プライオリティパスが付帯する楽天プレミアムカードは入会キャンペーンを狙うべし

プライオリティパスが付帯する楽天プレミアムカードは入会キャンペーンを狙うべし

FireShot Capture 181 - 楽天カードマン - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

このサイトで「楽天プレミアムカード」をとにかくオススメしている理由、

それはズバリ、

世界中の空港ラウンジに入ることが出来る「プライオリティ・パス」無料で付いてくるクレジットカードの中で、年会費が一番安いクレジットカードだからです。

頻繁に実施される入会キャンペーンを狙うのがオススメです!

公式サイトでチェック

楽天カードは頻繁に入会キャンペーンを実施しているのですが、入会+利用で10,000ポイントがプレゼントされるので、なんと実質ほぼ、初年度年会費無料!

確かに他にもプライオリティパスが付帯するクレジットカードは沢山あります。

しかし、

そのほとんどがインビテーションが必要なプラチナクラスのカード、あるいはインビテーションが不要なカードの場合でも年会費が3万近くするような高額なカードばかり・・。

参考 家族カードでもプライオリティパスが発行出来るカードとは?プラチナカード一挙比較!

そんな中にあって、この「楽天プレミアムカード」は、年会費わずか10,800円!

Priority Passがもれなく付いてくるクレジットカードとしては、世界でも類を見ない年会費の安さとなっています。海外でもここまでお得なカードがなかなか無いです!

まさに三木谷さん、大出血サービスカードなわけです。

スポンサーリンク

楽天プレミアムカードがマジでお得な理由

プライオリティ・パスが無料で付いてくる

こんなカードなのですが、そもそもプライオリティ・パスとは何のか???

PP_Select_Card-c5159610-53fe-4ae3-a44a-a23b1fc2c46a

実はこれを持っていると、海外旅行がかなりよい感じになります。

参照 https://www.prioritypass.com

プライオリティ・パスは、世界最大の独立系空港ラウンジ・プログラムです。

全世界120か国、400都市、850か所以上の空港でVIPラウンジをご利用いただけます。

そうなのです。

世界中の空港のラウンジが使えるのです!海外旅行に行く方にはもってこいなのです!

全てのラウンジが使えるという訳ではないのですが、かな〜り広く世界中の空港をカバーしています。

例えば成田空港だと、第2ターミナルの大韓航空KALラウンジ

IMG_7616

 海外だと台湾桃園空港や、

IMG_4399

 台北松山空港

IMG_4018

 バンコクのスワンナプーム空港、

IMG_3875

 ドバイ空港、

dubai 1182

などなど、もう数えたらキリがありません。なんせ世界850以上ですから・・!

こんな具合に、PriorityPassがあればこれらのラウンジが、全て無料で利用することが出来ます!

プライオリティパス実際の申し込み

では、実際の申し込みはどんな具合なのか調べてみますと、

※楽天プレミアムカード到着後、別途ご登録が必要となります。

登録をご希望のお客様は楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」よりお申込みください。

※お申し込み後、2週間程度で簡易書留にてお届けいたします。

どうやら楽天カードと同時に自動で届くという訳ではないようです。

なので、楽天プレミアムカー申し込みからプライオリティ・パスを手に入れるまでに、トータルで3週間ほどかかる恐れがあるので、

次の海外旅行で使うために申し込むんだという方は、時間に余裕をみて早めに申し込んだ方が良さげです。

あとブランドがVISA、JCB、Masterと選べます。万が一海外でJCBが使えない場合を考えるとVISA、Masterが無難でしょう。

楽天グループの使用でポイントが5倍!

楽天市場を始めとする「楽天グループ」での利用で、なんと

ポイント5倍!

image_point_1_3_160304

つまりは100円の買い物で5ポイント=5%還元という脅威の還元率なわけです!

楽天ポイントをANAマイルに移してもお得!

また楽天ポイントはANAマイルに交換することも出来るのですが、

  • 楽天2ポイントANA1ポイント

つまりマイル還元率は2.5%!これは通常のANAカードよりかなりお得になってしまっています。

国内空港のラウンジも、もちろん使えます

海外の空港ラウンジは先のプライオリティパスの出番なのですが、国内空港には「カードラウンジ」なるものがあります。

そこはこの楽天プレミアムカードで利用することができるのです!

28空港が対象で主だったところはほぼカバーしています。

<国内>
新千歳空港
新潟空港
中部国際空港
米子空港
高松空港
大分空港
函館空港
羽田空港※
伊丹空港
広島空港
北九州空港
鹿児島空港
青森空港
成田国際空港
神戸空港
山口宇部空港
福岡空港
那覇空港
秋田空港
富山空港
関西国際空港
松山空港
長崎空港
仙台空港
小松空港
岡山空港
徳島空港
熊本空港
※羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジは対象外
<海外>
ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川空港

国内・海外旅行傷害保険が自動付帯で最高5,000万円

国内旅行障害保険(PDF)
海外旅行障害保険(PDF)

共に自動付帯というのが嬉しいポイントです!

動産総合保険

このカードで買ったものが偶発的な事故で壊れたりした場合に保証しますよ、というものですね。90日以内、1万円以上が対象で免責3,000円です。

いつかはこういうクレジットカードの保険が役に立つかなと思っていたのですが、先日別のカードで買ったiPhoneを落として液晶がコッパ微塵に割れてしまいました・・・(涙

かなりの意気消沈だったのですが、カードの保険で修理代が丸々カバー出来ました。

やはり保険があると安心なのです!

なぜ年会費1万円が可能なのか

この楽天プレミアムカードに付帯してくる「プライオリティパス プレステージ会員」は本来年会費399USドルもするものです。

それが年会費1万円の楽天プレミアムカード無料で付いてくる。

どう考えても不思議・・。

これは楽天がプライオリティパスに年会費を肩代わりしているんでしょうか?

だとするとカード会員1人につき楽天は3〜4万円の損をしているのでしょうか?

実際のところは契約条件が表に出ないことには分かりませんが、楽天が丸々肩代わりしているということではなく、何かしら上手に契約条件をまとめたものと思います。

実際、楽天プレミアムカード保持者でプライオリティカードの発行を申し込み、さらにラウンジを利用する方が少ないということかも知れません。

あるいはいたとしても年間の利用回数が少なく、会員数全体で割ると、ラウンジ利用者のパーセンテージは非常に少ないのかも知れません。

まとめ

実はつい先日まで、楽天市場でもポイント還元率が2%でしたので、プライオリティパス以外は、そんなにお得とも言えないかな・・と正直思っていました。

ところが今や、

今や楽天グループでの利用で、ポイント還元率が脅威の5%

更にはキャンペーン時には7%になる時もあるのです。

年会費10,800円でPriority Passが無料で発行できるというだけで、十分価値がありますが、ポイント還元率から言っても、かなりお得なカードとなりました!

ただ家族カード(年会費5,400円)ではPriority Passの申込みが出来ないので、そこだけ注意です。

どうせ入るなら頻繁に実施されるキャンペーンを狙うのがオススメです!

公式サイトでチェック