ANAマイルで発券した特典航空券をAmadeusと運航エアラインWEBサイトで参照してみる

ANAマイルで発券した特典航空券をAmadeusと運航エアラインWEBサイトで参照してみる

スクリーンショット 2015-08-17 16.33.10

ANAは4月から特典航空券のルール変更とともに、予約システムを自社のものからアマデウスに移行しました。

ANAプレスリリース(2011/5/30)

未だに不具合が解決されていない部分もあり評判がそれほど芳しくないようですが、こちらの記事で予約した特典航空券をAmadeusで確認することが出来るか見てみました。

スポンサーリンク

Amadeusとは?

ざっくりいうと、航空券・ホテル・レンタカーなどをはじめとした予約システムを提供している会社で、ANAが採用したのは「アルテア(Altea)」というシステムです。。

このアルテアは、今や世界126社の航空会社が自社の予約システムとして採用しているプラットフォームとなっています。

スクリーンショット 2015-08-17 14.53.16

こちらのリストには入っていませんが、JALも2017年までを目安にアマデウスを導入予定のようです。

JALプレスリリース

アマデウス

アマデウスは、グローバル・ディストリビューション・システム(GDS)および IT を提供する大手グローバル企業とし て航空会社・旅行会社に対して航空券・ホテル・レンタカーの販売・予約を可能とするシステムを提供している。

カバーするのは旅行会社の営業拠点 7 万ヶ所、航空会社の営業所1万ヶ所。世界の 217 の国と地域において 34 万 7 千台のアマデウス・システムが利用されている。旅行会社はアマデウス・システムを介して航空会社 503 社、ホテル 54,100 軒、レンタカー会社 42 社の予約が可能。

航空業界向けの IT ソリューション・プロバイダ として、最先端の顧客管理システム(Customer Management System)を提供している。これは、 Altea Sell (予約流通)、Altea Plan(在庫管理)、Altea Fly(デパーチャー管理)の三つのシステムで 構成される。

予約番号で確認をしてみる

このアマデウスは、予約番号があれば旅行者自身もwebで予約内容を参照出来るようになっています。

アマデウスを採用しているエアラインの自社サイトで予約をした場合、E-チケットの控えがアマデウスから直接メールで来ることもあります。例えばタイ国際航空など。

あとは、Expediaで航空券を予約した際、そのままだとExpediaの確認メールだけなのですが、その後コールセンターで変更すると(手数料1,400円がかかりますが)、アマデウスから吐き出されたE-チケットが送られてきます。

で、今回ANAで発券した特典航空券の予約番号をもとに、予約内容が参照可能なのか見てみます。予約番号は6桁(アルファベット+数字)になります。

予約完了後にANAから送付されるメールにも記載がありますが、Eチケット控えにも記載があります。

スクリーンショット 2015-08-17 15.15.54

こちらの「Check My trip」というサイトが予約者向けのサイトになります。

右上にある「NEW TRIP」の「Booking reference」に予約番号6桁、「Last Name」を入力して、右の矢印をクリックします。

スクリーンショット 2015-08-17 15.24.03

そうすると、予約内容が参照出来るようになっています。毎回予約番号を入れなくてもよいように、左の「NEW USER?」から登録をしておくと、今後の旅程を一括管理出来るので、結構便利になりそうです。

スクリーンショット 2015-08-17 15.34.03

目的地の情報も参照できるようになっており、この旅券の目的地であるコペンハーゲンの情報も「ABOUT COPENHAGEN」から見れます。

スクリーンショット 2015-08-17 15.35.09

Airport Guideや、

スクリーンショット 2015-08-17 15.36.10

地下鉄MAPなんてものも。

スクリーンショット 2015-08-17 15.36.53

機材などの一般的な情報も見れます。

スクリーンショット 2015-08-17 15.37.30

運航エアラインのWEBサイトで参照できるのか

さて、ここで気になったのが、上の画像で予約番号「Confirmation Number」で、スカンジナビア航空でも同じ予約番号が割り当てられていることです。復路のLOTポーランド航空も同様でした。

2014年9月に特典航空券で飛んだ際は、ANA側の予約番号と運航エアラインでそれぞれ別の予約番号になっていますので、座席指定をしようとするとエアラインごとに予約番号を確認して問い合わせを行う必要がありました。

スカンジナビア航空の場合

WEBサイトから予約番号と名字で参照することが出来ました。ただ参照のみで変更等は不可のようです。

スクリーンショット 2015-08-17 16.08.22

LOTポーランド航空の場合

同様に参照することが出来ました。

スクリーンショット 2015-08-17 16.10.10

しかもこちらは、メールを登録したら変更も出来るとなっています。今回はメールアドレスの登録と携帯番号の変更に止めておきましたが、フライトの変更も出来るのでしょうか。

スクリーンショット 2015-08-17 16.12.10

まとめ

そんなわけで、確かにANAでの予約内容をアマデウスで確認することが出来るようになっていました。今回はANA便ではなく、スタアラの特典航空券だったのですがそれも確認することが出来ました。

更には予約番号が運航エアラインでも同一のものとなっているため、同じ予約番号で運航エアラインのWEBサイトでも予約内容が参照出来るようになっていました。

これは、ANAが予約システムをアマデウスに移行したメリットと言えるかも知れません。私と同様、ANAで特典航空券を発券した方は一度お試しするとよいかも知れません。