オープンジョー、ストップオーバーは改悪!ANA国際線特典航空券の新利用条件まとめ

ANAは2015年4月12日以降の発券分について国際線特典航空券利用条件を変更することを昨年末に発表しましたが、このほど条件詳細について追加で発表されましたので、現ルールと対比でまとめてみます。

個人的にはトータルで改悪かなぁ・・と感じています。

最新ANA関連記事一覧はこちら

ANA国際線特典航空券 新ルール(2015/4/12〜)

主だったものを表でまとめてみました。

青字=改良点、赤字=改悪点

諸条件 旧(〜2015/4/11) 新(2015/4/12〜)
必要マイル数基準 距離制 ゾーン制
提携航空会社マイル数 距離制 ANA Rシーズンと同マイル数
片道発券 不可 不可
予約開始日 355日前 355日前
有効期限 1年 1年
シーズンを跨ぐ旅程 上位シーズンを往復に適用 片道づつ計算
クラス混在の予約 上位クラスを全てに適用 片道づつで上位クラスを適用 *1
国内線乗継ぎ 必要マイル数を加算 2回まで可・マイル加算無し
遠回りの経由地 制限なし  不可(乗換え不可ゾーン指定有)
国を跨ぐオープンジョー 同ゾーン内であれば可
異なる場合は片道づつ計算
ANA便ストップオーバー 目的地含め全旅程で3回まで 海外発1回国内発不可
提携会社ストップオーバー 目的地含め全旅程で4回まで 往路・復路いずれかで1回
ANA便乗換回数(レグ数) 最大8区間
(日本国内区間は4区間まで)
日本国内で往路・復路各2区間まで
提携会社乗換回数(レグ数) 最大12区間
(日本国内区間は4区間まで)
日本国内で往路・復路 各2回まで
更に日本以外で往路・復路 各2区間まで

ANA国際線新ゾーン制マイルチャート
提携航空会社新ゾーン制マイルチャート  *こちらのチャートは古くなっています。

クラス混在での予約

*1 分かりづらいとの声をいただきましのたで追記します。

例:NRT-BKK-SINの往復で下記のように予約するとします。

ANA

この場合、必要マイル数は下記のようになります。

  • 往路:エコノミー+ビジネス →ビジネスのマイル数を適用
  • 復路:ビジネス+ファースト →ファーストのマイル数を適用

まとめ

さていかがでしょうか。

国内乗継ぎや、欧州内乗継ぎ等細かいのは色々あるのですが、主だったものは上記の表のとおりです。ANAマイルで取る他社特典航空券の売りは最大12レグ、ストップオーバー4回だと思っていましたので、これがいきなり制限されるのが一番残念でたまりません。

少ない改良点である国内線乗継ぎも、都心組はメリットを享受出来るシチュエーションは限られています。ほぼ無いと言ってよいです。よほど成田・羽田発の便が埋まっていて名古屋や関空発にしたいような場合ぐらいでしょうが、あまりないでしょう。

詳しくチャート比較をしていませんが、ぱっと見でお得になるのは

  • スカンジナビア航空 欧州往復
    60,000マイル → 55,000マイル(サーチャージ無)
  • エアカナダ カナダ往復
    60,000マイル → 50,000マイル(サーチャージ無)
  • エアカナダ カナダ経由アメリカ往復
    65,000マイル → 50,000マイル(サーチャージ無)

などでしょうか。どちみち欧州周遊、アメリカ周遊などはあまり出来なくなりました。他私が気づいていない点、間違いがあればお知らせいただければ幸いです。

4月からのANAとJALのサーチャージまとめ。値下げでも実は改悪!?

ANAマイル特典航空券でサーチャージ不要のエアラインとは