エティハド航空のアプリでチェクイン、モバイルボーディングパスの発行まで

エティハド航空のアプリでチェクイン、モバイルボーディングパスの発行まで

Etihad_Airways_-_Book_flights_and_holidays

エティハド航空のアプリを使って、チェックインからモバイルボーディングパスの発行まで行ってみましたので紹介です。

私は、アプリを使えるエアラインは出来るだけアプリを使用する、ペーパーレスを推進する、という方針です。片手にあるiPhoneだけでチケットの購入から搭乗まで完了させることができれば、この上なしですね。

スポンサーリンク

エティハド航空アプリでチェックイン

まずはアプリのダウンロードから。

app-store-logo-mobile-app google-play-logo-mobile-app

アプリを立ち上げるとこのような画面に。

エティハド航空のWEBサイトで予約の際に、会員(エティハドゲスト)としてログインして予約していれば、自動的に予約内容が表示されているはずです。

ログインせずに予約(私の場合はこれ)、あるいは他の旅行会社、代理店などから購入した場合は「ADD BOOKING」をクリックします。

ey-00

予約番号の確認方法

上段に予約番号(英字6桁)、下段に苗字を入れて、Continueをクリック。

予約番号はETIHAD航空から直接購入した場合は、予約完了時メールに記載があります。HIS、JTBなどの団体ツアーの場合は予約番号が表示されていても利用できない場合もあるかも知れません。

ey-01

登録が完了すると、予約内容が表示されます。

ey-01b

オンラインチェックインはいつから?

チェックイン可能な状態(フライト24時間前)になるとアプリ上に「Check-in and Boarding Pass」という表示がされます。そのボタンをクリックして進みます。

ey-1

チェックインしたい人を選んで(この画面では一人だけ)ボタンを移動、Continueで進みます。

ey-2b

次の画面では誕生日や、パスポート番号などの情報を入力します。右上のカメラボタンからパスポートの自動読み取りも可能です。この辺はユナイテッド航空と同じくですね。

ey-2   ey-3

次の画面では危険物持ち込み禁止の承諾、進みます。

ey-4

座席指定の方法

予約時に座席指定をしていた方は、その時に選んだ座席が、まだ選んでいなかった人はここで選びます。またここで変更することも可能です。選び終わったら下の「Complete Check-in」で進みます。

ey-5 ey-6

エラー!!

ey-7 ey-8

成田ーエティハド便(EY871)については正常に完了していました。

今回の予約ではアブダビから更に乗り継ぎ便があったのですが、その便がJetairways運航のコードシェア便だったために、その便だけ座席指定とチェックインがうまく行かなかったようです。

完了後は旅程を確認することも可能です。

ey-9 ey-10

Apple wallet(旧Pass Book)

Apple wallet(旧のPassBook)、いわゆるモバイルボーディングパスの発行も可能です。

上のチェックイン完了時の画面から「Add to Apple wallet」のボタンを押せば完了です。ただし自社運航便だけ、また区間によっては出来ない場合もあるかも知れません。

ey-11

ちなみに私はAndroidには触ったことがほぼないので、ボーディングパスが同様に発行可能なのかよく分かりません。


機内wifi

ちなみにフライト中、機内Wifiもあったのですが少し高いですかね。

  • 2時間:11.95USD
  • 4時間:17.95USD
  • 無制限:21.95USD

IMG_4672 IMG_4673

IMG_4674 IMG_4675