阜杭豆漿 朝から行列の人気店で台北の朝食を食べる。

IMG_3948

今回は台北の朝食を食べるため、地元の人気店「阜杭豆漿」(フーハン・ドゥジャン)を訪れてみました。

朝から地元の方で行列が出来ているという情報でしたが、本当かなと思っていたのですが本当に行列が出来ていました。

阜杭豆漿

店舗詳細

住所 台北市忠孝東路一段108号2F
電話番号 +886-(2)2392-2175
営業時間 5:30~12:30頃まで
休業日 毎週月曜、旧正月
クレジットカード 不可 現金のみ
日本語 不可
日本語 Menu なし
ホームページ
価格 1人300円ほど
その他

地図

場所は「善導寺駅」から徒歩3分、すぐそこです。

お店

お店がビルの2階に位置しているため、外の行列からお店にたどり着くまで非常に長い行列となります。

私はややゆっくり目の朝10時頃に着いたのですが、20分以上は並びました。土日であればもっと並ぶかも知れません。とにかく地元の人でいっぱい・・。

IMG_3933

行列に並んでいると、同じフロアのお菓子屋さんが試食品を宣伝しに来ます。一つ頂いてみました。美味しかったです。

IMG_3956 IMG_0837

階段の行列を抜けて、ようやく2階のお店へ。

IMG_3934

店内はフードコートのようになっており、カウンターで順に注文をしていきます。

IMG_3935IMG_3938

メニュー

厨房の中ではおばさんたちが非常に忙しく注文をこなしています。

口頭での注文になるため、私はiPhoneのメモ帳に書いてそれを見せるという方法で注文しました。紙に書いて見せてもいいと思います。テイクアウトも可能なので、

  • 内用(店内)
  • 外帯(テイクアウト)

ということも示してあげた方がわかりやすいでしょう。今回は

  • 鹹豆漿(シェントゥジャン):30元
  • 蛋餅 (ダンピン) :28元

の定番の2品を注文。支払いは現金のみ、ローカル価格で非常に安いです。

IMG_3941

阜杭豆漿、食べてみました。

IMG_3944

まずは蛋餅(ダンピン)

甘くないクレープのような生地卵焼きを一緒にしたもので、こちらも台湾の朝御飯の定番です。非常にやさしい味で、朝食の定番になるのがわかります。

IMG_3945IMG_3946

続いて鹹豆漿(シェントゥジャン)。

こちらは豆乳ベースの茶碗蒸しのようなもので、豆乳味と聞くと一瞬??となるのですが、非常にマイルドでやさしい茶碗蒸しのような感じで食べやすいです!

少しクセになりそうですね!あの高田純次が毎日でも食べたいと言ったとか!?

IMG_3950

IMG_3954

まとめ

地元の人が足繁く通うお店なので、よっぽどの早朝から行かない限りは行列は避けられないお店です。また土日は余計に混むこと必須です。

ただ客の回転も早いので「阜杭豆漿」に行く日は少し早起きを頑張って行きましょう。

台湾の地元の朝食を味わってみたいという場合は、こちらのお店が是非オススメです!営業が午前中までということなのでご注意を。

DeNaトラベルさん台北モニター旅行 記事一覧

IMG_3955