 

まとめ:アナタにぴったりな中国のネット手段はコレだ

さて、中国のモバイルネット事情について大体イメージが把握できましたでしょうか。

四川料理なのか、はたまた小籠包か上海蟹かは分かりませんが、レストランの予定を立てる前にネットをどうするか決めておきたいところ。

 

プリペイドSIM WIFIレンタル 3キャリア定額プラン
良い点 ・割安
・選択肢が豊富
・Google、SNS等利用可能
・誰でも使える、お手軽 ・国内キャリアのまま使える
悪い点 ・自身で設定が少し必要 ・割高
・WIFIルーターのバッテリーも気にする必要がる
・荷物が増える
・国内契約のパケット量が消費される
注意点 ・SIMフリースマホか、SIMロック解除をしている必要がある。 ・Google、SNS等の利用にはVPNの設定が必要 ・SBは割高

 

 

SIMフリースマホ、SIMロック解除スマホを使ってるアナタへ

 

SIMフリースマホでMVNO(格安SIM)、あるいはSIMロック解除スマホを使っているならズバリ、中国用のプリペイドSIMが一番オトクで使い勝手が良いです。刷り込まれた “海外旅行 = レンタルWiFi” の図式は頭から消し去って下さい。

念のためにお使いのスマホが中国の電波Bandに対応しているかだけは確認しておきましょう。特にキャリア機でSIMロック解除の場合は注意です。難しくてわからない方はコメントで質問下さい。

 

ドコモ、au、ソフトバンクユーザーのアナタへ

 

SIMロック解除されていないスマホで国内3キャリアを使っているなら、価格がこなれてきた「海外定額プラン」が簡単でよいでしょう。ただしソフトバンクのみ2,980円/日とかなりの割高なので、その点は注意です。

あるいは旅行、出張が長めの方はレンタルWifiを考えてもよいでしょう。au、ドコモは980円 /日とは言え、国内で契約しているデータ量から消費されてしまうのです。日数と契約プランを天秤にかけて考えたいところです。

あるいは、これを気に「SIMフリースマホ + MVNO」デビューを考えても良いかも知れませんね。なんだかよくわからない方は息子さん、娘さんに聞きましょう。

 

ちょっともうこれ分かんねぇな、なアナタへ

  • 1. 携帯ショップのお姉さんに聞いてみる
  • 2. レンタルWIFIを使う

 

この記事は能書きタレ過ぎ。ややこし過ぎますよね。ワイはただ中国でも「いんたーねっつ」したいだけ。お気持ち分かります。

選択肢を2つ提案します。

その1:まずはドコモ、au、ソフトバンクなど、お使いの携帯会社のお店に行ってショップのお姉さんに聞いてみましょう。今使っているスマートフォンでも、少しの追加費用で中国でも変わらずネットが出来るかも知れません。

その2:レンタルWIFIを使えば中国でもネットが使えます。申込みが原則各社WEBサイトからとなりますが、フリーダイヤルで問い合わせるとお姉さんが優しく教えてくれるはずです。モバイルバッテリーが必要かも知れない点は注意が必要です。

 

 

1@1200x1200

コメント