デルタのニッポン500マイルキャンペーン ①PDFに半券貼付けまでAcrobat Readerだけで無料で完了させる。

デルタのニッポン500マイルキャンペーン ①PDFに半券貼付けまでAcrobat Readerだけで無料で完了させる。

スクリーンショット 2015-12-09 08.12.33

デルタ航空では「ニッポン500 マイル・キャンペーン」と銘打って、すべての日本国内線を対象に1フライトにつき500スカイマイルをもらえるキャンペーンを実施しています。

対象の航空会社、路線、クラスは問わずということで、JAL、ANA、LCC・・etcなんでも良いとのことで、申請を忘れずにしておきたいところです。

・旅行期間
2015年4月1日~2016年3月31日

・最大獲得数
メダリオン会員:最大40フライト分(20,000ボーナスマイル)
一般会員:     最大10フライト分(5,000ボーナスマイル)

・諸注意

  • 申請は 搭乗日から2ヵ月以内まで
  • ボーナスマイルは加算申請フォーム受領後、6週間から8週間後に加算

ただ一つ面倒なのが申請がFAXのみになります。今時FAXとか・・マジすか。自宅に固定電話すら置かなくなってきている中、FAXとか持っている人の方が少ないのでは。

コンビニから送信できるのですが有料(50円)ですし、お金かけるのもちょっとなんだか・・、ということで無料で完了させることにしました。

長いので記事を2つに分けました。続編はこちら。
デルタのニッポン500マイルキャンペーン ②PCから無料でFAXを送信できる「Hello FAX」

スポンサーリンク

申請書のPDFもPCで完成させる

まずはFAX送信の前に申請書ですね。PDFです。

ニッポン500ボーナスマイルキャンペーンマイル加算申請フォーム

で、この申請書をプリントして手で書いて、半券を貼っているようじゃ本末転倒。全てをPCで完了させることに意義があるので。

PDFって今はフリーの「Acrobat Reader」でかなり編集が出来るようになっています。有料のAcrobatが無くても充分です。

最新版はこちらから

FireShot Capture 68 - PDFリーダー、PDFビューア I _ - https___acrobat.adobe.com_jp_ja_products_pdf-reader.html

Acrobat Reader でテキストの入力

開くとこんな感じに。

スクリーンショット 2015-12-07 11.59.30

右隅にあるポチをクリックしてメニューを出します。その中から「入力と署名」をクリックします。

スクリーンショット 2015-12-07 14.08.18

こんな感じに。デフォルトの状態でメニューバーの「Ab」が青くなり、テキスト入力ができる状態になっています。

スクリーンショット 2015-12-07 12.52.38

試しに一番上のデルタの会員番号記入欄あたりでクリックします。するとこんな感じでテキスト入力モードになります。

スクリーンショット 2015-12-07 12.00.37

ここでは申請書にマス目があるので、それに沿って文字を入力するため、マス目モードを選択します。右端の四角をドラッグして横幅を調節し、青のマス目と申請書のマス目を合わせます。

スクリーンショット 2015-12-07 12.02.12

で、入力するとこんな感じに。ぴったりですね。

スクリーンショット 2015-12-07 12.02.35

続いて、下には性別(敬称)の選択欄がありチェックを入れるようになっています。そこで、入力モードから「V」のチェック印モード?にして、入力します。

スクリーンショット 2015-12-07 12.03.14

大きさは調節出来ます。

スクリーンショット 2015-12-07 12.03.39

後は同様にテキストで必要項目を入力していきます。

Acrobat Rederで画像の貼付け

さて入力が終わると搭乗券(半券)のコピー貼付け欄があります。

スクリーンショット 2015-12-07 12.07.05

アクロバットリーダーにはスタンプ機能があり、そのスタンプはカスタマイズが可能になっています。そこで貼り付けたい画像をスタンプとして登録してしまうことで、実質的には画像の貼付けが可能になるのです。本来の使い方とは少し異なるのですが、便利なウラワザ的使い方かなと思います。

ただ注意なのが、指定出来る画像のフォーマットがPDFのみになります。PDFの半券データを用意する必要があるのですが、オススメの方法は2つ。

アプリCamScannerで撮る

これは撮影した画像を良い具合に切り抜いてスキャンしてくれる定番アプリでして、書類のスキャンから名刺の電子化なんかにもかなり便利です。

切り抜きポイントの調整、画像のカラーモードも選択可能で使い勝手が良いです。

無料版有料版があり、無料版だと透かしが端に入ります。気になる方は120円なので、有料版でも良いかと。私は仕事でも使う場面が多いので、有料版にしています。

CamScanner Free App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
デベロッパ名: INTSIG Information Co.,Ltd
CamScanner+ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥120
デベロッパ名: INTSIG Information Co.,Ltd

で、さらに便利なのが画像フォーマットをPDFにすることもでき、メール送信やそのままDropBoxにアップも可能です。私はもっぱらPDFにしてDropBoxにアップしています。

IMG_0452 IMG_0451

さらには有料ですが、そのままFAXまで可能です。

IMG_0453

Small PDFでオンライン変換

もう一つはオンラインでJPGからPDFに変換してくれるこちらのサービスです。もちろん無料。ここのサイトは色々なフォーマットの変換が出来るので重宝します。

Small PDF http://smallpdf.com/jp/jpg-to-pdf

スクリーンショット 2015-12-07 13.57.40

オンラインチェックインでデジタル搭乗券の場合、スクリーンショットをPDFに変換する必要があるので、その場合はこちらですね。

Acrobat Readerで画像の貼付け

上記でPDFの搭乗券(半券)データが用意できたところで、Acrobat Readerに戻ります。

左上のアイコンをクリックして「入力と署名」モードから「注釈」モードに切り替えます。

スクリーンショット 2015-12-07 12.08.22

右上の「・・・」をクリックして「スタンプ」「カスタムスタンプ」「作成」へと進みます。

スクリーンショット 2015-12-07 12.11.27  スクリーンショット 2015-12-07 12.12.16

画像の選択画面になります。参照から貼り付けたい画像を選択します。もう一度注意ですが、ここで選択可能なのはPDF形式のみになります。

スクリーンショット 2015-12-07 12.12.43

こんな具合に。よければOKです。

スクリーンショット 2015-12-07 12.20.29

次の画面では分類名称を指定出来ます。分類はグループみたいなものなので、新たに作っても良いですし、デフォルトにあるグループに入れてもどちらでも良いです。ここでは仮に「test」としました。

スクリーンショット 2015-12-07 12.21.00

元のスタンプの指定画面に戻り、先の画像を登録した分類(グループ)にカーソルを持ってくると、出ました!(下記画像では4枚登録した状態)

スクリーンショット 2015-12-07 12.21.40

貼り付けたい画像を選択して大きさを適当に調節します。1枚の申請書で貼れそうなのは4枚ぐらいかなと思います。あまり小さいとFAX時に画像がつぶれる可能性があるので注意です。

スクリーンショット 2015-12-07 12.23.47

さてこれで申請書が完成しました。ちょっと長くなったので記事を分けます。次の記事で無料でPCからFAX送信する方法を紹介します。

コメント

  1. topogigio より:

    搭乗券の大きさがオリジナルと異なるのを問題視されないか気になるのですが、この方法で実際にマイル加算されたのでしょうか。

  2. 5star より:

    どうもです。
    特に問題なく加算されましたので、文字が読める程度の大きさであれば大丈夫そです。