台湾入国カードは事前のオンライン提出が便利!

tpee

2015/7/1より台湾の空港で入国審査の際に必要な入国カードの提出が、オンラインでも可能になっています。

台湾のすべての空港、台北松山、台北桃園、高雄、台中で対応しているようです。

そこで今回の訪台で試してみました。

台湾オンライン入国審査の申し込み方法

こちらのページから必要事項を入力して、確認画面が下記のようになります。

台湾内政部移民署公式サイト

赤い文字で(非必填Optional)と書かれている項目は文字どおりオプションですので、入力不要です。わかりにくいのは下記ぐらいでしょうか。

  • Visa Type:Visa Exemptを選択
  • Entry Permit/Visa No.:パスポート番号を入力
  • Occupation:職員/EMPLOYEE/STAFF(会社員の場合)

入力後に「Confirm」のボタンを押すと、もう一度下に認証用の4桁の番号が出るので入力して「Apply」です。

f343b0e887d1544f63ad589fa24f05a51-680x649

すると「success!!」、伊藤英明ですね。

dd256c3a0f032170982134224940a00c-680x252

これで完了です。

確認メールも来ないので不安になりますが、この画面が出ればOKです。

いつまでに申請したらいいの?

到着までに申請すればOKです。

つまり出発前に空港から、あるいは台湾に到着後、桃園空港、松山空港でwifiをつかんで申請してもOKなんです。ただ国内にいる内に申請しておいた方が安心でしょう。

空港での流れ

さて台湾の空港に到着して、入国審査(イミグレ)のレーンに到着しました。

今回、飛行機内で配布される入国カードは書かずに、そのまま手桃園空港のイミグレに行きました。とくにオンライン申請済レーンみたいなものはありません。通常通り並ぶだけです。

担当官はアナタカードは?と聞いてきますので、オンラインで申告済であることを告げると(「applied by online」などで通じるでしょう)、PCでカチャカチャと調べてくれます。

で、クリアですね。

まとめ

今のところ、台湾への入国審査をオンライン申請する時間的なメリットは、そう特別にあるわけではなさそうなのですが、

機内で入国カードをCAさんから受け取り、手書きで入力する手間は省けるでしょう

けれどもう一つ、台湾での入国審査時間を大幅に短縮出来る方法があります。

条件が、 “直近12ヶ月で3回台湾を訪問したことがある” という厳しめの条件なのですが、条件に当てはまる方には朗報です。