インド、ビザの事前申請が実質不要に。日本人を対象にビザオンアライバル制度を再開、ただし対象は6空港!

インド、ビザの事前申請が実質不要に。日本人を対象にビザオンアライバル制度を再開、ただし対象は6空港!

sadhu-1166066_1280

日本人に取ってのビザ必要2大大国と言えばブラジルとインド

そのインドが、2016年3月1日から日本人を対象にVisa on Arrival制度を再開したようです。つまり事前のビザ申請が不要となったことから、実質的にはビザが不要になったのと変わらないような運用となりました。

ちなみに当方、インドには行ったことがありません。

参照 インド大使館 Visa on Arrival for Japanese Nationals
参照 JAL インド観光ビザ申請方法の変更について
参照 ANA インドの到着時ビザ申請方法について

スポンサーリンク

インド到着時ビザの注意点、ポイント

  • 入国目的がビジネス観光、会議への出席や医療目的で、滞在期間が30日を越えない事
  • 一回の入国につき最長30日の滞在が許可されます。
  • 対象はデリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、バンガロール、ハイデラバードの6空港のみ
  • 費用は一人当たり(子供含む)2000ルピー(約3,340円)。支払いは同価値の外貨でも可能

到着時ビザの申請方法

  • まず、申請書(Annexure I)をプリントアウトし、記入します。申請用紙はインド行きの飛行機内でも入手可能です。到着時ビザ申請書(VOA Application Form)と入国カード(Disembarkation Card)をもれなく記入し、携帯してください。
  • 記入した申請書用紙を持って、ビザカウンター(Visa Counter)へ行きます。ビザ発給担当官が、申請書に記入された発給資格や入国目的を精査します。その後、パスポート情報の読み取りを行い、申請書の内容をビザ申請システムに入力します。
  • ビザ発給担当官による審査が済むと、申請書用紙に”SCRUNTINIZED”のスタンプが押されます。スタンプが押されたら、ビザ発給費用の支払いに進みます。
  • 支払いが済んだら、移民カウンター(Immigration Counter)へ移動し、生体認証情報の登録と支払い情報の認証・登録を行います。
  • 情報登録が済み、費用の支払いが確認されると、パスポートにビザが押され、入国カードは回収されます。

大使館がオフィシャルに発表しているので、現地でひっくり返される事はないと思いますが、自己責任にてお願いします。