nanacoチャージはMileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージの一択!

nanacoチャージはMileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージの一択!

2015/11/13追記:
11月2日よりnanacoチャージを始め、電子マネーが全て対象外となってしまいました。

既報で伝えた通り、2015年6月以降に漢方スタイルカードでのnanacoチャージのポイント付与のレートが大幅に減少します。そこで、6月以降のnanacoチャージ用クレジットカード候補を検討してみたいと思います。が、結論を先に言います。

MileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージ の一択です。

ただし、いくつか条件がありますので以下検証結果です。

現時点でnanacoチャージでもポイントが付き、尚且ついずれかのアライアンスのマイルへ移行可能なカードをANA、JAL、ユナイテッド航空で分けて見てみます。(漏れがあったらゴメンナサイ)

スポンサーリンク

nanacoチャージでANAマイルが貯まるカード

カード名称 年会費 nanacoチャージ 備考
ポイント付与率 マイル還元率
漢方スタイルクラブカード 1,500円 2,000円=1ポイント 0.15% 500ポイント
→1,500マイル
楽天カード(JCB) 無料 100円=1ポイント 0.50% 2ポイント
→1マイル
ライフカード 無料 1,000円=1ポイント 0.30% 300ポイント
→900マイル
ファミマTカード 無料 200円=1ポイント 0.25% 500ポイント
→250マイル
TSUTAYA Tカードプラス 500円 200円=1ポイント 0.25% 500ポイント
→250マイル

まず、漢方スタイルカードで今までポイントを貯めていた方は、もちろんANAマイルを貯めていたかと思います。しかし漢方スタイルカードを除くと、還元率が良いカードがあまり無いのというのが現状です。

どうしてもという場合は「楽天カード“"」(JCBのみ)の還元率0.5%が選択肢となります。昨年12月まではライフカードの誕生日月2.5%というワザがありましたが、こちらも今は使えません。



“”

nanacoチャージでJALマイルが貯まるカード

カード名称 年会費 nanacoチャージ 備考
ポイント付与率 マイル還元率
JMBローソンPontaカードVisa 無料 100円=1ポイント 0.50% 2ポイント→1マイル
マツダm’z PLUSカードセゾン 無料 1,000円=10ポイント 0.25% 4ポイント→1マイル
りそなカード(セゾン) 無料 1,000円=1ポイント 0.20% 36ポイント→2マイル
リクルートカードプラス 2,000円 100円=2ポイント 1.00% リクルート1ポイント
→Ponta1ポイント
→0.5マイル
リクルートカード 無料 100円=1.2ポイント 0.60%

ANAへのマイル積算はあきらめて、これを期にJALマイルで貯めることにするという方。リクルートカードプラスJMBローソンPontaカードVisaとの2枚持ち。これが選択肢となります。
*4/19追記 JMBローソンPontaカードVisaを所持しなくとも会員登録だけでポイント交換が可能となりました。

リクルートカードプラスは100円=2ポイントという高率の割合でリクルートポイントが貯まります。そのままですと、リクルート内でしか還元出来ないのですが、このリクルートポイントはPontaポイントへ1ポイント=1ポイントという等価比率で即時に交換が可能です。

そしてJMBローソンPontaカードVisaの会員であれば、PontaポイントからJALマイルへの交換サービス(Pontaポイント2ポイント→JALマイル1マイル)が利用できます。

リクルートポイント → Pontaポイント → JALマイル

という流れになりますね。ですので、最終的にはマイル還元率は1.0%となります。

どうしてもリクルートカードプラスの年会費2000円を払いたくないという方は、年会費永年無料のリクルートカードが選択肢となります。その場合はポイント還元率が0.6%となります。

nanacoチャージでユナイテッド航空マイレージプラスが貯まるカード

カード名称 年会費 nanacoチャージ 備考
ポイント付与率 マイル還元率
MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージ Visa 12,000円 100円=2マイル 2.0%  

さて、どうでしょう。最後の「MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージ Visa」の2.0%が突出していることが分かるかと思います。

ANAでマイルを貯めていた方は同じくスターアライアンス系であるユナイテッド航空のマイレージプラスで貯めている方も多いのではないでしょうか。今まで貯めていなかった方もこれを期に貯めて損は無いと思います。

必要マイル数は多少異なりますが、マイレージプラスでもANAの発券も可能ですし、ユナイテッド航空ならではのお得路線もいくつかあります。そして特典航空券にはサーチャージ無しというのがウレシイところ。

ただし条件があります。まずこのカードは「ゴールド」になるので、全員が全員入れるというわけではありません。そして年会費12,000円がかかります。そのままでは15,000円なのですが「楽ペイ」という支払いオプションを選択することにより3,000円割引になります。

まとめ

年会費がかかってもよい方
→ ①MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージ Visa

・JALマイル積算に変える方
→ ②リクルートカードJMBローソンPontaカードVisaとの2枚持ち

・どうしてもANAマイルをそのまま貯めたい方
→ ③楽天カード“"(JCB)

6月の期限を迎える前に早めにカードを用意しておきたいところです。

そもそもまだnanacoを持っていない方、今ならnanacoカードと一体となったセブンカードプラスの発行で最大2,000nanacoポイント(ANA1,000マイル)が貰えるキャンペーン中です。

ANA国内線特典航空券の片道マイル数が下がるも、長距離区間はユナイテッド航空がまだお得!?
ANAが国内線特典航空券の片道必要マイル数を下げることを発表しましたが、長距離区間や使い方によってはユナイテッド航空のマイルを使った発券の方...
【悲報】漢方スタイルクラブカード、nanacoチャージのポイント付与を改悪へ
漢方スタイルクラブカードと言えば、電子マネーnanacoへのチャージでもポイントが貯まるクレジットカードとして人気があるクレジットカ...

http://5star-traveler.com/2015/03/14/post-810/