ルフトハンザの日本ー欧州エコノミー40,000マイル&ビジネス70,000マイルのキャンペーンはお得か考える

ルフトハンザの日本ー欧州エコノミー40,000マイル&ビジネス70,000マイルのキャンペーンはお得か考える

ルフトハンザ航空(マイルズ&モア)が大きめのマイル割引キャンペーンを二つやってますので、お得か考えてみます。

スポンサーリンク

日本ー欧州路線 エコノミーが50%OFFの往復40,000マイル

予約期間: February 1 – February 28, 2015
旅行期間: June 1 – June 30, 2015

通常80,000マイル必要なところ50%OFFですので破格です。6月のみというのがミソですね。

ポイントは実質、対象者が現時点でルフトハンザでマイル残がある方に限られてしまうことです。ルフトハンザ航空のマイレージプログラムであるマイルズ&モアは、マイル購入(バイマイル)が廃止され、尚且つ、現時点でアメックスやダイナースなどのクレジットカードのポイントプログラムからマイルを移行することが出来ません。

こちらの「Miles & More MUFGカード」の入会キャンペーンで初年度年会費無料+5,000マイルはゲット出来るとしても、月内には間に合いません。あとはスターアライアンス系を中心とする提携先アライアンスに乗りまくり、マイルを「マイルズ&モア」に付けるとしても、同じく月内には間に合いません。

LHA2

対象路線は、こんな感じでフランクフルト、ミュンヘン路線を使用するのであれば、乗継ぎ便も含めて、アムステルダム、バルセロナ、アテネetc、見た限り全て大丈夫そうです。

LH

ルフトハンザ(LHA)の場合は、特典航空券でもサーチャージがかかってしまいますが、今なら就航したばかりのB747-8があります。サーチャージ表

欧州往復  :40,000マイル
サーチャージ:27,000円(往復、2015.2.1時点)
機材    :B747-8(羽田ーフランクフルト)、A340(成田-フランクフルト)

比較対象をあげるとすれば、ANAマイルを使ってスカンジナビア航空(SAS)での発券という方法があります。コペンハーゲン経由で欧州に乗り継ぐことになりますが、なんと言ってもサーチャージ無しです。

欧州往復  :60,000マイル
サーチャージ:なし
機材    :A340(成田-コペンハーゲン)

747-8が目的であれば、ルフトハンザ発券もありかと思います。あとはマイル残を考慮して検討ですね。

成田ーオーストリア往復 ビジネスクラスが約50%OFFの70,000マイル

予約期間: January 9 – March 31, 2015
旅行期間: January 9 – March 31, 2015

ビジネスクラス往復通常135,000マイルのことろ、48%offの70,000マイルです。先に紹介したキャンペーンと違い、こちらは予約期間と旅行期間が同一かつ、3月末までです。

対象路線はオーストリア航空の成田ーウィーン線、加えてオーストリア国内への乗継便までとなっています。

lha4

欧州往復  :70,000マイル(ビジネスクラス)
サーチャージ:27,000円(往復、2015.2.1時点)
機材    :B777-200(成田ーウィーン)

サーチャージが掛かるとはいえ、ビジネスで70,000はアリかと思います。

参考までに比較対象をあげるとすれば下記になるでしょうか。

ANAマイル(スカンジナビア航空のみで欧州乗継)
欧州往復  :90,000マイル(ビジネスクラス)
サーチャージ:なし

JALマイル(アメリカン航空のみで欧州乗継)
欧州往復  :105,000マイル(ビジネスクラス)
サーチャージ:なし

マイル残がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

LHA4