台湾の空港でイミグレの行列をパスする裏ワザ!?

tep img

こちらの記事で台湾への入国カードオンライン申請を紹介しました。

最近の台北松山空港、台北桃園空港は飛行機の到着時間によっては、入国審査(イミグレ)がかなりの長蛇の列になってることも珍しくありません。

普通に並べば30分ほどかかる時もあります。

そこでもう一つ、台湾での入国審査時間を大幅に短縮できる、つまりイミグレの行列をパスする方法があります。

条件が、 “直近12ヶ月で3回台湾を訪問したことがある” という厳しめの条件なのですが、条件に当てはまる方には朗報です。

台湾スピーディーイミグレーションを申請してみる

その名も「スピーディーイミグレーションインスペクションサーティフィケートforフォリンフリークエントビジターズ」。長いですね。要は、頻繁に訪台してる外国人向けのイミグレ時短審査、という感じですね。

Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors

注意事項

ページに書かれている注意事項でポイントは下記です。

  • 申請条件は過去12ヶ月に3回台湾を訪問していること。
  • 証明書を印刷し、パスポート・到着カード*と一緒に入国審査時に提出。
  • 有効期間は1年間、本人のみ利用可能。
  • パスポート再発行したら再申請が必要。

*到着カードをオンライン申請した場合は不要です。

誰が申請できるの?

上にも書いた通り、“直近12ヶ月で3回台湾を訪問したことがある” という方に限り申請可能です。

申請方法

上記のリンク先に行き、一番下「Yes, I understand the content and requirement above, and want to apply.」をクリックで進みます。

次の画面で必要項目を入力していきます。

img2

迷いそうな項目は下記でしょうか。

  • Identity Card Number:パスポートNoでOKです。
  • Visa TypeVisa Exemptを選択
  • Visa NumberパスポートNoでOKです。
  • 4段目Hong Kong and Macau, ..:日本人は入力不要です。

最後に一番下の「Verify Code」の4桁の数字を入れてApplyをクリック。下記のようなPDFが表示されますので、保存しておきましょう。

SPDD

WEBサイトでいつでもPDFの表示が可能

一度申請が完了するとこちらのWEBサイトからいつでもPDFの表示が可能になります。
Retrieve and Print Previous Application.

空港での実際の流れ

証明書のPDFを印刷して持参するのを忘れないようにしましょう。

最悪、出発前に空港で忘れていることに気が付いた場合は出国前エリアであればまだ大丈夫です。空港のコンビニで、ネットワークプリントしましょう。そのためにもPDFはDropBoxなどに保存しておいた方が良いですね。

証明書は空港で回収されずに提示するだけ、1年間使用できますので、痛まないようにクリアファイルなどに入れておいた方が良いでしょう。

台湾の空港に着きました。

必要な物:証明書PDF+パスポート+入国カード(オンライン申請の場合は不要)

入国審査エリアに来ると、一般の方が並ぶレーンの一番奥側、あるいは手前側あたりに

「快速査驗通關」(Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors)

の表示があるカウンターがありますので、そちらに行きます。わからない場合は、プリントした査証を職員に見せると教えてもらえると思います。

あとは通常通りです。

桃園空港到着ロビーでは一番右奥の青枠で示したエリアになります。

2-2fb

台湾からの帰国時にも使えます

この証明書、台湾からの帰国時(出国時)にも使うことが出来るのです。

実はこちらの方がベネフィットが大きいかも知れません。最近は台湾の空港、とくに桃園空港は、中国人の観光客であふれかえっていることが多いです。

保安検査の列だけは並ばなければしょうがないのですが、その後のイミグレだけでもせめて時間短縮しましょう。

桃園空港出発ロビーでは左奥の赤枠のエリアになります。

2-3fb

注意事項

ページに書かれている注意事項でポイントは、

  • 申請条件は過去12ヶ月に3回台湾を訪問していること。
  • 証明書を印刷し、パスポート・到着カード*と一緒に入国審査時に提出。
  • 有効期間は1年間、本人のみ利用可能。
  • パスポート再発行したら再申請が必要。

*到着カードをオンライン申請した場合は不要です。

まとめ

条件がやや厳しめなものの、台湾へ年3回以上も訪れるようなリピーターの方には、かなり役立ちますので、ぜひ申請してみて下さい。