台北旅行に便利な遠傳電信アプリの設定とチャージの方法

IMG_4393B

前回の記事で遠傳電信のプリペイド SIMの買い方と使用するまでの設定を紹介しました。

今回は遠傳電信のアプリの設定と、チャージの方法を紹介します。英語モードが無く、全て台湾語の仕様のため最初は苦労しましたが、どうにか使えるようになりました。

DeNaトラベルさん台北モニター旅行 記事一覧

遠傳電信のアプリ

当ブログでアプリを紹介する際は、いつもiPhoneアプリばかりですが、アンドロイドユーザーの方も当然いますよね。。ご容赦下さい。

とりあえず、まずはアプリをインストールして下さい。

遠傳行動客服 App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
デベロッパ名: Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.

ログイン

アプリを立ち上げるとこのような画面になります。左上のメニューから「登入・・」に進みます。

IMG_0875 IMG_1201-281x500

次にログインを行います。ログインにはSIMの電話番号パスワードが必要になります。パスワードは使用手続きが完了した時点で何通か送られてくるSMSの中にあります。

【遠傳網路會員帳號開通通知】

您的會員帳號0903xxxx13密碼2d5xxx;為了讓您可簡單且快速瞭解遠傳電信所提供之服務,請立即前往新手上路瀏覽介紹 http://fetnet.tw/w7f9EK (以上連結傳輸另計)

このようなSMSです。「您的會員帳號」が電話番号、「密碼」の6桁がパスワードになります。

上の欄に電話番号、下の欄にパスワードを入力します。右下の「自動保持登入30天」ON、OFFは30日自動ログインの設定のようですので、ONで良いかと思います。入力後に「確認」をクリックです。

IMG_1202-281x500 IMG_1204B1-281x500

そうすると現在の残高が表示されます。更に残高下の左「更多明細・・」をクリックすると詳細が表示されます(下記右図)。上からこのような感じです。

  • 電話番号
  • SIMの有効期限
  • 残高
  • データ通信残量(下記ではゼロ)

IMG_0876 IMG_0878

クレジットカードでチャージ

さてこの時点で使用可能残高が190元で、購入したかったのが300元のプランだったため、先に残高のチャージをする必要がありました。

ログイン後のトップ画面か、先の明細画面の「我要儲値」ボタンでチャージ画面に進めます。そうするとこのような画面になります。上からこのような感じです。入力し終えたら一番下の「下一歩」で進みます。

  • 電話番号
  • チャージ金額(300、500、1000台湾ドルを選択)
  • 現在の残高
  • 仕様するクレジットカード番号(JCB、Amex、Dinersはダメ?)
  • クレジットカードの有効期限(mm/yy)
  • クレジットカードの認識番号(裏面3桁)
  • メールアドレス(領収書送付用?)

IMG_0884 IMG_1251-281x500

すると、下記の最終確認っぽい画面になるのですが、表示される文章の意味がどうしても分からず先へ進めません・・。ここは、ホテルの受付の方が日本語ベラベラだったことを思い出して助けてもらいました。感謝です。

確認のために契約時の名前を入力して下さいというような意味らしく、名前を入力したらOKでした。

私の記憶違いで、これはSIM購入時のパスポートNoを入力すればOKでした。

IMG_0888

すると、完了通知画面となり300元が追加されたことがわかります。トップ画面では残高が増えています。またSMSの通知も来ます。

IMG_0885 IMG_0886

データプランの追加購入

さてこれでやっとデータプラン追加購入が出来るようになりました。明細画面から左下の「上網加購」をクリックして進みます。

IMG_0887

そうすると、追加可能なプラン3つが表示されます。プランについては前記事を参照下さい。

http://5star-traveler.com/2015/07/10/fareastone-sim

IMG_0880

今回は300元、2.2GBのプランとしました。チェックを入れ、下の「確認送出」で進みます。するともう一度確認画面が出てきますので、「確認」で進みます。

IMG_0881 IMG_0882

ここでも本人確認のためのパスポートNoの入力を求められます。入力して「確認」でOKです。(下の画像は4桁ですが、実際は9桁入れてください)

IMG_0325-281x500

完了後は明細画面で使用可能データ通信残量が増えているはずです。また残高が300元減っているはずです。(画面の写真が無くてゴメンなさい!)

一度手順を覚えてしまえば次からは簡単な上、既にSIMカードをお持ちの方はWI-FI回線で日本からでもチャージは可能です。

またチャージの他にもカバレッジエリアを見れたり、パスワードの変更をしたりと、他にも便利な機能がいくつかありますので、遠傳電信のSIMを使用している方は是非アプリも使用することをオススメします!

コメント

  1. HGM より:

    初めまして。パスワードがどうしても判らず、アプリの使用をあきらめていたのですが、偶然こちらを発見。古いスマホのSMSを見たらこちらで紹介されている通りのSMSが来ていました。

    遠伝ショップに何度も行って、パスワードがわからなくなったと行っても上手く通じないし、777に電話をして英語オペレータに聞いても上手く行かない(リセットに必要な身分証番号に日本のパスポート番号を入れると撥ねられるのです。最初の英文字2字を番号ではないと判断している感じです)、しょうがないので毎回次回訪台用のリチャージカードを買ってました。

    WEBでもアカウントを作れたのですが、この密碼が無いと號碼にチャージできないのです。
    いつもtaiwan mobileに乗り換えてやる!と思いつつも時間がなくてfareastを使い続けて3年、とうとうオンラインチャージできると思うと感無量です。

    さっそくチャージしてみたのですが、登記者身分証字號の画面は立ち上がってこないで、そのままチャージ成功になりました。
    これは身分証の番号なので、撥ねられたら嫌だな~と思っていたのですが上手くいって良かったです。

    有益な情報ありがとうございます。朝からとてもうれしいです。
    ご報告まで。

    • 5star より:

      ブログをご覧いただきありがとうございます。少しでもお役に立てたようでしたら幸いです。こちらのアプリ、使えると確かに便利なのですが、English表記が無いというのが致命的ですね。台湾は海外からの観光客も多いでしょうから、ここはFarEast頑張ってもらいたいところです。

  2. HGM より:

    そうですね~。どこの会社もSIMを維持することはあまり念頭になく、外国人がこのようなアプリを使うことも考えてないようですね。

    ところで、リチャージカードは300NTDのカードには50NTDのボーナスがついていて、さらに大体280NTD前後で売られていますが、ネット経由では額面どおりですね。
    6ヶ月以上訪台期間が開いてしまった場合にWEB経由でチャージするのが一番お得な使い方だと思いました。

    • 5star より:

      >リチャージカードは300NTDのカードには50NTDのボーナスがついていて、さらに大体280NTD前後で売られていますが
      それは知らなかったです!ということは、訪台の頻度が高い場合はカード現物を買った方が少しお得そうですね。次回またチャンスがあればチャレンジしてみます。

  3. September より:

    はじめまして!

    すでに数年間、FETのプリペイドSIMカードを使用し、いつもリチャージカードを買って手動で(笑)チャージしていたんですが、アプリは便利ですね。
    そうそう、リチャージカード、台北地下街のインドネシア他の製品を扱っているお店で安く購入できます。
    SIMカードの寿命をのばしたいときなど、早速インストールしたアプリを使おうと思います。それから、データパックの購入も。
    詳しい情報、ありがとうございました!

    • taiwan より:

      コメントどうもです。地下街のお店というのは知りませんでした。そのようなお店があるのですね!また機会があれば探してみたいと思います!