nanacoへクレジットカードチャージ10万円の方法をおさらい

nanacoへクレジットカードチャージ10万円の方法をおさらい

nanacoでは通常チャージ金額の限度額が5万円までとなっています。カード裏にもそのように注意書きが書かれていますね。

IMG_2568

しかし、税金の支払い通知書によっては10万円を超す場合もありますよね。事実、今回私の住民税の支払いが10万円を超過しています。

そこで、ある方法を使えば1枚のnanacoに10万円までチャージを行うことが可能になります。注意したいのは、必ず2日かかることです。日数には十分余裕を持って準備をしましょう。

http://5star-traveler.com/2015/02/04/post-278/
http://5star-traveler.com/2015/02/06/post-295/

スポンサーリンク

nanacoクレカチャージ、税金コンビニ払いのルール

まずはnanacoへクレジットカードでチャージする場合のルールの確認です。

  1. 1回のチャージ金額は最低5,000円〜最大29,000円まで。
  2. チャージ回数は3回/日まで。
  3. チャージ限度額は5万円まで。
  4. 1枚のクレジットカードにつき1枚のnanacoへ紐付けが出来る。
  5. 初めてのクレジットカード登録(チャージのための事前登録)はnanaco取得後、10日後の朝6時以降。
  6. クレジットカードとnanacoの紐付け変更を行った場合、チャージ可能になるのは翌日朝6時以降。
  7. 1度にnanacoで支払えるのは25万円まで。(5回まで)
  8. セブンイレブンで支払える税金支払い通知書は30万円まで。(30万円を超えるとバーコードが付かないため)

このような制約があります。7.と8.は支払いに関するルールとなります。

nanacoへ10万円チャージの方法

さて実際の10万円チャージの方法です。もちろん、現金ではなくポイントがたまるクレジットカードでのチャージしましょう。

通常の手順で5万円チャージ(1回目29,000円チャージ、2回目21,000円チャージ。)

これでルール3.の通り一旦は上限の5万円に達します。また29,000円と21,000円に分かれてしまうのはルール1.の制約を受けるためです。

セブンイレブンに行き、ATMでnanacoの残高確認。

少し面倒ですが、走って行って運動でもしましょう。この残高確認を行うことで、先ほどの5万円が「センター預かり」から「カード残高」へ移行します。

セブンイレブンのATMには画面右側にnanaco用のカードリーダーがありますのでそちらにカードをかざして残高確認を行います。
IMG_0357 IMG_0358

さて、ここで「センター預かり」「カード残高」という言葉が出てきます。これはそれぞれ別にストックを持てる引出しのような概念で捉えると理解しやすいです。
この2つを駆使することで10万円チャージが可能となります。 5万円のチャージはまず「センター預かり」へ入ることになります。

  • センター預かり:50,000円
  • カード残高  :0円

そして、残高確認を実施することによって

  • センター預かり:0円
  • カード残高  :50,000円

カード残高に移行します。なので、センター預かりがこの時点で再び0円の状態に戻りますので、もう一度チャージを繰り返します。

3回目29,000円チャージ。

さて、ここで上記のルール2.を思い出してください。チャージは1日3回までです。これで3回使い切りました。これが最初に2日かかると述べた理由です。次の日まで寝ましょう。

翌日に21,000円チャージ。(合計50,000円)

これで下記のような状態になります。

・センター預かり:50,000円
・カード残高  :50,000円

1枚のnanacoで持てる上限値100,000円で、満タンです。さぁいよいよセブンイレブンへと向かいましょう。

レジでnanacoで支払うことを告げ、5万円支払う。

一旦、5万円の支払いがされます(1回目支払)。ここで恐らく店員さんから「残額は現金で支払いますか」と聞かれます。

店員さんに「残高確認で5万円移して下さい」とお願いし、更に5万円支払う。

残高確認をすることで追加の5万円もカード残高に移り、支払いが可能となります。支払額が10万円を超過している場合は、2枚目のnanacoを使用するか、少額であれば現金でもいいでしょう。

複数枚のnanacoを使用する場合は、注意したいのがルール7.「1度にnanacoで支払えるのは5回まで(25万円まで)。」ということです。これは1回のカード残額5万円ごとに支払いを1回行うことになるので、5万円x5回=25万円ということです。

25万円を超える支払通知書の場合、方法は2つ考えられます。
・残額はおとなしく現金支払い
・支払通知書を25万円以内になるように複数枚に分けてもらう。
(あるいは1枚のnanacoで支払いを行う場合は、10万円以内に)

この2パターンになるかと思います。後者の支払通知書の分割は市役所によっては対応不可の場合もあるかも知れませんのであしからず。

最後にまとめです。

  1. 通常の手順で5万円チャージ。(
  2. セブンイレブンに行き、ATMでnanacoの残高確認。
  3. 3回目29,000円チャージ。
  4. 翌日に21,000円チャージ。
  5. レジでnanacoで支払うことを告げ、5万円支払う。
  6. 店員さんに「残高確認で5万円移して下さい」とお願いし、更に5万円支払う。

書きながら思いましたが、10万円以上の支払いの場合で、10万支払ったところで、一旦待ってもらい、その場でスマホからクレカチャージを行うことは可能なのでしょうか。人の少ない平日の時間帯を選んで次回試してみたいと思います。

そもそもまだnanacoを持っていない方、今ならnanacoカードと一体となったセブンカードプラスの発行で最大2,000nanacoポイント(ANA1,000マイル)が貰えるキャンペーン中です。