ECナビからMUFGプラチナ・アメックス発行で54,000円(あるいはANA48,600マイル)の還元

ECナビからMUFGプラチナ・アメックス発行で54,000円(あるいはANA48,600マイル)の還元

MUFGプラチナ

*追記:その後、減額→復活→削除、と言う流れを経て現在のところ案件停止となっているようです。

さて、ポイントサイトで久々に大型案件が来ましたので紹介します。

既に一部の方の間で話題となっているようですが、ポイントサイトの「ECナビ」でMUFGカード・プラチナアメックス発行54,000ポイント(54,000円相当)の還元です。

ただし、カードの年会費が20,000円なのでそこは忘れないようにしましょう。年会費を払ってもペイできますが、マイル派は注意ですね。

カードについての紹介は別記事にて詳しく紹介しているののでこちらをどうぞ。一番の売りは何と言ってもプライオリティパスが家族カード会員でも無料発行可能というところですね。

参照 プライオリティパスはMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードでお得に手に入れる

ECナビでの案件の探し方

まだECナビの登録を済ましていない人は、まずは登録をします。

画面中央の検索窓から「サービス検索」タブを選択した上で、MUFGプラチナと入力して検索をクリック。

ec-1

表示されるのは1件だけなので、クリック。

ec-2

案件詳細が表示されるので、カードのバナーか、下の大きなポイントGETはこちら!ボタンをクリックでカードの申し込みサイトに飛びます。

ec-3

ECナビのポイントの交換方法

ECナビのポイントは銀行口座へそのまま現金で出金することは出来ません。そこには注意です。

交換先としてはPex、amazonギフト券、iTunesギフト券となります。ここは素直に定番の「Pex」一択で良いでしょう。

交換は3,000ポイントごとで、レートは3,000=3,000なのでそのまま移行ですね。

ec-4

現金派:54,000円

今回の案件だけでひとまず交換するとなると540,000ポイントなので、Pexでも540,000ポイントそのままとなります。

Pexから銀行へは5,000ポイント=500円となるので、54,000円相当ですね。ただ交換手数料が500Pだけかかりますが50円相当なので、実質無視して良いでしょう(残53,950円)。交換単位も500ポイント単位なので安心です。

ただし年会費が21,600円(税込)なので、それを引くと残るのは32,400円ですね。そこは注意です。

ec-5

ANAマイル派:48,600マイル

ANAマイル派の方はTo Meメトロポイントへ移行し、そこからANAマイル。54,000ポイントからの9割となりますので、48,600マイルですね。言うまでもなくTo Me ANAカードは必須です

あと、ポイントを丸々全てTo Meメトロポイントへ移行すると、カードの年会費は別で支払うことになります。なので年会費分だけは現金で出金して、残りをマイルへ交換、という方法もありでしょうか。

ec-6

まとめ

通常期間と桁が一つ違うので、誤植かなと思ったのですが、他のポイントサイトでも22,000円還元となっているところもあるので、ボーナス設定期間?なのかも知れません。気になる方は消えない内にどうぞ。

ただし自己責任にて。