ロサンゼルスガンクラブで銃を初体験。ちょっとヤバめな街でした。

ロサンゼルスガンクラブで銃を初体験。ちょっとヤバめな街でした。

IMG_7178

さて、ロサンゼルス最後に回るスポットは射撃場「THE LOS ANGELES GUN CLUB」です。

LAにせっかく来ましたので、拳銃の試し撃ちなぞを体験してみようということにしまして。

観光地向けスポットではなく、少々ヤバい地域にあるとのことでしたが、確かにあんまり治安がよろしくない雰囲気の街ではありました。地元の方からするとそうでもないのかも知れませんが。

▼2014アメリカ・カナダ旅 記事一覧▼

スポンサーリンク

THE LOS ANGELES GUN CLUB

THE LOS ANGELES GUN CLUB

  • OPEN :7 DAYS A WEEK (Monday-Thursday 3:00pm-11:00pm,  Friday-Sunday:  11:00am-11:00pm)
  • 1375 East 6th St Los Angeles, CA 90021

カリフォルニア科学センターからは車で20分弱でした。

駐車場は入り口が分かりづらいのですが、オフィシャルの地図の通り、赤線を辿れば大丈夫です。

94bbdc_20ef3e2115c04e069c5c3a02f3c41c83.png_srz_p_549_506_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz

夜になると信号待ちで止まるのも危険との情報がありましのたで、暗くなる前にギリ夕方前の日がある内に訪れました。

実際、暗くなり始めた夕方の帰り道では車いすの物乞いの方が堂々と道路の中央に多数いたり、街角にたむろしている人もヤバさ満開でした。鶴亀鶴亀。

お店のルール

保安上、銃のライセンスがない限り2人以上で訪れないと撃たせてもらえません。危険な2人組だったらどうするんだと思うのですが。。。

また、拳銃は他の観光地のようにワイヤーでぶら下がっているというわけでなく、説明を聞いた後は、自分で拳銃を持って行き、自分で弾を充填することになります。

それなりに危険なので、勇気と覚悟を持って行った方が良いでしょう。

撃つまでの流れ

まずお店に着いたら、受付用紙があるのでそちらに書いて呼ばれるまで座って待ちます。以前は日本語が話せるスタッフがいたとの情報がありますが、現在はいないようです。

IMG_7179

しばらくすると呼ばれますので、見るからにイカツイ店員さんの話を聞きながら、プランと拳銃、弾数を選ぶことになります。銃は大きいのは避けて、小さく簡単安全な物をリクエストしました。

IMG_7181

料金は夫婦二人でこんな感じです。

  • 銃弾50発  $16.98
  • ターゲット  $1.48
  • 拳銃レンタル $5.00
  • レンジ使用料 $24.00 (一人目$16.0+二人目$8.0)

合計$47.46に、税金入れて$49.57でした。恐らくこれがミニマム料金になると思います。二人で50発撃てて50ドルですので、安いと言っていいでしょう。グアムなんかよりは本格的で安いのではないでしょうか。支払いはVISA、MASTER、JCBのクレジットカードが使えます。

IMG_0383IMG_7183

ターゲットの紙はどのタイプにするか選べます。私たちは一番オーソドックスなよく見る白バックに黒の人影のタイプのものにしました。

IMG_7203IMG_7206

カウンターでは会計を済ませると、操作説明を行ってくれます。

全くの初めてであることを告げ、やってはいけないこと、持ち方、弾の詰め方等、一から説明してもらえます。

充填状態で銃を持つのにはかなり緊張して、手のひらにも汗をかきます。万が一暴発でもしたらどうなってしまうのかと、嫌でも想像してしまいます・・。

二人して何度か一通り操作を練習した後、銃+弾+防音ヘッドセット+ターゲット用紙が入ったカゴを渡され、再度椅子に座って呼ばれるまで待ちます。

オフィシャルのYoutubeチャンネルがありました。ちょうどこの方に私たちも説明を受けました。

レンジ(打つ場所)が空くと呼ばれます。

いよいよ二重扉になっている向こう側へ行くのですが、実際に射撃している場所は凄まじい射撃音で、ヘッドセットをしていたのにも関わらず、思わずビックリして体を屈めてしまいました。

すると見かねた店員さんが、耳栓を買った方が良いと言ってくれて、一旦戻り1ドルほどで耳栓を買いました。でもってようやくスタンバイOK。

ターゲットをぶら下げるワイヤーをボタンで引き寄せセットしてから、好みの距離にボタンで操作します。

弾の充填も練習通り。いよいよ初めの一発。引き金を引くまでド緊張です・・。

ドンッ!!

凄まじい衝撃です!!

耳栓とヘッドセットをしても心臓まで響く衝撃と爆音では、街中で銃撃戦の場合なんてそんなものしてられませんので、とてもじゃないですが一発で鼓膜が破れると思うのですが、どうなんでしょうか。

そもそもこんなもの、簡単に片手で打てるはずがない!というか、相当練習しないと心臓に命中させるのは至難の技ですね。ゴルゴ13の凄さがようやくわかりました。(拳銃が違いすぎますが)

IMG_7190

まとめ

少し混んでいましたが、滞在時感は1時間10分ほどでした。

現地のオプショナルツアーもあるかも知れませんが、せっかくなので自分たちで行く方がスリル込みで面白いかも知れません。料金も安く済みます。また使用後のターゲットは持ち帰ることが可能です。私たちは持って帰って来ました。

ただし夜に行くのは避け、使用方法をよく聞いて理解した上で拳銃を使用するようにしましょう。

あと注意点として、お店にも注意書きが日本語で掲示されていますが、空薬莢を記念にと持って帰ると空港でどうなるか分かりませんので、避けた方が良いでしょう。

IMG_7208

お次はレンタカーを返却して、空港へ向かいます。
ロサンゼルス格安航空券 総額56,770円〜

ロサンゼルスのホテル予約はこちらから!