デルタスカイクラブ:国際線、国内線の利用者資格を整理、スカイチームエリートプラスの利用規定

IMG_8722

 

デルタ航空の自社ラウンジとして「デルタスカイクラブ」があります。

米国内の「デルタスカイクラブ」については、利用者資格が他のアライアンスに比べて制限されており、このルールを知らないと初めての場合は面食らうかも知れません。

利用者資格について整理を。

参考 デルタ航空:スカイクラブ所在地

 

 

デルタスカイクラブ:ゴールドメダリオンでのアクセス&利用規定

デルタ航空メダリオンとスカイチーム会員資格

まず前段として、デルタの会員資格「メダリオン」と、加盟しているアライアンス「スカイチーム」のステータスの紐付けは下記の通り。

デルタ航空
メダリオン会員
メンバー シルバー
silver
ゴールド
gold
プラチナ
platinum
ダイヤモンド
diamond
スカイチーム
ステータス
なし エリート エリートプラス エリートプラス エリートプラス

 

このゴールドメダリオン以上で付与される「エリートプラス」というのが、スターアライアンスで言うところの「ゴールド」、ワンワールドで言うところの「サファイア」に該当。

参考 デルタ航空:メダリオン会員資格について

 

 

スカイチームエリートプラス:国際線を含む必要あり

デルタ航空メダリオンゴールド以上、あるいは他社の会員資格でのスカイチームエリートプラス会員でも、米国内線フライトのみの場合は米国内の「デルタスカイクラブ」は利用が出来ません

利用できるのは下記のケースに当てはまる場合。

  • 国際線フライト
  • 国際線から米国内線へ乗継ぎ
  • 米国内線から国際線へ乗継ぎ

フライト:デルタ航空、あるいはスカイチーム加盟航空会社運航のフライト
同伴者:1名までOK

デルタ航空
メダリオン会員
シルバー
silver
ゴールド
gold
プラチナ
platinum
ダイヤモンド
diamond
スカイチーム
ステータス
エリート エリートプラス エリートプラス エリートプラス
国際線 v v v
国際線→米国内線 v v v
米国内線→国際線 v v v
米国内線のみ

 

乗継ぎ便がスカイチーム便以外の場合

ややこしいのが、乗継ぎフライトで前後のどちらかがスカイチーム運航便以外の場合。

注:スカイチーム・エリートプラスのご利用特典は、対象となるスカイチームのフライトに乗り継ぎをされない場合、到着空港ではなく、出発空港でのみ提供されます。スカイチーム・エリートプラスのご利用特典には、提携会社のビジネスラウンジのご利用は含まれません。他社ラウンジのご利用の詳細については、こちらをクリックしてください。

参考 デルタ航空:アクセス&規定

 

そのようなケースは限られそうですが、例えば下記のようなケース。

  • デルタ航空 → ヴァージンアトランティックの乗継ぎチケット

この場合は下記表では上段側のケースに当てはまるので、乗継ぎ空港でのデルタスカイクラブは利用できません。

デルタ航空
メダリオン会員
ゴールド
gold
プラチナ
platinum
ダイヤモンド
diamond
スカイチーム
ステータス
エリートプラス エリートプラス エリートプラス
デルタ* →
スカイチーム以外
出発空港
Sky Club
v v v
乗継空港
Sky Club
スカイチーム以外
→ デルタ*
出発空港
Sky Club
乗継空港
Sky Club
v v v
*デルタ以外のスカイチームフライトも含む

 

ただし、ヴァージンアトランティック航空に限っては一部フライト・空港に限りクラブハウスラウンジを利用することが可能です。

参考 ヴァージンアトランティック航空のクラブハウスラウンジは利用できますか?

 

国際線除外地域:グアム線利用時は注意

もう一つワナが。乗継ぎフライトでは国際線フライトが前後どちらかに含まれていればOK。のはずが、下記対象外となる地域がありまして。

  • カリブ、グアム、パラオ、サイパン発着便

日本からのフライトの場合グアム、サイパンが特に痛手。ということは成田 – グアム、パラオ、サイパン線の利用時はスカイクラブはエリートプラスでは利用不可となります。
(*サイパン、パラオ線は運休中)

デルタスカイクラブ:その他の利用方法

デルタスカイクラブはゴールドメダリオン、あるいは他社のエリートプラス資格以外でも利用する方法がたくさんあります。

 

デルタ・ワンあるいはスカイチームのプレミアム・キャビンを利用する

最近の米系エアラインは、それぞれ独自に搭乗クラスの名称を付けてしまい、ぱっと聞いただけではもう何がなんだか。デルタも例に漏れず下記のようなクラス分けです。

一般名称/ デルタ航空

搭乗クラス名称

国際線
(一部長距離国内線)
国内線
(一部国際線)
いわゆる
ファーストクラス
 いわゆる
ビジネスクラス
デルタ・ワンスイート*  ファーストクラス
 デルタ・ワン
 いわゆる
エコノミー・プラス
デルタ
プレミアムセレクト
いわゆる
エコノミー
 デルタ
コンフォートプラス
 デルタ
コンフォートプラス
 メインキャビン メインキャビン
ベーシックエコノミー ベーシックエコノミー
*現時点でA350-900のみ設定

この中で、スカイクラブが利用可能なのは、いわゆるビジネスクラスである「デルタ・ワン」「デルタ・ワンスイート」の利用者になります。

つまり、米国内線のビジネスクラスに該当する「ファーストクラス」利用者はスカイクラブは利用できません。ビジネスクラスなのにファーストクラス・・・。もはや混乱ここに極まれり。

ちなみにデルタでは本当の意味でのファーストクラスは設定されておりません。

参考 デルタ航空:搭乗クラス
参考 Seat Guru:Delta Planes and Seat Maps

 

