阿宗麺線 若者の街、西門にある定番の麺線店

20149065881_013aea9fb5_c

この日の夕食は西門にあります「阿宗麺線」で頂くことにしました。

西門は若者向けの繁華街で、言わば台北の渋谷

ストリートパフォーマーも数多くおり、非常に活気があります。そんな西門の一角にある阿宗麺線は、台北でも人気店の一つで、回転は早いものの常に行列が出来ています。

麺線とは??

麺線とは、見た目がビーフンのような台湾独自の細い麺のことで、台湾の食文化を長く支えている定番の人気屋台料理の一つなのです!

阿宗麺線

店舗詳細情報

住所 台北市峨嵋街8號之1
電話番号 +886-(2)2388-8808
営業時間 平日11:00-22:30 / 日・祝11:00-23:00
休業日 年中無休
クレジットカード 不可 現金のみ
日本語 不可
日本語 Menu なし
ホームページ
価格 大65元、小50元
その他 士林店:台北市文林路101巷24号1F
忠孝店:台北市忠孝東路4段17巷2号

地図


場所は西門駅から徒歩3分、すぐそこです。

メニュー

メニューは大小の2サイズのみで、大が65台湾ドル、小が50台湾ドルです。

IMG_4374

私は大を頼むことにしました。注文をするとカウンター横の調理場で次々と作っていきます。

IMG_4375IMG_4376

その驚くべき手さばきで、次々とカップに注いでいきます。

阿宗麺線、食べてみました。

今回頼んだ「大」はカップラーメン2杯分ぐらいの量です。

非常に食べやすいものの、女性にはちょっと多いかも知れません。

IMG_4380

トッピングのパクチーがまた良く合います!

IMG_4382

お箸、フォークはなくスプーンで食べることになりますが、スプーンでも十分食べれます。お店にはテーブル席は無く、イス幾つかあるものの数は限られているので、

「基本は立って食べる」と思った方が良いです。

それがまたローカル感があって良いですね。

IMG_4383

日本人の口にもよく合う、鰹節がしっかり効いた味が絶妙で食べやすいです。

IMG_4378

まとめ

台湾では、夜市を初めてとして数多くの「麺線」店があるものの、台湾、台北を代表する麺線店といえば、やはりここ「阿宗麺線」。

食べてみれば、長く人気を保っていることも納得の味です。台北に来たら小籠包も良いのですが、こちらも是非訪れて欲しいお店の一つです!

名刺がありましたのでもらってきました。西門店以外にも支店があります。

21b243c21e479294715db0c7d972a3df

DeNaトラベルさん台北モニター旅行 記事一覧

コメント