トランスアジア航空 GE605便 NRT – TPE(成田ー台北)

スクリーンショット 2016-01-27 15.15.19

今回は初めてのトランスアジア航空への搭乗となりましたので色々とレポートしてみます。

復興航空はセール時には台湾まで総額16,000円ほどのチケットが出ていることもあるので、要チェックですね。

TransAsia Airways

今では台北桃園空港と日本の数多くの空港をつないでいます。

トランスアジア航空 オンラインチェックイン

トランスアジア航空はアプリがあるのですが、残念ながら中国語表記のみで少し使いづらいです。

復興航空 App
カテゴリ: 旅行
価格: 無料
デベロッパ名: TransAsia Airways

あんとかアプリで事前チェックインと、座席指定をしようと思ったのですが、どうしてもEチケット番号(13桁)、予約番号(N、Mから始まる5桁)ともにはねられてしまい、オンラインチェックインが出来ませんでした。

WEBページからも同様に試みましたが、やはりダメで「問い合わせ下さい」と出るので、思い切って東京のコールセンターに電話をしてみたのですが、WEBチェックインは出来ないとの返答でした。

座席指定

ただ通常であれば100日前から24時間前まで、トップ画像にある通りwebサイトで座席指定は出来そうです。まとめると、

  • 事前のオンラインチェックインは出来ない。
  • 座席指定のみ24時間前まで出来る。(ただしトランスアジア航空で直接チケットを購入し、NかMから始まる5桁の予約番号がある場合に限る)

ということのようです。

トランスアジア航空GE605便 NRT- TPE

オンラインチェックインを諦めて、チェックインは普通に成田のカウンターで行いました。短期日程でしたので荷物はいつも通りリュック一つです。

カウンターは成田空港 第2ターミナル B、Jカウンター

トランスアジア航空は成田空港では第2ターミナルになります。駅で言うと「空港第2ビル駅」ですね。

成田空港トランスアジア航空

スクリーンショット 2016-01-25 19.36.53

カウンターはB、あるいはJカウンターになります。私のフライトGE605便ではJカウンターでした。

IMG_4183

出国審査は自動化ゲートでスムーズにパスです。
パスポートの自動化ゲート登録は絶対すべし!空港のイミグレ行列ともこれでおさらば!

トランスアジア航空はアライアンス未加盟なので、成田空港では出国後エリアで使用出来るラウンジが無いのですが、成田空港は今やエアラインのラウンジがなくても待ち時間をかなり快適に過ごせるようになっています。

成田第2ターミナルの待合いスペース「NARITA SKY LOUNGE 和」が快適過ぎる

ほぼ定刻通りでした。

IMG_4227

トランスアジア航空は保有機材として他にA330も保有しているようですが、この路線はA320です。*機材更新され現在はA330での運用となっています。

ビジネスクラスもあり2クラス運用となっていますが、今回は利用者がいないようでした。搭乗率としては80%程だったでしょうか。座席にモニターはありません。またイヤホンが簡素なインナーイヤー式で珍しく感じました。

GE605便
NRT 13:20 – TPE 16:30
レジ番 :B-22311
座席番号:8C

座席の並びは3-3ですね。A330座席表A320座席

IMG_4232

IMG_4231

トランスアジア航空 機内食

他のエアラインの機内食と比べると、メインの他はデザートのロールケーキとスナックのみなので、1〜2品少ないでしょうか。

こちらの機内食案内ページの内容と少々異なるような・・。

IMG_4235IMG_4236

フルサービスキャリアと謳いながらも、少しづつ上手にコストカットをしているという印象です。これで他のキャリアよりは価格を抑えていますので、住み分けということでこれはこれで良いと思います。

さて、今回は先週7月1日より始まったばかりの台湾入国事前オンライン申請を早速試してみました。はたしてうまく運用されているか気になるところです。

参考記事
2015/7/1より台湾入国カード提出がオンラインでも可能に!イミグレの短縮なるか!?

続く。

DeNaトラベルさん台北モニター旅行 記事一覧