国際線除外地域

そしてここにもワナがあり、一部の国際線は米国内線と同じ扱いになります。なので、上のクラスを予約してもファーストクラス扱いなのでスカイクラブは利用不可。対象地域は上と同じく、カリブとミクロネシア線が死亡です。

  • カリブ、グアム、パラオ、サイパン発着便

国際線乗継ぎ利用時の国内線でも利用可能

これもまた考え方は、ゴールドメダリオン・スカイチームエリートプラス会員と同じくとなりますが、デルタ・ワン利用の国際線への乗継便を前後に含む場合は、国内線利用時でもスカイクラブが利用可能です。

 

デルタ:ダイヤモンドメダリオン会員資格でチョイスベネフィットから選択

 

デルタ航空のマイレージ会員である「メダリオン」の一番上の会員資格『ダイヤモンド』になると、特典として「チョイスベネフィット」というものがもらえます。

デルタ航空
メダリオン会員
メンバー シルバー
silver
ゴールド
gold
プラチナ
platinum
ダイヤモンド
diamond
スカイチーム
ステータス
なし エリート エリートプラス エリートプラス エリートプラス

参考 デルタ航空:チョイスベネフィット

 

このチョイスベネフィットは、まぁカタログギフト形式と言いますか、特典が多数用意されており、その中から3つを選択することになります。

チョイスベネフィットの中で、スカイクラブに関するものは2種類。

会員種類 本人 同伴者 チョイスベネフィット利用数
デルタ スカイクラブ
:個人会員
無制限で利用可能 29ドル/人
(一回最大2人まで)
1つ
デルタ スカイクラブ
:エグゼクティブ会員
無制限で利用可能 同伴者2名まで無料 2つ

 

 

デルタスカイクラブ会員になる

上で触れましたが、デルタスカイクラブを利用できる会員プログラムも用意されています。会員種別は2種類。ちょっとお高め。いやだいぶお高め。これは米国市民でないと元が取れない感じ。

会員種類 本人 同伴者 会費
個人会員 無制限で利用可能 29ドル/人
(一回最大2人まで)
年会費:745ドル or
70,000マイル or
月々分割払い12回:65ドル
エグゼクティブ会員 無制限で利用可能 同伴者2名まで無料 年会費:495ドル or
47,000マイル or
月々分割払い12回:45ドル

 

提携会社ラウンジの利用

提携会社ラウンジというのはこの3社だけ。

  • エールフランス航空ラウンジ
  • KLMオランダ航空クラウンラウンジ
  • ヴァージンオーストラリア航空

でもって2019年からはこれらも利用不可となり、デルタスカイクラブのみの利用となる模様。

* 2019年1月01日以降、デルタ スカイクラブ会員のお客様が、ご利用当日のデルタ航空またはデルタ航空提携航空会社の発券済み航空券をお持ちの場合にご利用いただけるのはクラブのみとなります。提携航空会社のラウンジはご利用いただけなくなりますのでご了承ください。

 

 

アメックス・プラチナ、センチュリオン会員

アメックスの上級カードである「プラチナ」「センチュリオン」会員になると、デルタ航空フライト利用時に米国内を含む世界各地のデルタスカイクラブを利用可能になります。

アメックスのデルタの提携カードには「デルタ・ゴールド」もあり、こちらはゴールドメダリオン会員資格が付与されるので、スカイクラブにはゴールドメダリオンの利用規定が適用されます。

その点、アメックスプラチナ・センチュリオン会員はスカイチームエリートプラスの会員資格・特典は付与されませんが、スカイクラブの利用は可能となります。

 

デルタ・アメックス デルタ・アメックス
ゴールド
アメックス
プラチナ
アメックス
センチュリオン
アメックスデルタ アメックスデルタゴールド The-American-Express-Platinum-Card axp_cent_con237
年会費 12,000円 26,000円 130,000円 350,000円
メダリオン資格 ゴールド
デルタスカイクラブ ゴールドメダリオンでの利用規定 無制限 無制限

 

 

デルタリザーブクレジットカード会員

こちらは米国在住者向けのクレジットカードになるので、残念ながら日本人には縁が無さそう。

日本とは違い、アメックスのデルタ提携カードは全4種。その中で一番ハイグレードなのがこちらの「リザーブ」。リザーブカードの特典の一つにスカイクラブの無制限利用が含まれています。

 

Blue Delta SkyMiles Gold Delta SkyMiles Platinum Delta SkyMiles Delta Reserve
delta-blue delta-skymiles platinum-delta-skymiles delta-reserve
年会費 無料 *USD95
(初年度無料)
USD195 USD450

参考 Delta: Reserve Credit Card
参考 American Express: Delta: Reserve Credit Card

 

 

1回利用券を購入する

とは言っても、安くはないクレジットカード年会費をいきなり払うのもちょっと不安。エリートプラスになれるぐらいにフライトをこなすのも今のところ、難しそう。

という方には1回用の利用券を購入して、デルタスカイクラブを利用することが可能です。
参考 デルタ航空:デルタスカイクラブ1回利用券

 

購入場所:クラブのチェックインデスク
料金:59.00ドル

*利用券は、delta.comやチェックインに利用するセルフサービス・チェックイン機、Fly Delta アプリではご購入いただけません。
*デルタ スカイクラブのご入室および1回利用券の販売枚数には、ご利用人数の制限が適用されます。あらかじめご了承ください。
*デルタ航空運航便利用時のみ利用可能。

 

少々お値段はお高めですが、乗り継ぎ時間が長時間の場合や、どうしてもシャワーを浴びたい場合などは利用価値はあるかもですね。

IMG_8719

 

 

 

 

コメント