京鼎小館 台北地元の方にも愛される安定の小籠包

IMG_8230

観光客向けのお店が多い中、こちらの「京鼎小館(ジンディンシャオグァン)」は地元の方から愛される、庶民的な雰囲気のお店です。

名前からピンと来た人もいるかも知れませんが、あの有名店「京鼎樓」の姉妹店でもあります。と言うからには、味の方はもう保証されたようなものですね。

お昼や夜は、あっという間に地元の人で店内がいっぱいになりますが、回転は早いので予約は特に不要でしょう。

もちろん地元のからだけなく、やっぱり日本人にも人気店であることには違いありません。TV、雑誌で幾度も取り上げられています。

店頭には旅猿の写真が。

IMG_8231

スポンサーリンク

京鼎小館で小籠包

店舗詳細情報

住所 台北市敦化北路155巷13号
電話番号 +886-(2)2546-7711
営業時間 月~金: 10:30~14:00、17:00~21:00
土日: 9:30~14:30、17:00~21:00
休業日 旧正月
クレジットカード 不可 現金のみ
日本語 少し
日本語 Menu あり
ホームページ //jin-din-rou.net/shop_taiwanxiao.html
小籠包10個の価格 180元
その他 姉妹店 京鼎樓。日本にも店舗あり。

地図

メニュー

日本語のしっかりとした写真付きメニューがあるので、注文はしやすいでしょう。

また小籠包などの点心類はデフォルトが10個入りなのですが、全て半分の5個(半額)での注文も可能なのが嬉しいところ!

女性だけの旅行や、ひとり旅を楽しんでいる方には注文しやすいですね。

IMG_8207
IMG_8208
IMG_8209
IMG_8210
IMG_8211

京鼎小館、食べてみました。

店内は庶民的雰囲気です。

IMG_8215

箸入れのキャラクターが良い感じです。

IMG_8213

来ました。小籠包づくしです。ここから美味しさを伝えるために写真をちょっと大きめに。

IMG_8221

さて、今回頼んだのはまずは基本の小籠包、10個180元。

IMG_8216

蝦仁絲瓜小包 エビとヘチマの小籠包、5個120元。

IMG_8217

中はジューシーでエビさんとヘチマの姿が見えます。じゅるり・・。

IMG_8225

この店の売りでもある、緑の烏龍茶小籠包、5個110元。

IMG_8219

緑なのは川にお茶の葉っぱが入っているためらしいです。確かにお茶の香りが漂ってきます。熱々のうちに頂きましょう。

IMG_8222

この日の台北は非常に寒かったので、元盅土雞湯 (チキンスープ) 、190元。お肉も柔らかく安定の味ですね。けど他のお店に比べるとちょっと味が薄めかな。

IMG_8227

まとめ

一人ではこれだけ食べると結構お腹いっぱい、600元

小籠包を半分の5個入りで注文できるのが嬉しいポイントですね。また緑色のウーロン茶小籠包はこの店に来たら、是非頼みましょう!

台北の小籠包を制覇するためには、ここも外せないお店の一つと言って間違いないでしょう!